March 12, 2007

飯塚・嘉穂劇場

長崎街道について書いていたので話題が小倉へ飛んでしまったが、飯塚と炭鉱に関わって忘れられないモノがあった。

嘉穂劇場である。
3137a8ed.jpg
『嘉穂劇場』は大正11年(1922年)に『中座』として開場した古い劇場である。

しかし、昭和3年(1928年)に全焼、再建後の昭和5年(1930年)には台風により倒壊、翌6年(1931年)に落成して現在に至るが、平成15年(2003年)には九州地方を襲った豪雨により甚大なる被害を受け、その存続が危ぶまれたが、修復作業を終え、全国座長大会を始めとする数多くの興行により立ち直り、平成18年(2005年)には国の登録有形文化財になっている。

玄関は大きいガラス張りの戸で、興行演目や出演者などを描いたポスターが貼られ、懐かしい昔の演劇場そのものの風情である。
983c7bfc.jpg
写真でも分かる通り木造2階建ての入母屋造りで、客席は1階と2階に桝席と桟敷席があり、750人~1200人を収容できる大きい劇場である。
6b88a51b.jpg
石炭産業が華やかで筑豊地方が活気で溢れていた大正から戦前の間、飯塚には『中座(嘉穂劇場)』のほか、『栄座』『第二大吉座』『新世界座』『交友座』『真富座』があり、田川には7軒、嘉穂郡には6軒も芝居小屋があったらしい。(近大九州・桑原調査、S48)
4b5f5107.jpg
上の写真は舞台より客席を眺めたものであるが、本花道と仮花道の2本があり、回り舞台を擁する堂々たる劇場である。

回り舞台は、この舞台の下、つまり『奈落』において、下の写真の右端手前に上から下へ延びる丸太(もっこ棒)を人が肩で円周に沿って押して回すのである。

fde8657b.jpg
何人がかりで押し回すのか聞き漏らしたが、丸太(もっこ棒)が何本もあったし、直径15.8mの円形舞台を回すのだから、少なくとも数人がかりになるのだろうと推測できる。

この嘉穂劇場を存続させるということでは、興行を通して多くの芸能人がこの舞台に上がっている。

演劇関係では九州を本拠地とする座以外に、18代目・中村勘三郎、勘九郎らの歌舞伎一門、茂山千之丞らの狂言一門、梅沢武生劇団と梅沢富美男、落語では六代目・柳家小さんら、劇団民芸や俳優では長門裕之、南田洋子、中村玉緒、津川雅彦、西田敏彦ら、歌手では森進一、水前寺清子、五木ひろし、八代亜紀、細川たかし、橋・舟木・西郷の御三家など、その他、大林宣彦、田原総一郎、玉置 宏など、著名な者達が名前を連ねている。


at 11:26|Permalink

March 11, 2007

北九州

筑前六宿と言われた長崎街道に於ける宿場町であるが、往時の雰囲気を伝えるものは私が巡った範囲では無かった。

北九州市黒崎には若干の松並木が残っているようだが、今回は黒崎を通過して小倉に向かった。

私が、国鉄時代の小倉駅に初めて降り立ったのは昭和37年のことであった。

民衆駅として開業して程無い頃で、駅前には小倉祇園太鼓の銅像があった。

今回、JR小倉駅に降り立って全くの変貌ぶりに驚いてしまった。

かつての駅は無く、駅舎が高層化し、モノレールまでが駅舎内に入ってきていたのである。
94d58bfc.jpg
小倉駅からは平和通(写真を撮影している位置)に入って直ぐに右折。

商店街の続く魚町、京町を過ぎると紫川があり、そこに架かる橋が『常盤橋』である。

長崎街道の起点で、朝日新聞社、NHK、北九州芸術劇場などが建ち並ぶリバーウォーク北九州の裏側に小倉城が位置する。

新幹線の車窓からは何度も見てきたのだが、お城の周辺も随分変わってしまった。

40年も経てば変わって当然、まして長崎街道は江戸時代のこと。

明治が1868年だから実に140年も以前、橋も変わるし高層ビルも建つ。

小倉城は細川が築き、後に小笠原と城主を交替した。

小倉は西へ唐津街道が延び、黒田が支配する福岡藩、有馬の久留米藩につながり、東南へは中津街道で中津藩、臼杵藩の稲葉、竹田の岡藩の中川へと、南西へは長崎街道を通じて肥前・鍋島、彼杵・大村へと続く九州北端の要衝の地であった。

中津藩の奥平は譜代大名であるが、大藩の福岡・黒田、肥後・細川、薩摩・島津、日向の秋月や伊藤なども、殆どが外様大名であり、江戸幕府としては九州の抑えとして、その要に小倉を位置づけていたに違いない。

そのような小倉であるが、城内には松本清張記念館ができ、森鴎外の旧居も保存されて様子が一変してしまった。

岩下俊作の小説『富島松五郎伝』の主人公・松五郎こと無法松が打ち鳴らしていたのが小倉祇園太鼓であるが、機会を見つけて聴きに行きたいものである。


at 15:05|Permalink

March 04, 2007

飯塚 続き

現在、博多~桂川~直方~黒崎の区間を『福北ゆたか線』と呼び、九州旅客鉄道が電車を走らせている。

福北ゆたか線』というのが、どういう意味なのかイマイチ“ビン”と来るものが無かった。

博多駅~吉塚駅間は鹿児島本線だが、車窓に見える景色も都会を走っているという感じであるが、吉塚駅~桂川駅間の篠栗線沿線は田んぼ、畑に山の中というように田舎であり、桂川駅~折尾駅間は筑豊本線だが、駅の周辺は町の感じがあるものの、少し離れれば田んぼに畑が目に付く車窓の風景である。

折尾駅~黒崎駅は鹿児島本線であり、黒崎は北九州市になるので、近付くに連れて都会であることを感じ始める景色である。

黒崎駅から八幡駅を過ぎると右手に『スペースワールド』(テーマパーク)が見え、列車は戸畑駅に向かう。

福北ゆたか線』と名付けられた鉄道線ではあるが、あまり豊かであると感じられない所(私の主観ゆえご容赦を)を列車が走るものだから、何が豊かなのか、豊かになることを願ってのことかと、いろいろと想像してみたのである。

これは後に分かったことなのだが、『福北ゆたか線』の“福”は福岡、“北”は北九州、“ゆたか”は筑豊の“豊”を意味しているらしい。

別に名前など何でもカマワンが、説明を受けねば分からんような名前はどんなもんじゃろか。

ともあれ私は飯塚駅で降りたのだが、隣の新飯塚駅の方に行政などの機関が集中しており、飯塚市の中心といった感じであった。

『山を閉じたのは国の石炭政策にも原因があったのだが、活気に溢れていた飯塚の町は石炭産業に代わるものも無く、人口は激減、当然税収も落ち込み、往時の面影は見るべくもないと、年老いたタクシー運転手が語っていた。
4e77beec.jpg
上の写真は、僅かに残る『炭鉱住宅』である。

40年以上昔には、こうした『炭鉱住宅』の長屋が何棟も建ち並んでいたそうだが、取り壊されたり、建て替えられたりで、昔の『炭鉱住宅』の一部が所々に残っているだけだとか。

下の写真は、石炭の積み込み場跡の一部分。
e1b3ee0f.jpg
選別された石炭がトロッコによって運んでこられ(中段位の場所)、下に停車している石炭運搬貨車にトロッコから積み替えられた場所。

国鉄の貨車が道路の高さのレール上に待機しており、石炭が満載されると汽車が引っ張っていった。

下の写真の道路は、石炭運搬の貨車が走っていたレールのあった場所。
e95410eb.jpg

3a9d748d.jpg
上の写真は、レンガ造りの『巻き上げ機』。

奥の方にもある。

地下の坑道の掘削場所まで炭鉱夫を送り込んだり、引き上げたり、また石炭の運び出しのためにも用いていた。

筑豊炭田は遠賀川流域の平地や山間部で採炭されていたが、平地の地下深い所の鉱脈へ行く坑道として垂直坑が多かったらしい。


石炭産業に関わるモノ(産業遺産)がほとんど残っていない飯塚市であるが、この『巻き上げ機』は保存するという話があるらしい。


ボタ山』はあるが、飯塚市と石炭産業は切っても切れない関係にあり、町の盛衰に重要な関わりがあったのが石炭産業である。

つまり飯塚市の市史を語る場合、石炭産業を語ることでもあるくらいに深いつながりがあるのである。

日本の近代化を背負ってきた筑豊炭田の中心・飯塚市。

この飯塚市に石炭産業を物語る有形遺産が『ボタ山』だけというのもお粗末なことである。

せめて現存する『巻き上げ機』ぐらいは市の力で保存しても良いと思うのだが・・・。

ともすれば、観光遺産、観光資源などと言い、それがどれだけの税収につながるかなどと金銭的価値で推し量ろうとする輩が我が国には多いが、『文化や伝統を尊び郷土を愛する』などとツマラン政府や自眠党も掛け声大きく唸っているのだから、無形の精神的価値でもって保存を決定するくらいにはなって欲しいものだ。


at 16:33|Permalink
記事検索
月別アーカイブ