May 01, 2006

韓国2

今回はガイドも無く、全く一人の外国人としてプサンの町を巡りました。

どこへ行ってもハングル文字ばかりで正直なところ困りました。

しかし、貧すれば鈍すと申しますが、確かに頭の働きは鈍く、さもしくもなりましたが、逆に何とかしてやろうという欲求が強くなり、恥じらいもなく何事にもブチ当たって行くことができました。

相手も言葉のワカラン奴が一生懸命しゃべっとるから手助けしてやろうという気になったんでっしゃろなあ。

結構、私の思うように事が運びました。

若い人たちの多くは英語を解し、道を尋ねてもきちんと応対してくれはりました。

プサンでは国際市場を行ったり来たり、ジャガルチ市場で海鮮専門に飲み食いしてました。
bb6b6396.jpg
ジャガルチ市場は東の方に乾物の商店が集まっており、西の方に海鮮物の店が集まっています。

店先に魚を並べてるところもあるけど、大きい建物の中に沢山の水槽を備えた店が何軒も入ってるとこもあります。

先ず、魚介類の鮮度がええこと。

そして安い。

それらの品物を買ったら、2階か3階の座敷で料理して食べさせてくれます。

下の写真は第1日目の注文。
3b93f3e6.jpg
随分食べ進んで、気が付いて写真撮影。

アワビ、これは結構厚みもあって大きい(1人分としては)ものでした。

勿論刺身。韓国語でも刺身はサシミ。

それにナックチ、済州島あたりで獲れる手長ダコやが、よく洗ってブツ切りにして胡麻油に唐辛子を加えたもので食べます。

吸盤が吸い付く感触と、生ダコの食感がタマラン。

今からが旬です。

旬と言えば、ホヤ。

天然ものですが、身が小さくて薄く、これはちょっと・・・・・。

ホヤは日本の三陸産のが最高に美味しいです。

写真には入り切らんかったけど、韓国のレストランではどこでも頼んだ品物とは別に、その店ごとに小鉢物を出します。

キムチは必ず、それも白菜、大根、キュウリ、もやし。水キムチもあります。

その他、雑魚煮とか豆煮など、ゴマの葉やサンチュ、ニンジン、青唐辛子に赤唐辛子なんかも出てきます。

これだけでもお腹には入り切りません。

私はマックォリ(ドブロク)やソジュ(焼酎)を飲みます。

焼酎は真露(JINRO)か C-1を。

最近、屋台や一般の食堂ではC-1がよく売れていました。

このときの品物が3000円。上で調理をしてもらって焼酎を2本飲んで1000円。

併せて4000円を高いと考えるか安いと考えるか。

私は大満足しましたが・・・
6cb7ef09.jpg

夜遅くなって済州家でアワビ粥を食べました。
1ca737fe.jpg
これでグッスリ眠ることができました。

満足、満足。

明日はプサンの中心街ソミョン(西面)へ。



at 10:27|Permalink

韓国 プサン

博多湾。

博多滞在中は連日凄い風が吹いてました。

それでも目の前の海を見てると、やっぱり渡りとうなりましてな。

2時間55分。

高速船ビートルに乗ったら直ぐにプサン港ですから。

思いが募って、土曜日乗船と決めたら朝から雨でした。

先日、クジラと衝突事故があったということでしたんで、多少減速走行してたけど、ほぼ3時間でプサンに着きました。

以前にもプサンへは行っているのですが、慶州の寺院仏跡その他の史跡を中心に巡っていますので、都市としてのプサンをゆっくり巡るということはなかったのです。

今回ツーリストで取ってもらったホテルはBUSAN HOTEL(釜山観光ホテル)。


ホテルの場所は竜頭山公園の直ぐ麓で、国際市場、ジャがルチ市場にも歩いて行ける距離にありました。

地下鉄・南浦洞駅に近くて便利な立地条件を備えていますが、同じプサンのコモドホテル、西面のロッテホテル、海雲台のマリオットホテルなどとは比べ物にはなりません。

部屋が少し広め、ベッドはダブルではありましたが、浴室ユニットは狭く、日本のビジネスホテルよりもやや広いという程度。

洗面台は狭く、固形石鹸とクシのみ、バスローブ無し、ミニバー無しと殺風景なものでした。

それでも1泊15000円ですから、日本よりも高いのではないかと考えます。

2b943253.jpg

竜頭山公園の釜山タワー展望塔と李舜臣将軍像。
3ff37a3c.jpg

ジャガルチ市場(白い屋根)と国際市場あたり(右手手前)
6f2fc3ab.jpg
プサン港
白い船は停泊中の関釜フェリー(国際旅客ターミナル・・・ビートルも接岸する)

左手の茶色のビルがBUSAN HOTEL(多分)

李舜臣将軍像は韓国国内のいろんな所に建てられています。

彼は豊臣秀吉の朝鮮侵略(文禄の役・慶長の役)の際、水軍を率いて加藤や九鬼らの軍を打ち破って対馬海峡の制海権を得、日本軍の補給路を断つことにより朝鮮を勝利に導いた英雄として韓国民より崇められています。

そのためか、いずれのも、彼の像は日本を向いて立っています。






at 08:19|Permalink

ありがとうございました

Y君、ありがとうございました。

発信者のプロバイダーだけでなく、IPアドレスから所在地まで特定できるとは知りませんでした。

お話した通り女将は体調を崩していた模様。

紅色の花水木の花と共に復帰されました。

先ずは、ひと安心。

6dbf6b41.jpg

魚市場の高灯篭、知っていましたか?

『司』から南へ歩いた先にあります。

高灯篭の左手がキャナルシティーのハイアット。

突風にもめげずに、しっかり立っていました。

銀はYちゃんが辞めたけど他はみんな元気。

Enaのママ、Boの絵ママ、CoのKママ、EvのMママもNも花のAも、みんなみんな元気でした~。

今回、T子は呼び出さんかった。家庭事情もろもろ。
 
6890ef6b.jpg

安さんの新しいお店。
3369e905.jpg

ご覧の通り、頑張ってはります。

本人も「頑張ります。」と言ってましたが、横顔を見ると老けたなあって感じや。

笑顔は可愛いがなあ。

と言うわけで、いつも通り船長と・・・・・・・・。

それに、大将、T君、S君、今回はT君の親友M君も入ったが・・・・

例によって朝方まで。

朋あり、遠方より来たる、亦楽しからずや


彼ら、ホンマ、エエ、ヤッチャでえ。

T君のP同好会メンバーとの件、それに×イチ子連れとの件、S君のI子に対する煮えきらん態度と、今回は叱り付けてやりました。

しかし、H君は?Y君も未だでしょなーんて、ちょいと足首辺りに噛み付いてきよりましたがな。

ははは、どないすんねん。


at 07:06|Permalink
記事検索
月別アーカイブ