December 06, 2017

ごっつあんです。

2日(土)、家内と夕食食べているところへ立派に膨らんだ月が昇り始めた。
明日の準備万端整えり、「お楽しみに」と語りかけるような月であった。
3日がスーパームーンであるという情報は仕入れていた。
s-2017-12-05_114222月が地球を周回する軌道は正円でなく楕円ゆえ地球との距離に遠近差が生まれる。そのため見た目の月の大きさにも差が生じる。スーパームーンは大きく見える月のことで、明日の夜は写真を撮ってやろうと思ったのだった。
黄色の球体は勿論お月様ではない。
大将I氏が庭に実った柚子だと持って来てくれたものだ。
緑色-1jpg
この日、I氏は他所への届けもあるので『ついでに』と柚子だけでなく『てっs-2017-12-04_181808ちり』具材とともに『てっさ』に『ふぐ唐揚げ』まで持って来てくれた。
I氏は『ついでに』と言っていたが勿論そうではない。I氏の照れ隠しの言い回しであることぐらいこれまでの付き合いから分かることだ。
I氏には、いつもいつも感謝するばかりだ。
紫色-2
徳川吉宗も戦前の国防婦人会も感心するのではないかと思えるほど、質素倹約・贅沢は敵を信条とする家内ゆえ食についても私のような道楽ではない。
s-2017-12-04_181552そんな家内だが河豚だけは特別なようで、刺身は殆ど食べないのに『てっさ』だけは特別。油ものもあまり食べないが『フグの唐揚げ』は別と、何故かフグだけは例外的に好むのである。
そんな家内の好みも知ってくれているI氏が、気軽に店へ出かけることのs-2017-12-04_181157出来ない私のことも慮って届けてくれたに違いないのだ。
根性の曲がった輩の『忖度』とは真反対の温かい温かーいホンマもんの『忖度』なのだ。
家内が半分こにした『てっさ』の皿。
仲良く頂いたことの証し。
赤色-1
この夜、思わぬ『ふく料理』に夢中となりスーパームーンの撮影は飛んでしまったが、お月様以上に大きい大きい『福』を頂いた。
《感謝》
s-2017-11-04_063550



masatukamoto at 11:34|PermalinkComments(0)

December 05, 2017

不 調

このところPC言語バーがしばしば消えるのでイライラ。
言語バーが非表示でも『A』が表示されていれば何ともないのだが、全く何も表示されないと、かな表記2017-09-28_155127もローマ字表記もスイスイ出来ずで全くゲンナリしてしまうのだ。
ネットでの回復指示策の『crf...exe』何とかも試行したが全くダメ。止む無くシステム復元機能で某時点まで戻りの作業。ところがこの作業時間が長いのでウンザリしてしまうのだ。
ライン空色濃い目
そんなこんなでブログの更新ひとつに何時間もかけることになるし、音楽は聴けないし、その他の作業も・・・
2017-11-19_164013
ゲンナリ、ウンザリ、イライラがムカムカに。
今は良いが、何時また言語バーが消えてしまうかもしれず、ビクビクしながらのタイピングである。
s-2017-11-24_153107
家内の友人Sさんが送ってくれたカボス。
カボスと言えば大分県を思い浮かべるが、上は京都南部生まれのもの。
s-2017-11-07_113835


masatukamoto at 11:43|PermalinkComments(0)

December 02, 2017

師走朔日

昨日は朔日。
天文で扱う『朔』、すなわち『新月』と同じ意味であることぐらいは私も学生時代より知っていた。
s-2017-11-20_101538旧暦、つまり月の満ち欠けをもとに暦を算定する太陰暦の元始まりが新月(朔・さく)であり、やがて月は徐々に膨らんで上弦の月(半月)、更に膨らみを増して満月となる。
新月の『朔』に対して満月の『望(ぼう)』である。
s-2017-11-04_101733
関白・藤原道長が詠んだとされる「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」の望月(もちづき)が将に満月、十五夜お月さんである。
厳密には十五夜に最も近い状況のお月さんと言うべきだが。
緑色-1jpg
ともかく満月を過ぎると下弦の月(半月)から更に欠けて、再び新月に到る。
s-2017-11-28_154754この朔から朔に到る期間を『一朔望月』とし、計算上は約29日と12時間44秒というのが旧暦の一ヶ月にあたる。一ヶ月が約30日の新暦とズレル理由がここにある。
このように月の満ち欠けが暦の基本になっていた頃の人々は、新しい月が始まることを『月が立つ』、『ついたち』『一日』と、物事が始まる特別な日として意識してきたのだ。
2017-11-17_160236
朔日に関しては天文以外に民俗学分野での知識も多少はあったが、ミナミの某バーのオーナー夫人が「今日は『おついたち』やさかい赤飯炊きましたんや。」と通常のオードブルとは別に小皿に盛った赤飯を出してくれたことがあった。
オーナー夫人、ひと月を無事息災に暮らさせて頂いたことへの感謝と、新しい月の始まりに当たって一所懸命精進に努めるとの思いを込めているのだと語ってくれた。
人それぞれだろうが朔日に関する新しい情報を仕入れたこの時、多分昭和55年頃だったと。
s-2017-12-02_101733
昨日、師走朔日は救急入院した義姉の見舞いに家内と姉が急ぎ向かった。
老々介護している長兄自身、放射線照射治療の第一のステップを越えたばかりである。夫婦二人共々が病と向き合うという状況で末弟の私としても心配で仕方がない。
とは言うものの現在の私は留守番をすることで家内に動いてもらう以外にない。
その家内が夕食にと買ってきたマグロの寿司、昨夜煮込んでいた大根と手羽先、三陸のメカブ、それにs-2017-12-02_102559Aさんに送って頂いた奥松島の生牡蠣。
いずれも好きなものだが、産地が特定している生牡蠣は新鮮濃厚な磯の味わいに加えて奥松島の景観まで脳内イメージに加わり、何倍も何倍も素晴らしいご馳走となった。
脳の記憶の連鎖は驚くほどの広がりを呈し、奥松島からは私の学生時代のことまで想起させ更に牡蠣の美味しさを増すことになった。
いつもながらAさんの心遣いには厚く感謝申し上げる朔日となった。
s-2017-12-02_211246



masatukamoto at 19:30|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ