February 18, 2020

春よ来い

ほんに冬があったのかどうだったのか・・・
分からないまま暦の上では春を迎えてしまった。
と言って、ぽかぽか暖かい日が続いているわけではない。
今月12日から13日にかけて四国地方で春一番が吹いたと高松地方気象台が発表した。
春一番は、立春から春分の間に初めて吹く南からの強い風を言い、気温も上昇していることが条件だ。
我が町では昨日も強い風が吹いていたが南の風ではなかったので我が町に春が訪れるのは未だ先のようだ。
s-2019-12-01_071842
※ 長く太くデッカイ海老の天ぷら。
  足赤海老(クルマエビ科)
  秋~春先が旬らしい《I氏の店で》
2020-02-18_133050
毎日殆ど家の中で過ごしている私の願いは『みいちゃん』と同じだ。
「春よ来い」「早く来い」
歩き始めた『みいちゃん』が、おんもへ出たいと待っているのと同じ気持ちだ。s-2019-12-01_072724
暖かく雨風無き穏やかな日が続くようになれば屋外での歩行訓練に励むことが出来るのだ。
2020-01-27_143326
現状、家の中はサッブイから昼夜分かたずエアコン・ストーブ・毛布のお世話になっている。だから電気代が馬鹿にならんのだが、これも抑えることが出来るので春が来れば八方良しとなるはずだ。


masatukamoto at 12:00|PermalinkComments(0)

February 15, 2020

初夢では無いが

夢を見るのはレム睡眠時に多いとされている。
2020-01-27_143252
何でもかでも簡略・省略化することは便利な反面、元々の言葉が伝達されないので私は余り好きではない。レム睡眠のレム(REM)もその類いで単語の頭文字を綴ったものだ。
REM : Rapid Eye Movement。50年以上も昔に出会った言葉で当時は受け入れることを嫌がっていた我が脳だが、今では抵抗なく使用するようになっている。
s-2019-12-01_072021『栄枯盛衰』という言葉があるが言葉も同じことだとつくづく思うところだ。頻繁に使用される言葉は安定した席を確保するが、そうでない言葉は流れ流れて何時の間にか深い海溝の底に人知れず沈んでしまうのだ。
※ 上はI氏の店で『茶碗蒸し』
2020-01-27_143326
レム睡眠は人間の睡眠状態を大脳の電位差によってレムとノンレム(Non-rem)に分ける理論上の言葉である。動作的に体は眠っているものの脳は覚醒しており眼球が素早く動いている状態をレム睡眠、ノンレム睡眠は呼吸も心拍も安定し脳も休んでいる状態を言う。ノンレム・レム・ノンレムを周期的に繰り返すのが人間の睡眠パターンで、夢を見るs-2019-12-01_071330のはレム睡眠状態の時だと言われている。
大脳の神経細胞群については未だ未だ解明されていないことが沢山あるが、夢を見るのは浅い眠りの時だということだ。
※ I氏の店で『フグ唐揚げ』 
2020-01-27_143316
今年はどんな初夢を見るのかと昨年末から気にしていたのだが、正月三が日どころか松の内を過ぎても夢を見ることが無かった。
知覚記憶に関する大脳皮質とレム・ノンレムの関わりなどについて未解明事項が多く、夢を見なかったと断定することは出来ない。記憶するほどの夢で無かったのか、深い眠りにより夢が忘却させられたのs-2019-12-01_071700かも分からない。
※ I氏の店で『海老鬼殻素揚げ』
しかし18日になって我が師が夢枕に。翌日には長兄が。
師の一周忌と、それに対する私の思いが重なって夢という映像に結ばれることになったのかもしれない。
また、師と長兄は、学部は異なるが同時期同学府で学んでいたことなど共通項が幾つかあったので、そうしたことが私の脳で繋がったのかもしれない。
《別途続きを書くことに》
2020-01-27_143336



masatukamoto at 19:30|PermalinkComments(0)

February 14, 2020

感謝を

朝7時半、ピンポーンと来客を告げる音。s-2020-02-14_105045
モニター画面には Y君と車の画像。
家内が挨拶に出て、暫くして箱状のものを提げて戻って来た。
「ひろみさんがお父さんにってケーキを作ってくれたんだって。」
「チョコレートが多いから少しずつ食べて下さいって。」
2020-01-27_143336
Y君の嫁・ひろみさんは菓子作りが趣味なのだ。以前に何度か彼女の手作りケーキを頂いているので、その出来栄えは味も含めて折り紙付きである。
しかし子どもさんの世話やご自身の仕事などで忙しく、なかなか菓子作りをする時間的余裕が無かったs-2020-02-14_104815のだろう。ここ何年かご馳走になっていなかったことに気付いた。
そんな多忙な中を昨夜作ってくれたのだろうと、頂いたケーキの背景が見える思いだった。
2020-02-14_171511
家内と共に三時のおやつに頂いたが、甘さ控えめでカカオたっぷりの私たち好みの味わいであった。
彼女が作ったケーキは折り紙付きと書いたが、今回またひとつ、折り紙が増えた。
ここにそのチョコレートケーキの写真を掲載し、感謝の気持ちを表しておきたい。
s-2020-02-14_140716また出勤前にわざわざケーキを運んでくれた Y君にも感謝の気持ちを記しておく。
短青色
今日は2月14日、ヴァレンタインデー。
ひろみさんのケーキもヴァレンタインデーのプレゼント、かな?
家内からはゴディバのチョコ。
世話をかけている私がプレゼントしなければならないのに、皆には深謝深謝。
中赤-5
ちょっと書くにも時間がかかるパソコンに少々辟易・・・


masatukamoto at 16:30|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ