January 10, 2018

2018 我が家の正月(4)

八日、家内は大阪市内へ稽古に出かけたので留守番。
s-2017-12-17_091333昨年来ビデオ録画していたデンゼル・ワシントン主演の洋画『イコライザー』を観たり、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートのビデオを楽しんだりした。
九日、家内は演奏練習。肩や背中が痛いと言いつつも練習は欠かさない。将に根性という言葉が当たる。
s-2017-12-22_095850家内が練習中、私はヘッドフォーンを両耳に当ててマーチを聴くことにしている。何故にマーチか。ぶっはははは、マーチというのは基本的に2拍子で聴く者の気持ちを高め鼓舞する目的で作られているから音量がほぼ一定で他から聞こえてくる音を封じる働きが期待出来るからなのだ。
s-犬ライン-1
正月も今日は早10日。
大阪で言う『えべっさん』、つまり戎神社の祭典日である十日戎である。
2018-01-10_140626「商売繁盛で笹持って来い」とリズミカルに掛けられる声に合わせながら昨年頂いた笹を返納しに参拝するのだ。そして帰りには緑の葉色の笹を授かり、様々な縁起物の飾りを福娘に結わえてもらい、持ち帰るのだ。
私が子どもの頃は両親に連れられて堀川戎へよく詣でたものだ。成人してからは今宮s-2018-01-10_132719戎や布施戎に行くことが多かったが、福男選びで有名な西宮神社へは行ったことがない。
詣でた、行ったと言葉を違えているが、勿論意図的に変えているのだが説明は省く。
s-犬ライン-4
今日、家内は長兄宅へ行ったので私は留守番。
正しくは宅ではなく、姉の転入院先にと希望している病院へ行ったのだが、今日のカンファレンスは難儀が予想される。スムースに行けば良いのだが、医療・福祉など行政そのものに問題があり、それが話s-2018-01-10_132402を難しいものにさせていると私は思っているのだ。つまるところ行政のトップである政府がアカンということだ。
そんなこんなで昼ご飯は即席焼きそば。おやつは昨年秋に作った小ぶりの干し柿を2個。(確かI氏に頂いた渋柿だったと・・・)
s-犬ライン-5


masatukamoto at 16:22|PermalinkComments(0)

2018 我が家の正月(3)

三日は家内共々ぐったりで休養日となった。
四日、新年初の訪問リハでY理学療法士が来訪。仕事とは言え正月早々のことで申し訳ない思いであった。家内はこの日より演奏練習開始。この日、家内に茶を点ててもらい花びら餅を頂いた。
2018-01-10_144329
五日のお茶は抹茶チーズケーキ(京都・中村藤吉本店)に
コーヒー(京都・小川珈琲)。
六日、家内が長兄宅へ出かけたので留守番。
7日、七草粥。今やスーパーでも春の七草は売っている。私が元気なら田畑の畦道で地面に這いつくばっている状態(ロゼット)の『なずな』や『ごぎょう』『はこべら』『ほとけのざ』などは見つけてs-2018-01-10_100408くるのだが。
『せり』『すずな』『すずしろ』は市場へ行けば大概売っているものだ。
セリも菘(すずな=かぶら)も蘿蔔(すずしろ=大根)も私は大好き。
近頃は大根の葉っぱを落として売っているが、私は葉っぱも好きだ。
少量の塩を入れた熱湯でサッと湯がいた大根菜を微塵切りしたものと熱いご飯を混ぜただけの菜飯は子どもの頃からの大好物だ。
s-犬ライン-5


masatukamoto at 15:13|PermalinkComments(0)

January 09, 2018

2018 我が家の正月(2)

今年は正月二日に近しい者たちが集うて新年と家内の古稀を祝った。
下は息子夫婦が初詣に近くの神社に参った折に家内と私にと授かって来てくれた御守だ。
s-2018-01-06_122717息子夫婦が参ってくれた神社には少彦名(命)神も祭られているので私の医薬リハビリの効果が上がることを祈ってくれたのかもしれない。
s-2017-12-13_094306ともかく有難いことだが、息子夫婦は家内のBDの祝いに大きいケーキとプレゼントの掃除機をも持って来てくれた。
いつもは自動車で来るのだが、正月のこととてお酒が入ることを思って電車とバs-2018-01-06_095314スを乗り継いで来てくれたのだ。2ケースの缶ビールをラゲッジに詰め、掃除機と大きいホールケーキの箱を提げて移動するのだから大変だったろう。
息子夫婦のほか、長男待遇のJ、それに私たちがいつも手助けしてもらっているO氏とその家族が集うて祝ったのだ。
s-2018-01-06_103435O氏から古稀祝いにと家内が頂いた大きいシンビジウムの鉢物。
家内が花を好きだと分かっててのプレゼントであり、Jもバラのプリザーブド・フラワーを持参してくれた。
花は私も好きで嬉しく、O氏から2012年の母の日に頂いたデンドロビウムは昨夏にも綺麗に花を開き、私たちを楽しませてくれたのだ。
s-2018-01-06_070214新年と家内の古稀の祝いはお節のお重の他、I氏が造ってくれたいろんな寿司の盛り合わせの桶にオードブルと言うかアペタイザーのような酒肴の盛り合わせに加え、家内が刺身として好んで食べる伊勢海老の刺身にテッサ(河豚の刺身)、河豚の唐揚げ、皮の湯引き、それに鯛の活け造りまで。s-2017-12-30_140006
I氏も家内の好みをよく知っての上のことだと私は大変嬉しく思ったのだ。
客を迎えるについて今の私に出来ることなど殆ど無い。
来客の予定があれば前段での掃除から家具・荷物の移動、客が帰れば後片付けと、以前なら私も手伝って出来たことが今では家内一人に任せっきりなのだ。以前は家内がいろんな料理も作っていた。しかし以前とは異なり家内も年を取ったので無理が利かなくなっている。故に単に美味しいと言うだけでなく、I氏に拵えてもらう料理は大変に有難いのだ。
s-2018-01-06_120724
上の写真は合成したものだが、新年と家内の古稀を祝ってくれた面々である。
O氏の長女Kは席をはずしていたが賑々しい祝いの席であった。
s-2017-12-29_143308私が用意できたのはビール(ヱビス、黒ラベル、ホワイトベルグ、冬物語)と写真の日本酒『福寿』『獺祭』『蔵人の詩』と焼酎『佐藤』のみ。息子が持って来てくれたのがザ・プレミアム・モルツ『マスターズ・ドリーム』と『ザ・プレミアム・モルツ』に長男待遇のJが持ってきた日本酒『黒牛』。s-2018-01-09_203846
ワインは2017年のドイツの新酒を用意しておいた。
家内も私も8時以降の宴は体が持たないのでお開きの時刻は、それまでにと。
新年二日目の宴を楽しく有難く過ごさせてもらった。
-深 謝-
s-青色犬ライン


masatukamoto at 20:39|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ