May 02, 2017

一枚のCDから

ゴールデンウィークに入るまでの日々、私が留守番する機会が多くなりそうだと予想していたが、家内の予定キャンセルなどで普段とあまり変わらない時間を過ごしてきた。s-2017-04-13_144933
家内が買い物や散歩など所用で出かける際の留守番で昼間が主なのだが、友人たちとの食事会だと出かけたGW前の28日だけ一人夕食の留守番となった。
何かお手伝いをして、お駄賃などご褒美を戴いて喜ぶのは子どもたちだけではない。今や年寄りの仲間入りをしている私でも留守番の報酬?としてのお土産は嬉しいものなのだ。
s-2017-03-04_205859
この日のお土産は森山良子のCD『春夏秋冬』。
s-2017-05-02_181249収録曲は作詞作曲バラバラだが聴き良い歌ばかりで、何より彼女の澄んだ声が心地良く感じられた。
私が森山良子の歌声を初めて聴いたのは学生時代、京都・五条の友人の下宿でのことだった。その時に友人が彼女も同世代人であることも教えてくれたのだった。

♪ この広い野原いっぱい 咲く花を
  ひとつ残らず あなたにあげる
  赤いリボンの 花束にして
s-2017-03-04_210923s-2017-05-01_144339
当時ベトナム戦争が激化する中、私たち学生の思いは反戦運動やフォークソングで表していた面も。
そんな中、意味のワカランふざけた歌が出てきたと腹立たしく思ったのが『帰ってきたヨッパライ』というザ・フォーク・クルセダーズが歌うものだった。

♪ おらは死んじまっただ おらは死んじまっただ
  おらは死んじまっただ 天国に行っただ
        (中 略)
  天国よいとこ 一度はおいで
  酒はうまいし ねえちゃんはきれいだ(後略)
s-2017-03-04_210542
フォーク・クルセダーズのメンバーは加藤和彦(龍大)・北山 修(府医大)・端田宣彦(同大)で、三君とも同じ京都に学ぶ同世代人といった親近感もあり、歌を何度か耳にしているうちにオモシロサを感じ彼らに興味を持つようになったのだった。
この後、彼らは『イムジン河』を歌うが、これは在日韓国・朝鮮人組織の対立の中でレコード化が中止になった事実があった。レコード会社は東芝だったが、所詮は儲け主義の企業だと私は思ったのだった。歌詞メロディーとも好める歌だったので大変残念に思ったものだった。
s-2017-03-04_205251
当時『イムジン河』について私はよく知らなかったのだが、
2007年の早春、北緯38度線に沿った非武装地帯を訪れた折、実際にイムジン河の流れを見て、歌詞の意味を深く知ることになったのだった。s-2017-04-07_163857
この時のことは『ソウル滞在記(April 12, 2007)』として拙ブログに書いている。(青字部分クリックでリンク)

食事会に出た家内がお土産に持ち帰ってくれたCDから随分昔の記憶が甦ってきた。
いつも思うのだが、記憶や発想の連鎖は思いもかけぬ方向へ際限なく続くのでとても面白いのだが、今はココまでにしておこう。
s-2017-04-18_172915食事会はイタリア料理店で開かれたのだとか。
帰宅した家内はアンティパストの品数が多く、しかも美味しかったものだからピッツァを少し頂いただけで満腹状態になってしまったのだと。
うーーん、羨ましい限りだ。







masatukamoto at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 01, 2017

5月1日に思うこと

月が替わって今日は5月1日。
皐月の朔日ということだが、朔日と言っても『(お)ついたち』のことであって、朔がつくからお月様が新月かと言うとそうではない。s-2017-03-30_165523
今日は旧暦では卯月六日(4/6)。
たしか三~四日前が新月だったから今日の月齢は三日月のような形だろう。
下の写真はお月様ではなく、薄雲が広がる中での今朝の太陽である。
空の色は実際と近いが、太陽はもっと赤色が濃い夕焼け色だった。
《写真の発色頗る悪く・・・むむむ》
s-2017-05-01_070917
それはともかくゴールデンウィークに入った。
GW初日の4月29日、戦前は天長節、戦後は長く天皇誕生日として祝日であった。裕仁天皇崩御により年号が平成に改元されるに伴ない『みどりの日』を経て『昭和の日』となった。
そして今日は5月1日。
s-2017-05-01_151814
現役の頃は働く者の一人として参加していたメーデーだったが、いつの頃からかメーデーの質が変わってきてしまったようだ。s-2017-05-01_151548
私にすれば骨抜きにされたメーデーだと思うが、今に至った理由は簡単ではないだろう。社会全体の変化と個々人の価値観の変化、人々の労働意識の変化や国家・企業経営者の策謀などもあったかもしれない。

メーデーをどのように意味づけ展開するかについては現に働いている人たちが考え行動すs-2017-03-30_165304れば良いことだ。
しかし最低限自由に考え想像し、何に臆することなくモノが言える社会を確立することが出来なければメーデーのメの字すら書くことが出来ないことは戦前の歴史が証明している。
しかしどうだろう。法務大臣でも説明出来ない『テロ等準備罪』。
国会議員や法律の専門家など多くの知識人が反対する『テロ等準備罪』の法案審議が始められたのだ。
世界各地で起こされるテロルは非人道的で卑劣な行為だから皆が否定非難する。s-2017-05-01_143741
そのテロ行為を未然に防ぐ法だからと政府与党は審議制定を急ごうとしているが、この『共謀罪』が過去 3 度も廃案になっていることを忘れてはならない。
真にこの法律が必要なのか国民全体の利益になるのか、一人一人が十分に考え行動しなければ自由にモノ言えぬだけでなく、考え想像することすら許されない日本にしてしまうかもしれない怖ろしく危険な法案だと私は思っているのだ。
s-2017-05-01_22
第一線を退いた私や家内にとってゴールドもシルバーも意味を成す言葉ではないが、ゴールデンウィークの中間日である 5 月 1 日に関わり、家内と意見一致をみたことのひとつだ。


masatukamoto at 21:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 23, 2017

麗らか・・・

部屋の中は、ひんやりしてはいるが寒くはない。
私の席からは雛壇状に並ぶ家々が柔らかな陽差しを浴びているのが見て取れる。
19
しばらく前から咲いているチューリップの花も盛りの時期を越えたような。
今朝は東天が澄んでいたので久し振りに日の出の写真を撮ってみた。
3月20日の春分の日よりほぼ 1 ヶ月になるので比較出来るよう2枚の写真の縮尺を近付けてみた。
s-2017-04-23_064641
《注》 逆光での撮影ではあるが日の出位置を強調するためコントラスト調整を行った為に画面手前が暗くなっている。
今日は昼過ぎに家内が所用で出かけたが、今週は私が留守番する日が多くなりそうだ。
今日のような日和には私も出かけたくなるが未だ無理だろうな。
19-1
『麗らか(うららか)』は春の季語だが、ぼうっとする気分とは対句のような関係。 更に眠気とかウトウトといった言葉が派生する。19-2
しり取りのように言葉の末尾をつなげるのは限界があるが、発想の連鎖というのは広がりが自由であり楽しいものだ。
『 春の海  ひねもすのたり  のたりかな 』 
蕪村の句だが今日の私の気分とピッタリ。
与謝蕪村が与謝の海で作句したのだと彼の地の養護学校に勤務していた友人に教えてもらって随分になる。
与謝の海、つまり、♪ 丹後の宮津で~と歌われる宮津節の内海のことだが、日本三景の天橋立のある所と言った方が分かり良いかも。

心地良い日差しを浴びている亀たち。
s-2017-04-21_163036先日、家内の携帯に姉が送ってくれたものだが、『麗らか』の連想が広がる。



masatukamoto at 17:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ