October 16, 2017

今秋、興味惹かれる展覧会《2》

正しくは興味惹かれ《た》展覧会と書くべきものもあった。
家内に見てきてもらおうと思っていたのが国立国際美術館でのブリューゲル『バベルの塔』展(ボイマンス美術館所s-2017-09-30_220835蔵)もそうだ。 
会期が昨15日(日曜)までだったので残念ながらカタログのみの鑑賞となってしまった。
美術館の直ぐ近くまで出かける予定があるので、月末まで開催されていたならと残念に思っているのだ。
※ 写真は、そのカタログ。
s-2017-10-15_125659
今回の展覧会の主題に『バベルの塔』が挙げられていたが、開催予告を耳にした時、私は家内と共にウィーン美術史美術館で鑑賞した絵を思い浮かべたのだった。
ところが続いてボイマンス美術館所蔵と聞き、正直「エエッ?」と驚き不思議に思ったのだった。
美術史に詳しいとかブリューゲルが好きだとか言う人は別にして、ブリューゲルが描いた『バベルの塔』が2枚あることを知っている人は少ないのではないかと私は思うのだ。
s-2017-10-02_150557
上は左がボイマンス美術館所蔵、右は現地で撮ったウィーン美術史美術館所蔵の『バベルの塔』。
ボイマンス美術館所蔵の写真はカタログに入っていた畳半畳分より少し小さい原寸大(59.9×74.6cm)ポスターを摂ったもの。2枚を同程度の大きさにして並べているがウィーン美術史美術館の絵のサイズは114×155cmと大きいものであった。
s-2017-10-15_125822
ウィーン美術史美術館は今思い出しても立派な施設で『凄ーい』と感心するばかりだ。何と言ってもオーストリア・ハs-2017-10-02_144601ンガリー帝国のフランツ・ヨーゼフ1世(ハプスブルク家)の指示によって出来た施設なのだから収集品は質量ともに世界一級であることは間違いない。
そればかりではない。館内で小学生に美術鑑賞の授業、大学生らしい人たちが自由にs-2017-10-02_145436模写していたし写真撮影も可能と、将に学びの為に世界の一級品を公開していたのだ。
美術館で撮影してきた写真を見直してみるとブリューゲルの作品では『農民の婚宴』や『雪中の狩人』などがあり思い出すことも多い。
s-2017-10-16_134238
ブリューゲル『バベルの塔』展の開催をを知った時、私が頭に描いた『バベルの塔』はウィーン美術史美術館で見た絵だと書き、ボイマンス美術館所蔵と聞いて驚き不思議に感じたとも書いた。が、美術品は展覧会の為に一時的にs-2017-10-16_064124他の美術館で展示されることもあるので、それなりに納得していたのだ。
ところが展覧会の評に【ブリューゲルの『バベルの塔』が24年ぶりに来日】と書いてあるのを発見したのだ。
【ボイマンス美術館・24年ぶり】。
s-2017-10-12_140812この言葉の結び付きから24年前に開催されたボイマンス美術館展(大丸ミュージアム、大阪梅田・大丸デパート)に行ったことを思い出し、書斎からカタログを取り出してきたのだ。
前にも書いたが写真印刷の質的向上には素晴らしい進歩があり、スケールを気にしなければ色彩的には実物と変わらないと私は感じている。
40年ほど以前の美術館の目録本など印刷に於いて現代のカタログと比べれば将に月とスッポンのようなものである。
s-2017-10-12_135803美術書と言っても、作家の絵画の全てを収録しているわけではないし、展覧会で鑑賞しても主題、構図、色彩など
何もかも記憶出来るわけではない。
どれだけ気に入った作品でも月日の経過と共に人間の脳というものは忘れていくものである。
だから私は記憶を呼び起こすための補助として写真を撮ったりカタログを購入したりしている。
s-2017-10-12_141151上に掲げた写真4枚は24年前に開催されたボイマンス美術館展カタログの表紙とルーベンス、レンブラント、ライスダールの絵だ。
『光の画家』と呼ばれるレンブラントだけでなく、ライスダールも白と黒の対比により絵を力強いものにしている。白と黒、光と影、明と暗といったことを観点に見ればオモシロイと私はカタログを見ながら記憶を思い起こしていたのだ。
前回に北斎展を楽しみにしていると書いたが、葛飾北斎の娘・応為(お栄)は『江戸のレンブラント』と評されているs-2017-10-16_221404ように『吉原格子先之図』(太田記念美術館所蔵)で白と黒、光と影、明と暗をとても上手に取り入れ表現していると私も思っている。
北斎と娘・応為に何か通ずるものが有るや無しや、そんなことも気になるところだ。
s-2017-10-16_230120




masatukamoto at 23:01|PermalinkComments(0)

October 15, 2017

今秋、興味惹かれる展覧会《1》

興味惹かれる展覧会のひとつが『あべのハルカス美術館』で開催されている『北斎-富士を超えて-』(大英博物館 国際共同プロジェクト)である。
あべのハルカスは近鉄阿倍野百貨店のあった場所に2014年3月に竣工なった高層ビルで、その16階に美術館s-2017092907110000はある(らしい)。
(らしい)と書いたのは私自身未だ訪れたことがないからである。
建築途中のハルカスは天王寺美術館を訪れる際に何度も眺めていたのでビル高など凡その建物外観は知っている。
しかし2012年師走に病を得て以来自由に外歩きすることが出来なくなり、2014年3 月22日からの開館記念『東大寺』展も観覧出来ずに残念な思いをしたものだった。
この秋は葛飾北斎をテーマにした展覧会で、開催期間が11月19日まであるため、未だ行けるかもと望みを捨ててはいないのだが・・・。
s-2017-10-01_092419
北斎と言えばゴッホらに浮世絵の技法などで影響を与えた江戸・文化文政期の絵師の1人として教科書記載程度にしか知らない。
北斎の作品に『冨嶽三十六景』という版画集があることは知っているが、見たことがあるというのは『神奈川沖浪裏』『凱風快晴』『尾州不二見原』の3図のみだ。
下はフレーム切手セットに使用された二つの図。
s-2017-10-14_153908
『冨嶽三十六景』は版画集だから相当枚数が刷られたことと思う。
しかし、それらの版画や原版である木版など、今は何処で所蔵されているのか知らない分からないことばかり。ともかく北斎に限らず知らないことは未だ未だ沢山あるのだ。
下はMOA美術館のホームページで見つけた『凱風快晴』と『尾州不二見原』。
s-2017-10-14_174002
ちなみにMOA美術館では夏休みコレクション展として『冨嶽三十六景』(全46図)の所蔵画を公開したそうだ。
美術館のホームページを見ると、フラッシュを焚かなければ写真撮影も可能なのだと。
どうして日本の美術館は頑なまでに写真撮影を禁じているのか不思議を通り越してムカッとするほどの気持ちを抱いてきたのだがMOA美術館の姿勢は高く評価したいと思う。
※ 青色の文字部分をクリックすれば当該ページにリンク。
s-柿ライン2017-10-15_100426
北斎については2005年に家内と信州を旅した時に小布施町も巡り、少しだけ知識を広げたことがあった。
小布施町は長野市の北東部に位置し、一帯は日本列島フォッサマグナ(地溝帯)北部にあたり、地質や古生物など興味惹かれる対象が沢山たくさん埋もれている地域だ。
s-岩松院ホームページより2017-10-14_124243が、今回興味を惹かれたのは北斎展なので話を戻すと、小布施では曹洞宗・岩松院、北斎館、高井鴻山記念館など北斎に関係する施設を見学したのだった。
左は北斎が描いた岩松院の天井絵。
この天井絵は写真撮影が禁じられていたので岩松院のホームページにあったものを当ブログ記述(Oct 28.2005)の際に引用紹介したものだ。
s-2017-10-15_125659
北斎は83歳の時、豪農・高井鴻山の招きで小布施に行き、長逗留。
それ以後も何度か小布施に滞在して絵を描いていたようで上の岩松院の天井絵もそれらの内のひとつ。
北斎は祭屋台の絵も描いており、北斎館にはそれらも展示されている。
下は怒涛図の男浪。
s-2017-10-15_123333富士山こそ描かれていないが、力強いタッチで描かれた波濤や青い色合いは『神奈川沖浪裏』とも通じるような・・・
80歳を越えて、しかも後期とは言え江戸時代に生きた人の仕事とは、と将に驚嘆の他無い。
大英博物館との国際共同プロジェクトというから一体どのような内容なのか大いに興味をそそられているところだ。
それについ先だってNHKの特集ドラマ『眩(くらら)』~北斎の娘~を見たので一層興味を惹かれているのだ。が・・・
s-2017-10-15_125851


masatukamoto at 13:37|PermalinkComments(0)

October 13, 2017

秋 《地獄絵展》

今秋鑑賞したいと思いつつ私は行くことが出来ないので家内に鑑賞してもらい、その感想を聞きつつカタログの図絵を見ることで鑑賞した『つもり』になっていると書いてきた。s-2017-10-12_151336
『つもり』になったことの例に『源信』展を挙げたが、源信は極楽往生への道を納得しやすいようにと『往生要集』を著した。
そこで世界を地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人(にん)・天・総結の7つに分け、更に地獄は等活・黒縄・衆合・叫喚・大叫喚・焦熱・大焦熱・無間の8つに分かれると説いた。
そうして厭離穢土、つまり厭い離れ去るべき迷いの世を説明し、欣求浄土、つまり穢れた迷いの世から安寧清浄なる浄土へ向かう道筋を明確に示したと私は捉えているのだ。
s-2017-10-12_153312
『往生要集』に示された源信の地獄観や浄土観は仏教絵画や彫刻など多方面にわたって影響を与えた。
そんな地獄についての特別展が11月12日まで龍谷ミュージアムで開催されている。
s-2017-10-12_162413この展覧会も家内に行ってもらえば良いのだが、いかに元気で良く助けてくれると言っても家内の体が二つも三つもあるわけではない。
そうした事情もあって家内の感想を聞くことも無く、ただカタログだけを仕入れるということもある。
龍谷ミュージアムの特別展『地獄絵ワンダーランド』のカタログは既に仕入れて読み終えている。
s-2017-10-12_161856『往生要集』に加えて『源信』展カタログ、更に『地獄絵ワンダーランド』展カタログを加え、いよいよ地獄に詳しくなってきた。勿論のこと念仏行による浄土への道についても、だ。
が、頭だけの理解ではダメ。
ダメであることも頭では分かっているのだが・・・・・
line111
2017-06-03_131837

この秋、まだまだ興味ある展覧会が・・・・・。

《続く》
2017-10-12_190817





masatukamoto at 06:27|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ