July 23, 2018

尋常でない《熱さ》

孫はジージーと呼んでくれる。
表題はジッジッジッジッである。
前者は長音符、後者は促音が付くことで発音上『ジ』の長さに違いが出るものの、どちらも『ジ』の発音は同じである。
2018-07-19_062206
昨日(7/22)朝、ジッジッジッジッ、家内と食事をしている時に聞こえてきたのだ。
「おおっ、今夏初めてやなあ。鳴き声を聞くのは。」
先日の空蝉のことを思い浮かべながら家内に話しかけたのだ。
青色-1
ジッジッジッジッ、ジッジッジッジッ、
ジジジジジジジジ、ジジジジジジジ、
s-2018-07-23_172809姿は見えないがクマゼミが鳴き始めたのだ。
緑色-1jpg
1匹2匹なら「これも夏の風情」と楽しめるのだが、奴らが集団で鳴き始めると風情などとは言っておれぬほどの騒音になってしまうのだ。
桃色-1

夏は暑いと決まっている。
だから少々暑かろうと汗をかこうとも夏であることに納得し得心もしているのだ。
s-2018-07-23_174126
今日は二十四節気の大暑である。
s-2018-07-22_133051字の通り最も暑い時節であることを表しているが、このところの暑さは別格である。
本日7月23日午後3時20分、埼玉県熊谷において国内観測史上最高となる『41.1℃』を記録したと気象庁が発表したのだ。

論語に言う。『過猶不及』。
夏の暑いのも、セミの声も『ほどほど』が良いのである。
星ライン柿色-1




masatukamoto at 16:30|PermalinkComments(0)

July 19, 2018

天然の打ち水

『天然』という言葉も『打ち水』という言葉も、どちらも爽やかで涼しげな感覚をイメージさせる言葉のように私には聞こえるのだ。
人がイメージ(表象化)するには五感による認知力や認知した事柄についての様々な既習知識や既得経験などが必要となる。
2018-07-02_100702
私の場合『天然』は自然とほぼ同義であり山と渓谷、苔や樹木の緑色、海洋の藍や青色、色とりどりの魚や珊瑚、黒色に近い夜空と煌めく無数の星、山の端に昇る朝日と深い青から徐々に白みが増す大空なs-2018-07-15_103015ど様々なことが連想される。

暑い夏、朝夕に庭先や門前の掃き掃除を終えて行う『打ち水』は気持ちの上でも見た目にも清々しい気分になるものだ。
理科的には気化熱で説明できる。つまり撒いた水が気体となって蒸散するためにはエネルギーを必要とする。そのため周囲の熱を取り去ることになるのだが、これが結果的に気温を下げることになり、清々しく涼しい気分にもさせてくれるのである。
星ライン混合-1
しかし昨日の『天然の打ち水』は爽やかさや清々しさとは無縁のものであった。
午後4時前頃、ゴロゴロゴロ、ゴロゴロゴロと遠雷が低い音を響かせていたのだった。
それが、一天にわかに掻き曇り、ピカッ、稲光と共に間髪おかずに窓ガラス震わす雷鳴が轟いた。
その後もピカッ、ゴロゴロゴロ。ピカッ、ドドンと落雷箇所が離れたり近付いたりと嫌いな雷が居座り続けたのだ。
突然周りが真っ白に、同時にドシン・バシッ・バチッ。
s-2018-07-19_200827
至近への落雷と同時の停電。
電気器具はブチッと音を立てて停止してしまった。
時間としては4時20分頃だったが黒く厚い雷雲が垂れこめていたので我が留守番部屋は暗いサウナ風呂に変容、稲光と雷鳴と横殴りの雨のみが乱舞する舞台に変わってしまった。
時間としては3~40分くらいであったと思うが、その間の雨の降り様は自動洗車機の中にいるような具合だった。
光る度に耳を押さえ目をつぶる。
2018-07-02_095836

天然のメチャクチャに多い打ち水だったが、日中の38℃の気温も急降下。
ほど良き天然の打ち水なら大歓迎なのだが・・・
星ライン黄-1




masatukamoto at 17:00|PermalinkComments(0)

July 18, 2018

ほんまに暑うおます

太陽が顔を出す時分には少しばかり雲がかかっていたものの日中はほぼカンカン照りの状態が昨日のこと。
今朝の日の出時も昨日同様雲がかかっていたのだが、昨朝以上に雲が多かったので太陽の輪郭はハッキリせず膨らんだように写っている。
2018-07-18_092000
今日は四兄が入院。確か手術予定が明日だったように・・・。
s-2018-07-11_101052
日航機が御巣鷹山に墜落した33年前の夏、私は人生で初めての手術を受けたのだった。s-2018-07-15_063939
大腸の切除という私にとっては大変な手術で、腹部を縦に30cmほど切開して大腸を切除した後に腸と腸を縫合、その後に腹部の切開部を縫合するというものだった。
当時は内視鏡を用いての検査や手術が広く行われていたのかどうか、仮に内視鏡が使われていたとしても私の手術に内視鏡の使用が可能で最良の方法であったのかどうか今もって私には分からない。
桃色-1
患部と病因を特定するための検査段階では看護婦(当時)が注腸と称することをやりおった。
s-2018-07-16_194408前日より強力な下剤を服用させられ、検査当日には肛門からバリウムを注入されたのだが結構苦しかったことを記憶している。
手術前日から絶食の上に強力な下剤服用は同じだったが麻酔状態から目覚めるまでの記憶は無い。術後、消化器系の手術だったので長く食べることが出来なかったことも辛かったこととして覚えている。
緑色-1jpg
現在は内視鏡による検査だけでなく病巣の位置と状況により内視鏡での手術も行っていると聞く。
酷暑の時期だが病院内の空調は完璧のはず。
手術の成功と、兄には静養専一にと念じたい。
s-2018-07-11_141842




masatukamoto at 13:24|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ