February 14, 2007

『鹿島』 1

そもそも『鹿島』が何処にあるのか。

前に少しだけ触れて横道に入ってしまったものだから、今一度。

下の地図は広島市から南東に位置する呉市と芸予諸島一帯を表示している。
しかし、小さい島(無人島)は縮尺の関係で表示されていない。
県境表示線で分かるように、写真が切れた辺りに愛媛県の今治や松山が位置する。
54312acb.jpg

鹿島』は、地図中央の下部、愛媛県との境に近い所に位置する南北の距離が約4kmの小島であり、昭和41年(1966年)当時、行政的には広島県に属していたが、島民にとっての足がポンポン船のような船であったため、生活圏としては四国・愛媛県の松山市の方が近いと言えた。

その頃、山陽本線は複線電化を終えてはいたが、呉へ行くための国鉄(JR)は呉線を利用して広島から呉に向かうのと、尾道の西、三原から竹原・仁方を通って呉に行く2つのルートしか無かった。

勿論、汽車であり、鈍行(どんこう)の2等車である。

汽車については前ページで少し触れておいたが、鈍行というのは各駅停車の普通列車のことであり、2等車というのは現在の普通客車のことで、昭和35年(1960年)以前は3等車と呼ばれていた。

現在のJRは新幹線と在来線に2分され、昭和44年(1969年)の等級変更以降、それぞれグリーン車と普通車に区分されているが、シートはいずれもクッションが良く、長距離・長時間乗車でも尻が痛くなることは少ない。

私の記憶に基づいて書けば、初めて広島から山口を訪れた時の客車のシートは4人掛けで背中の部分は板のまま、座る部分は板の上に青色だったか、緑色だったかの厚手の布で覆い、その中に木屑を詰め込んだもので、2人分の座席の板を外せるようになっていた。

鹿島』へ行った時の山陽本線の列車も、呉線の列車もシートの尻の部分は同じであったように思うが、この時は、背中の部分にも厚手の布の薄いクッションが貼り付けてあったように思う。

もう少しだけ横道へ・・・

昔、私が子どもの頃、新幹線が開通する遥か以前に、東京・神戸間を『特急・つばめ』が走り、その後、『特急・はと』も走ってたが、確か所要が8時間程度やったと・・・。

この特急の最後尾の客車が展望車であり、座席の配置も一般客車とは異なる広々とゆったりしたもので、その展望車の最後尾がオープンデッキになっていて、列車が走行中も客はデッキに出て、走る過ぎる景色を眺めることが出来た。

これが1等車で、食堂車も1等のものがあった。

子ども心に何だか夢を見るような気持ちで、大阪駅に停車する特急を見てたことを思い出す。

しかし、街道としての東海道は東京・京都間、国鉄の東海道本線は東京・神戸間、国道1号線は東京・大阪間。

何やケッタイやなあって、子どもの頃に感じてた疑問を思い出してしもうた。

次回はホンマに『鹿島』の話題に戻ることにする。



at 07:44|Permalink

February 13, 2007

広島の話題に戻る 鹿島 3

話題を戻して『鹿島』へと思いつつ・・・

どうも横道が多いようで・・・

いろいろ思い返してみますと、私の話が横道へ逸れるのは、どうも師匠のクセが身に付いてしまったようで。

と言うのも、高等学校を卒業するまでは品行方正??の至ってカタブツであったゆえ、多分、それ以降、師の薫陶を受け・・・なーーんて、ウソかマコトか。

私が初めて広島まで行ったのは昭和33年(1958年)、当時、大陸から引き上げてきて山口県阿武郡で石灰岩採掘の事業を行っていた叔父の家を訪問した時であった。

山陽本線が未だ電化されていなかった頃であり、シュッポシュッポと黒い煙をはく蒸気機関車に牽引される3等客車に乗っての旅であった。

大阪・広島間がどれくらいかかったものか。

朝早くに出発して、夕方頃に広島に着いたように思うが、はっきりした記憶はない。

原爆が落とされてから13年目の夏であった。

記憶に残っている1番は、広島駅に着いて、プラットホームにあった洗面所で上半身裸になって、頭から水をかぶるようにして体を洗った事である。

現代のように空調設備のある電車では無く、真夏のことだから窓を開けていなければ客車内は蒸し風呂状態になる。ところが、牽引する機関車は石炭を燃やしてボイラーの湯を沸かし、その圧力を動力に交換して走る汽車だから、機関車が吐き出す黒い煙は煤(すす)だらけ。

先頭を走る機関車が煙をはくものだから、後に続く客車の窓からは風と一緒に真っ黒な煤の粒が飛び込んでくる。

列車がトンネルに入ろうものなら、煤どころではなく、窓を開けていたならスゴイ煙で車内は霧がかかったように真っ白になるし、何より呼吸することが困難でゴホンゴホンと咳き込み、それはもうヒドイ状態になったものである。

原爆投下直後には、広島は50年間は緑も戻らないだろうと言われていたが、私が広島に立ち寄った時には小さな木が平和記念公園で緑の葉を茂らせていた。

しかし、街中で、確か或る新聞社の建物だったように思うのだが、辛うじて高熱にも爆風にも耐えた石造りの建物の入口の石段に、原爆が爆発した際に発する一瞬の光熱のために、その時、そこにいた人の影が石に焼き付けられている黒い翳りを見たこと、これも強烈な記憶として今も脳裏に残っている。

私が昭和41年(1966年)の5月に広島県の『鹿島』に行った頃は、もう山陽本線も電化されており、それまでの鉄道の旅に比べると雲泥の差であった。

いよいよ本題の『鹿島』にかかろう。


at 17:27|Permalink

広島の話題に戻る 鹿島 2

呉について、近・現代史は日本海軍を抜きには語れない

現在、江田島には海上自衛隊第一術科学校や幹部候補生学校などがあり(いずれ別途に紹介するつもり)、対岸となる呉港には大小さまざまな民間船舶も停泊するが、海上自衛隊呉総監部の赤煉瓦の建物のある港の一角は長く頑丈な塀で囲われており仔細に内側を見ることが出来ない。
d658e79f.jpg

しかし、上部に鉄条網を張り巡らせた高い金網フェンスで護られた『潜水艦桟橋』の門のあたりから突堤の方向を見ると、船体をグレーに塗った大きい自衛艦や黒色か黒っぽい色の長い船体上部を海上に出した潜水艦が係留されている様子を眺める事ができた。

長く張り巡らされたフェンスに沿って歩いて行くと

UNITED STATES FORCES JAPAN FACILTY
UNAUTHORIZED ENTRY PROHIBITED
AND
PUNISHABLE BY JAPANESE LAW
アメリカ合衆国軍の施設なのである。
許可なく立ち入りを禁ず
日本の法律により罰する

同じ看板は沖縄でも見た。

確か呉にもアメリカ軍の弾薬庫があったはず・・・

戦前は日本海軍と、戦後は自衛隊とアメリカ軍抜きには語れない呉。


平成17年(2005年)4月に呉市は4階建て3層構造の呉市海事歴史科学館を開館した。
c0f67dbb.jpg
この施設への便は、広島駅からJR呉線で呉駅まで移動しなければならない面倒さはあるものの、呉駅から施設までは陸橋状の自由通路という連絡路があって至極便利になっていて、施設の海側には『大和波止場』があり、『戦艦・大和』の大きさを実感できるようにと大和の左舷部だけだが甲板を模したものが造られている。

展示の1階と2階部分の中央、吹き抜け状の場所に『戦艦・大和の10分の1』模型が設置され観覧者が船底の周囲を巡ってみたり、2階の回廊状の場所から見下ろすことが出来るようにもなっていて『大和ひろば』と名付けられていた。

afa323d1.jpg
この1・2階のフロアーには、中央の大和の模型を挟んで『呉の歴史展示室』と『大型資料展示室』が向き合うようにセッティングされている。

呉の歴史展示室』では、歴史と言っても大和の乗組員の遺影や遺書、その他の写真で若干の展示説明をしているだけであり、『戦艦・金剛』の大きい実物ボイラーや、『戦艦・大和』の製造に関する技術面での説明や部品などの展示が圧倒的に多く、『現在の呉』についても少しだけ触れている程度である。

大型資料展示室』には『人間魚雷・回天』『特殊潜航艇・海龍』『零式艦上戦闘機』の実物や大和の『主砲弾』など各種の『砲弾』が展示されている。

3階は展示室として『船を造る技術』『未来へ』の二つがあり、子ども達が科学技術の原理を体験的に学ぶための機具が設置してあったり、宇宙戦艦・ヤマトの模型や、松本零士氏の世界の展示やミニ・シアターが設けられている。

4階は会議室・研修室・資料室・書庫・市民ギャラリーとなっており、一般観覧者には用が無いフロアーである。

冒頭でも書いたが、呉に関する近・現代史を語るには海軍を抜きにしては語れないものなのであろう。

この『呉市海事歴史科学館』の展示を見る限り、展示の中心は『戦艦・大和』であり、この施設のパンフレットの表題も『大和ミュージアム』と大きく表示している。

昭和16年12月に呉海軍工廠で建造され、昭和20年4月に沈没した『戦艦・大和』の寿命・僅か3年半ばかり。


この科学館の名称と展示内容の比重を考えた場合、呉市における『海事歴史』というのは『大和に始まり大和に終わった』感が強い。

科学館の館長なのか、市の企画部なのか商工観光部か、はたまた教育委員会なのか、所管は知らないけれど、「子ども達に、呉市や我が国の歴史と平和の大切さを認識してもらい、科学技術の素晴らしさを伝え、未来に夢と希望を抱いてほしい」という目的を持って設立されたらしいが、呉や日本の歴史と言うには余りにも稚拙で、科学技術という面で大型タンカーに関する映像を含む展示もあったが、大部分が戦艦・大和や大和に関わる技術の羅列であり、それらは全て戦争の道具に関わるもので埋められていた感じが強く、とても平和の大切さを認識してもらうというような展示構成では無かったように思う。

事実、来館していた大人達、子ども達からは、「大和は凄いなあ」「カッコいいなあ」と、戦艦・大和の威容に対する感嘆の声ばかりが多く聞こえていた。
e30609f7.jpg
このような声は、私が前段で訪れた尾道・向島の造船所のロケ・セット、映画男達の大和』での撮影の為に作成された戦艦・大和の展示場を訪れた時と同じであった。
7b3fb71b.jpg
勿論、科学館における展示物の1点1点には企画・運営の立場にある人達の気持ちや願いを読み取れないこともない。

しかし、科学館全体の展示構成の状態から平和の大切さを学べと言っても、多分、私でなくとも難しいであろうと思う。

呉らしい」「呉にしかできない博物館を目指しておられるようだが、結局のところ、『呉らしいのは戦艦・大和』であり、『呉にしかできないのは戦艦・大和の展示』以外には無かったということなのだろうか。

いささかお粗末な博物館に500円も払い、その上、往復の交通費まで。

at 09:33|Permalink
記事検索
月別アーカイブ