April 18, 2007

韓国 ソウル 貞洞劇場

今回のソウル滞在中、楽しみの一つにしていたのが『パンソリ』の鑑賞であった。

パンソリ』というのはリズムを取りつつ、その場の雰囲気を太鼓を叩きながら表現する“コス”と、セリフ・物語を身振りと共に語り歌い上げる“ソリクン”の二人が呼吸を合わせて演じるもので、やがて観客達もそれに同調し、演じる者と観客が一体化していくという朝鮮民衆芸能の一つである。

下は“コス 写真は貞洞劇場の公演パンフレットより
3683ac5a.jpg

私が初めて『パンソリ』に接したのは1993年だったか、もう少し前だったか、友人の女性に連れられて韓国映画を観に行った時であった。

確か『風の丘を越えて・西便制(ソピョンジェ)』というテーマの作品であったと思う。

原作を文庫本でも読ませてもらったが、映画によって音と映像が強く印象付けられていたのでイメージしやすく、『パンソリ』というものが強烈なものとして心に残ったのである。

朝鮮の伝統芸能としては『パンソリ』のほか、宮廷音楽としての『国楽』、農業行事に関わる“農楽”や巫女たちのシナウィと呼ばれる“巫楽”と民謡としての“散調”などの『俗楽』、それに風刺劇としての『仮面劇』(タルチュム)などがある。

パンソリ』には、昔は12の話があったそうだが、現在は『春香歌(チュニャンガ)』、『沈清歌(シムチョンガ)』、『水宮歌(スグンガ)』、『興夫歌(フンブガ)』、『赤壁歌(ジョクビョクガ)』の5大パンソリが演じられており、ユネスコの世界文化遺産にも指定されている。

いずれも朝鮮民話としてよく知られているものである。

下の写真は“ソリクン  写真は貞洞劇場の公演パンフレットより
740d98bb.jpg

沈清歌(シムチョンガ)』を語り歌い上げる

私が鑑賞した時の演目は『沈清歌(シムチョンガ)』であった。

沈清歌(シムチョンガ)』の“沈清(シムチョン)”というのは盲目の父親と二人で暮らす親孝行な娘の名前である。

お米300袋をお供えすれば目が見えるようになると僧侶に言われた父親はお供えすることを約束してしまうのだが、貧乏な生活をしている沈清(シムチョン)の家で300袋ものお米を工面できるはずもなかった。

そのことを知ることとなった沈清(シムチョン)は、船の「いけにえ」となることを知った上で船頭達に身を売る決断をし、父親の目が見えるようになることを願いつつ父親と別れて旅立つのである。

沈清(シムチョン)の行為から娘の想いを知った父親は胸が張り裂けんばかりの悲しみのどん底に沈みこんでしまう。

ひどい嵐の海で沈清(シムチョン)は船頭たちとの約束通り海に身を投げる。

しかし、天の助けによって沈清(シムチョン)は人間世界の后となり、王の協力を得て父親と再会する。

そして父親の目も見えるようになり、親子共々幸せに暮らしたという筋書きなのだが、これを太鼓の音と共に語り、歌い、時には叫び、身振りを交えて演じるのである。
e4732b36.jpg
公演は全て韓国語で行われた。

舞台のソデでは英語や日本語の説明が電子文字で表示はされるのだが、セリフと一致するものではないし、演者の表情や身振りと同時に文字盤を見ることは出来ない。

私は物語の筋書きを充分に知っていたこともあって、演者が韓国語で演じていても彼女の身振りや声の大小、強弱、高低、うなり、ひねり等、表現の違いから今何を語っているのか、ひしひしと感じるものがあり、いつの間にか舞台で演じる彼女と同じ場に立っていたようだ。

彼女の演技の中でボロボロ涙がこぼれて・・・・・

単に私の涙腺がゆるんできたのか、彼女の演技が私を泣かせたのか。
むむむむむむ

舞台が終わった沈清(シムチョン)役の女優さんと記念撮影

この娘が私を泣かせた・・・泣き顔は見せられないので悪しからず

bf548162.jpg
下の貞洞劇場では『パンソリ』の他にも宮廷音楽としての『国楽』、農業行事に関わる“農楽”や巫女たちのシナウィと呼ばれる“巫楽”と民謡としての“散調”などの『俗楽』も演じている。

いずれも素晴らしいものであった。
34c51ec7.jpg





at 14:30|Permalink

韓国 水原 6

シティーツアーバスは最後にオマケ(私にとって)みたいにKBS(韓国放送)のドラマセンターに連れていってくれた。

ドラマの撮影セットである。
fa8ac68b.jpg
上は昭和初期だろうか、日本の町であった。

下・日本家屋(左)もあったが、朝鮮風民家のような屋根の家もあり、場所を想定するのが難しかった。
e61309a4.jpg
下は、大正から昭和初期にかけての日本の町だろうか。

チンチン電車のレールが敷かれていた。
26f9cb5e.jpg
撮影セットであるからホンマモンの大きさでは無いし、内部に造作が施されているものもあったが、大半は表部分だけ。

しかし、韓国でドラマ制作を行う場合、李朝時代や戦後・現代モノはともかく、明治以来1945年までの間を舞台とするドラマには必ず日本の情景を表すセットが必要になるのだということをココに来て再発見した次第。

ともあれ楽しいツアーを終了してマーサと共に記念撮影を観光案内所のお嬢さんにお願いした。(この写真は秘密)

お腹が空いたので水原駅の上へ食事をとりに上がってみた。

日本のデパートの食堂街のように何軒ものレストランがあったが、私は下の写真の店に。
42ea7c54.jpg
昼時をやや過ぎてはいたものの、客の多いこと。

客席が多く広いレストランであったが、ほとんどが女性。

たまたま空いていた4人がけの席に1人で座らせてもらった。

フロアースタッフとして女性6人で切り盛りしていたが、残念ながら日本語も英語も全く通じず、仕方なく簡単な韓国語で、

「ネー オモニ メニュバン ジュセヨ」

メニューを持ってきてもらって見るもハングルが分からない。

「イルボンヌ メニユー イッソヨ」

日本語のメニューも無い。

仕方なく近くでワイワイ賑やかにしゃべりながら食事しているご婦人がたのテーブルを見回し、そして、幾つかはメニューに出ている写真を参考にしながらメニューの写真を指差し

「イゴ ジュセヨ」「イゴ」と・・・
881e0aaf.jpg
出てきたのが上の写真のような料理。

注文したのは右上の鶏肉と野菜の料理、右側の赤飯のようなもの、それにビールだけであった。

しかし韓国のレストランは必ずその店のキムチや和え物など、ちょっとした『おかず』を別に出してくれるので盛り沢山なものになってしまった。

店が別途に提供してくれる『おかず』が何種類で、どれだけの量なのか、これは其々の店によって異なるので予想がつかない。

昼間っからビール2本を空けて満腹状態。

ビールを飲まずとも常に満腹状態にはあるのだが・・・


at 11:42|Permalink

韓国 水原 5

私は『華城行宮』を訪れて朝鮮王宮の建物について細部の様子を知ることができた。

どうも見つめられるとドギマギしてしまって何も言えなくなりそうだが、韓国では人気の高い女優さんである。
e3c38488.jpg

『大長吟』(デ・チャングム)

日本では『チャングムの誓い』というテーマで放映されているドラマの主人公だそうな。

このドラマの撮影が、この『華城行宮』で行われたとのこと。

しかし、残念ながら私はこのドラマを見たことがない。

ガイド嬢・マーサに言われるまでもなく綺麗な人だと思う。

君だって綺麗だよ。

ほほほ、私なんて・・・

いやいや、君は知性があるし、それに美人だ。

なかなかお口がお上手ですこと。

君のご主人は美人の奥様だから、さぞかし喜んでいるだろう。

あら、いやだ。私は独身なのよ。

えっ、本当かい。それは失礼した。

いいえ、いいんですよ。

何と、韓国の男どもの目は腐っているのかな。

韓国人の母子3人は英語を理解しないので、マーサと私は冗談を交えた会話を楽しみながらツアーを続けることができた。

下の写真は、左が『東北空心敦』で、右側が『東北弩台』。

華城は広く、市内幹線道路も華城の中を通っているのである。
f6da0c98.jpg
下の写真は『東将台』から『蒼龍門』を眺めたものだが、防塁と擁壁は延々と続いている。
1dc13ebe.jpg






at 10:43|Permalink
記事検索
月別アーカイブ