August 01, 2020

やっと

今朝5時20分過ぎ、カーテン越しに久し振りの日の出を感じた。
s-2020-07-31_091323日の出の写真を撮ろうと思っている時は、日の出の遥か前からレースのカーテンと厚地の遮光カーテンの両方を開けて待ち構えることにしている。しかし今日は撮影するつもりではなかったのでカーテンは昨夜閉じたままだった。
その厚手のカーテンをオレンジ色、そして黄色へと変えていく真に力強いs-2020-07-31_091419日の光。これはもう真夏。夏ど真ん中である。
あかいろ短い
昨7月31日、近畿地方が梅雨明けしたとみられると大阪管区気象台が発表した。
私の経験則からは1週間、平均的梅雨明けからも10日と、今年の梅雨明けは遅かった。などと言っても我が国で科学的気象観測が始まったのは、せいぜい150年前、明治初期のことだ。地球の誕生は46億年前というのが定説。それに対してたかだか150年程度の気象資料しか持たない日本の私が遅いだの早いだのとは・・・
s-2020-07-31_091500
うすむらさき短い
そんな思いを抱かないわけではないのだが、それはさておき本日気温はグングン上昇中。
雨降りが続いて買い物に行けていなかった家内を車に乗せて生協店へ行き、つい先程買い物を終えて帰宅した。暑いけれど天気が良いと屋外での歩行訓練が出来るので私にとっては嬉しいことだ。
s-2020-08-01_113923空色短い
写真(上から1枚目)、活けていたヒペリカム(『雨の日に』July 31,2020を参照)の実が赤色から黒紫色に変わって来たので容器から抜いた。
写真(2枚目)、変色の比較がし易いように実の部分を拡大。
写真(3枚目)、枝軸の底部に発根を発見。部分拡大したもの。
写真(4枚目)、発根を確認したので水苔を巻いて養生することにした。







masatukamoto at 11:00|PermalinkComments(0)

July 31, 2020

雨の合間に

何かをしようとする場合、我が家では『思い立ったが吉日』と直ぐ行動に移すことが出来ない。
その根底となる最大の理由が、私が一人で自由に行動することが出来ないということだ。これを例えて言うならば、私が一粒の種ということだ。種が発芽するためには適度な水分と温度、それに酸素が必要であるように、家内と私の予定や体調、天候の具合、移動の時間帯や行程及び手段等々様々な条件が揃わねば行動出来ないということだ。
s-2020-07-18_104435
梅雨の時期は雨が私の行動を規制する。
杖を持ったまま傘をさすことは出来ないし、路面が濡れていると杖が滑りやすく危険なのだ。
そんなこんなで気象レーダーとにらめっこした結果、7月27日(月)の早朝に墓参決行と予定を組んだ。s-2020-07-01_133954
予定を組むには我が家の条件が揃うことは当然だが、前日までに供花を買い揃えておくなどの準備も必要なのだ。
ももいろ短い
早朝に出発するというのは、平日ゆえに勤めに出る人たちの車で渋滞するからというのが最大の理由だ。
ともかく春のお彼岸前にお参りして以来4ヶ月半ぶりの墓参であったが無事s-2020-07-21_175004に帰宅することが出来た。
2か所の墓地の草抜きをして墓石を洗って拭いて、お花を供えてお参りする。
私は車を運転してお参りするだけ。時期的に雑草が伸びて草抜き作業はしんどいが、そうした作業は全て家内が。
『ごくろうさん』+《感謝》


masatukamoto at 16:00|PermalinkComments(0)

スカン番組

私はあまりテレビを観るほうではない。
だからと言ってテレビのスイッチを切ったままにしているわけでもない。
基本的にニュースや天気予報については見るようにしている(主にNHK)。それ以外は朝起きてから9時頃までは TBS(関西では MBS毎日放送テレビ )の『あさチャン!』、続いてTV朝日(ABCテレビ)s-2020-07-27_062601の『羽鳥慎一モーニングショー』にチャンネルを合わせていることが殆どだ。と言っても、ジーッと見続けているわけではなく音声のみが耳に入って来る状態で、夏目三久 さんやコメンテーターの言葉に何かしら反応した時にテレビ画面を合わせ見ることが多い。
『羽鳥慎一モーニングショー』は朝食を終えて少しゆっくりする時間帯なので目も耳もテレビ画面に向いていることが多い。
いずれもテーマの設定や視点、放送の内容も良く、進行役の夏目、羽鳥両氏並びにコメンテーター各氏も好ましく、私も家内も良い番組だと評価している。
むらさき短い
昼食の時間帯前後は TV朝日の『ワイド・スクランブル』にチャンネルを合わせている。以前は TBSのs-2020-07-27_062304『ひるおび(2部)』を見ていたが、近頃は殆ど見なくなってしまった。見なくなった最大の理由は自民党・安倍政府のスポークスマンのような輩を常連ゲストのように登場させ、政権擁護の弁明をさせるからだ。時にチャンネルを合わせることがあっても奴が出演していれば発言の内容まで推測出来るし、番組そのものがツマラナイものとなるのでチャンネルを変えるのだ。加えて恵氏も八代氏も長いものには巻かれろといった追随的姿勢が強くなったようで面白味がなくなったことも見なくなった理由だ。
みどり短い
そんな中、産経新聞とフジテレビ(KTV 関西テレビ)の関係から私はフジテレビ系列の番組をあまり見ることは無かった。ところが坂上忍氏が司会を務めるフジテレビの『バイキング』を一度見て面白く思ったものだから、近頃は昼食時にこの番組をよく見るようになった。
s-2020-07-27_063028坂上忍氏の歯に衣着せぬ表現は、政府であれ大臣や官僚であれ社会的立場といった障壁を越えて行われるので小気味良いのだ。庶民的視点でものを言う、これが私が好む一番の理由だ。
もっともこの番組にも政権の提灯持ちのような輩が出演しているので坂上忍氏のアクの強さが弱まれば見ないことになるのだろう。
青色短い
写真のトマト、シシトウガラシ、万願寺トウガラシは家内の友人S氏のご主人が五條市の畑で出張?栽培された作物。栽培者特定で新鮮となれば安心で美味しいことは太鼓判。美味しく頂戴、いつもいつも感謝。


masatukamoto at 15:00|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ