September 12, 2017

喫茶店について《つづき》-1

屁理屈をこねるつもりなど毛頭ないが、やはり喫茶店を定義するのはムツカシイ。
大阪の学校ではクラスメートのN(故人)やMと共に新しく建った天王寺(民衆)駅2階のカーネーション・グリルでミルサンドウィッチ-1ク・ティーやレモン・ティーを飲む機会がよくあった。
この店はハンバーグステーキやオムライス、サンドウィッチやビールなども提供していたので喫茶店の範疇には入らないだろう。私流儀に言えばグリル=レストラン=洋食屋で、美味しいケーキと紅茶を楽しんだペコちゃんの心斎橋・不二家も喫茶店ではなく洋食店なのだ。
s-2017-09-11_132215
私が最も多く喫茶店に通ったのは昭和39年(1964年)のことだ。
s-2017-09-11_160943この年は特別忙しい年であった。
体調思わしくなかった母親が当時堂島浜通りにあった大阪大学微生物研究所付属病院に入院したのが春のことだった。
秋10月10日に東京オリンピックが開催されたこの年度は生徒自治会々長を務めたのだった。
当時の阪大微研及び付属病院は堂島川を挟んで中之島と向き合う位置にあって古い陰気な建物であった。直ぐ西側には大阪大学医学部付属病院があったのだが、建物の外観を見ただけで新しいか古いか、明るいか陰気臭いかが歴然としていた。

※ 美術のF先生デザインの図を手拭いにして全校の職員・生徒に配布したのが上。(現物が無いので記憶をもとに描いてみた)
s-2017-09-11_131651
母親が入院した頃の病院は完全看護ではなく家族が付き添うか個々に紹介所を通じて家政婦さんを雇うことになっており、親子3人家族の我が家は当然のこと家政婦さんを雇わざるを得なかった。
s-2017-08-14_154806私の母親は他人(ひと)のことを悪しざまに言ったり不平不満を口にする人では無かった。
父親も私もそんな母親のことはよく分かっていた。
その母親の様子が少し変だと気付き、病室を訪れるごとに様子を窺っていたところ寝たきり状態の母親がほったらかしにされている事実をつかんだのだった。勿論一度や二度ではない。父親と私が別々の時期に幾度も確認し、サボタージュが常態化していたので契約を破棄したのだった。
s-2017-09-11_132113
しかし病院の家政婦さんは代わりの人を簡単に見つけることが出来るほど人数豊富では無かった。
日中は看護婦さんがいるので良いが、そのため父親と私が夜間交代で病室に詰めることになったのだ。
母親が亡くなった年末まで約半年間、父親が病室の長椅子に泊まる時、私は自宅で眠った。
私は朝起きて学校へ。そして学校帰りに病室へ行き、私が病室で泊まる。明くる朝、洗い物をボストンバッグに詰めて学校へ向かい、その日帰宅して洗濯機を回すという生活スタイルだった。
s-2017-09-12_092707
そんな病室から学校へ行くには先ず大阪駅(梅田)まで歩いて行くのだが、その途中で3軒ほどモーニング・サービスを実施している喫茶店があり、そこで朝食を摂るのが私の決まりとなっていたのだ。
モーニング・サービスの内容はどの店も共通で、コーヒー、トースト、ゆで卵の三点セットであった。
この3軒の店は夕刻もコーヒーを主に提供していたので、私が思う喫茶店のイメージにピッタリであった。
そうした事情で私が最も多く喫茶店に通ったのがこの年だったのだ。
s-2017-09-11_131731
もう少し続く・・・《つづき》-2 へ


masatukamoto at 10:34|PermalinkComments(0)

September 11, 2017

喫茶店について《1》

喫茶店と名の付く店に初めて入ったのがAさんとYさんに連れてもらった歌声喫茶であったことを書いた。
寮生活時代には喫茶店へ行く金銭的余裕も無ければ行く必要も無かったからで、私が喫茶店(のような店)に行くようになったのは大阪の学校へ転校してからのことだ。
2017-06-03_115149
喫茶店(のような店)と曖昧な表現にしている通り、私は未だに『喫茶店はコウイフモノ』と明確に言い切ることが出来ないでいる。ただ漢字を解釈する限り、喫茶の喫は噛むとか飲むといった意味合いの文字だから喫茶の意味はs-2017-08-16_155158茶を飲むと解釈して間違いは無いはず。
随分以前に博多の聖福寺(臨済宗・開山・栄西)を紹介したことがある。
喫茶という言葉からは栄西が1211年頃に著した『喫茶養生記』を思い起こすが、彼も茶を飲むことを喫茶と表記していたのだ。
茶は仙薬。その茶を喫することが五臓を壮健にして病いを治し長寿をも保証すると書いているのだ。
茶色-1
そうしたことから喫茶店とは『茶を飲ませる店』と考えて良いと思うのだが・・・『茶を飲ませる店』と限定すると私の理解は混乱してしまう。s-2017-08-14_155523
つまり茶の定義だが、栄西の『喫茶養生記』では茶や桑の葉を喫する法について述べていることを基に考えると、日本茶(緑茶・ほうじ茶・抹茶)、紅茶、ウーロン茶などを思い浮かべるのだ。
また桑については実の服用も奨励しているので、木の実を用いたコーヒーやココアといったものも飲み物という意味で茶の範疇に含めることが出来るかと・・・・・
s-音符-4
このように考えるとオレンジやバナナも木の実であり、それらをすり潰したジュースを喫するという点では茶と同じ飲s-2017-08-14_155412み物に・・・《これらを茶とは思えないが、敢えて・・・》。
木の実のジュースとしたが、木の実の皮を剥くなど若干の手を加えて果実そのものを客に提供する物もある。
同じように抹茶も茶の葉に手を加えたものだが、葉そのものを提供していることでは果実のジュースと同じかとも思う。
だとすれば、フルーツ・パーラーと喫茶店とは同じだろうか?
そんなことはないと頭の中では打消しつつ、フーーム。
《つづく》
緑色-2




masatukamoto at 10:08|PermalinkComments(0)

September 08, 2017

ごっつぉ 〔ありがとう〕

まさに絶妙のタイミングで、以心伝心と言えよう。
ぼちぼち行きたいと思っていたところだった。が、未だ一人で出歩く自信はない。s-2017-08-14_154952
つまり家内の予定や気分・体調と私のオモイが一致しないと自宅以外での飲食は出来ないのだ。
そんな今日、家内は友人たちと夕食を楽しむ会に出かけるため、私は一人で留守番、一人で夕食だと朝から本日の予定として頭に入れていた。
イッパイ飲みながら・・・・・
2017-06-03_132716
今日は何を用意してくれるだろうかと思いつつ、はてさてこれはこれで楽しみではあった。
s-2017-08-14_155211近頃、家内が外へ出かける用事がちょくちょく有り、それはそれで嬉しいことではあるのだ。
その嬉しい理由については何度も書いているので省くが、用意してくれる食事については毎回変わるので、その変化するモノが楽しく何度か紹介もしてきた。
昼食のインスタント焼きそばやラーメンなどについて『近頃のエサ』として紹介もしてきた。
それで、今夜はどんなエサだろうかと想像していたのだ。
2017-06-03_131901
そんな今日の昼過ぎ、、寿司屋の大将 I 氏が訪ねてくれた。
差し入れは家内が受け取ったので何であったか分からなかったが、夕刻家内が出掛ける段になって
ウッシッシ
ニコニコと笑みが止まらなく、口中も唾液が・・・・・
s-2017-09-08_201113
 I 氏の差し入れは左上の柿の葉寿司とお造り。
水菜のあっさり塩漬(中央上)、直ぐ下が小魚の干物と木の実のつまみ。
下の段は猪口とモズクの酢の物。
右上の赤いものは家内が栽培しているプチトマト。
s-2017-09-08_201311
 I 氏の差し入れを拡大すれば上の通り、私の好物ばかり。
マグロの赤身、ハモの焼き霜、活けダコ、活けダコの酢の物(小鉢)。
ぶっはははは。
留守番をしつつ今夜は少しだけ御酒も多め。
感謝・感謝、幾度言っても足りぬ。
s-2017-09-08_220855



masatukamoto at 22:13|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ