October 10, 2017

この秋は・・・《つづき》

10/4付けの『この秋は・・・』で今秋催されるコンサートについて書いたのだった。
音楽もホールへ出向いて聴くのは未だ無理なので我が家・我が席で私の好きな時刻の開演とし、休憩も終演も我がs-2017-10-08_151624思いのまま、演目も好むままのコンサートとすることに決めた。
手持ちのCDも随分あるし、コンサートに出かけたと思えば少々の時間では聴ききれないほどのCDを買い求めることだって出来る。
好みはと問われても答えを絞り込むことはムツカシイ。かと言って何でもアリーノでもない。家内が出掛けた今日(10/8)は綾戸智恵女史のジャズを聴いていた。が、やはり好みはクラシックということになろうか。
s-音符-11
絵画・彫刻・陶磁器など、これらも現物・生(ナマ)を見て、触れることの出来るものは直に触ってみるのがイチバンである。
2017-10-10_071624しかし・・・何分にも自由に出かけるだけの体ではないので音楽はCDで、絵画についてはカタログでと不自由極まりなく不満は鬱積する一方である。
しかしマグマ溜まりの圧力を上げ続け、限界に到ってドカーンという火山が爆発噴火するようなことは私に限っては無い。
欲求不満が蓄積するのは人並みだが、適当にガス抜きをして精神的に折り合いをつける術ぐらいは身に着けている。
2017-06-03_131837
論語《為政第二》に言う。
『子日。吾十有五而志干學。三十而立。四十而不惑。五十而知天命。六十而耳順。七十而從心処欲。不踰矩。』
解釈は人それぞれだが、思い通りにしても先ず誤ることが無いという年齢条件だけはクリヤーしている。
ぶっはははは
s-2017-10-08_175322
そうしたわけで『源信』展(奈良国立博物館)の鑑賞を家内に頼み、帰宅してより買ってきてもらったカタログを見ながら家内の感想を聞くことで自分も共に鑑賞した『つもり』になったのであった。
2017-10-10_071448『源信』展の場合は会場である博物館を良く知っていることやカタログの印刷、とりわけ色彩が忠実に表現されていることや寸法の表記が為されているので展示会場の様子を想像しやすかったのだ。
カタログによる鑑賞について別途少し書いてみよう。

※ 以上10月8日(日曜)記述(10月10日更新)
s-コスモス-1



masatukamoto at 16:52|PermalinkComments(0)

October 08, 2017

留守番

今日は家内がレッスンのために朝から出かけて行ったので留守番。
既に宅急便屋さん2人と来客1名の応対を終えた。
宅急便屋さんは私の事情を知ってくれているのでインターフォンの応答で門を入って玄関内まで荷物を運びこんでくれs-2017-09-26_165833た。
今日の荷物は段ボール箱が3つあったが、いずれも軽くてワレモノでもなかったから2本の杖を使って転がしたり押したりして部屋の中まで持ち込むことまで出来た。
ひとつひとつの新しい課題に取り組み、それが出来た時にはオジンになった今でも変わりなく嬉しい気分になるものだ。
その嬉しい気持ちの中で迎えた客とは玄関での立ち話となった。
s-2017-09-26_165722久し振りということもあってついつい話が長引き、立っているのが辛いほど足腰に疲れを感じて話を終えたのだが、何と15分も立っていることが出来たのだ。勿論、手すりや杖で体を支えながらではあったが。
この嬉しいという喜びの気持ちが自信という思いを更に大きなものにしてくれ、膨らんだ自信感は更なる上級ステップへ踏み上がろうという意欲を高めてくれることにつながっていくわけで、今朝からの気分は将に秋晴れ。
s-2017-09-26_165601ちなみに今朝は綾戸智恵女史のジャズを聴いていた。
ハスキー声の大阪弁丸出しのオバチャンだが、私生活でも肝っ玉オバチャンかな(?)。
勿論彼女の私生活など知らないし、ライブ会場に行ったこともない。
でも、彼女が奏でるピアノや歌声には、か弱さ、優しさが感じられ、何だかカワユイ人なんだろうな、と、これは私が感じていること。
s-2017-10-08_115750
さて、お昼にするか。
今日の楽しみは下の通りインスタント焼きそば。
初めて食べるものだが、日清食品の焼きそばだから私好みの味かも。
日清食品のUFOを食べたことがあるが、麺の食感やソースの焦げた感じの味わいが好きだ。
s-2017-10-08_104818
おやつは南部せんべい。
昔ながらの変わらぬ味わいが好きだ。
では、では。
音符-1


masatukamoto at 12:11|PermalinkComments(0)

October 07, 2017

嬉しい話題

私にしては珍しく今朝の起床時刻は7時と遅かった。
久し振りに日付が変わっても本を読んでいたからであろう。
私が食卓について直ぐ家内が取り込んできた朝刊を卓上に置いてくれた。
s-2017100709250000
大見出しを見た途端、私の頭の中には驚愕、感嘆、称賛といった感情が一度に湧き起こり、同時にICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)に結集してきた世界中の組織や団体・個人に対し、「よかったね」「おめでとう」「ご苦労さん」「これからも一層頑張って」など様々な声がけと共に夢中で拍手をも送っていたのだ。
s-2017-06-03_115222
過去においてノルウェー・ノーベル委員会の選定には疑義を感じるものがあったことは事実だ。
しかし核兵器廃絶は、人類が平和で安全に暮らすために欠くことの出来ぬ重要かつ喫緊の課題であり、このキャンペーンに関わる全ての組織や団体・個人を代表してICANにノーベル平和賞を贈ることに決めたノルウェー・ノーベル委員会に対しても心よりの賛辞を贈りたいと思う。
s-2017-02-23_170818
一方我が国を見れば、広島、長崎と二度も原爆投下を受けた世界に例無き被爆国でありながら、日本国として核兵器禁止条約に署名していないのが現状である。
既に核を保有している米、英、仏、ロシア、中国、インド、パキスタン、北朝鮮、イスラエルの9か国は交渉にも参加していない。
考え方がいろいろあることは理解できるが、日本は核兵器廃絶に賛成であるとの姿勢を条約署名をもって明確にすべきだと私は思うのだ。
アメリカの提灯持ちをして北朝鮮に対し圧力を圧力をと声高に叫び、危機感を煽り立てるばかりの安倍首相に薄ら寒いものを感じるのだ。
2017-06-29_060246



masatukamoto at 23:17|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ