April 30, 2006

広島にて3

私は海産物が好きであるということもあるのだが、通う店はどうしても和風の割烹料理屋が多くなる。

今回も訪れたが、流川の『割烹・白鷹』。

少々値が張るものの板前の腕は立派なものである。

ご主人は一線を退き?酒の接待と会計専門。

べっぴんの女将がお運び。

板前は二人で賄っているが、息子のY氏がどんどん腕を上げている。

丁度、山菜の時期で美味しいものに巡りあうことができた。

いつも無理を言うのは『割烹・通』。

主人も女将も、すこぶるええ人物である。

ラ・ポール』に『火の鳥』。

広島でも祝ってもろうた。

有難いことだと思う。

次に向かう先は博多



at 16:18|Permalink

広島にて3

後輩の大ちゃんと会ったのは、彼が仕事を終えての午後7時30分。

彼と最初に行く店は決まっている。

新天地の居酒屋『どんどん』。

このチェーン店のオーナーが、倉橋島南端の鹿老渡から更に先の鹿島(現在は橋が架かっている)の出身。
4級下の大ちゃんは倉橋島の出身。
私は学生時代、ある調査のために10日ばかり鹿島に滞在したことがあった。
どんどん』の調理長K氏が鹿島、同じく板前のT氏が倉橋島倉橋島、それにオーナーの息子T君がいる。

いずれもが鹿島に何らかの関わりを持っている。


私としては懐かしい思いをもって訪れている。

私が学生の頃、大阪・広島間が急行列車で8時間かかった。
までが2時間ぐらいかかったように思う。
そのから倉橋島の南の端の室尾という集落まで4時間ちょっとかかったと記憶しているが、そのバスたるや、1日に4本しか無かった
室尾鹿島の間はポンポン船で20分ほどの距離なのだが、朝夕の通学用のために2往復しか便が無かった。

将に僻地だったのである。

若い息子T君も調理がうまくなってきた。

9d6cc1b9.jpg

今が旬の瀬戸内のサヨリの刺身である。

いつも調理長K氏に料理はお願いしている。

鹿島周辺で獲れた魚を調理してくれるので、新鮮で美味しくもあるし、私としては懐かしい鹿島の魚という思いもプラスされるのである。

刺身、焼き物、揚げ物、酢の物、魚は勿論のこと、貝類、海草、野菜、その他の食材と何でもできる。

at 15:32|Permalink

広島にて2

何日も何日も滞在できるわけではないので、自ずと訪れる店は決まってしまう。

昼間に先輩や友人に会う。

後輩たちは勤務中なので訪問したりはしない。

先輩の一人は、宮島・厳島神社での能楽会で張り切りすぎたとか。

体調を崩して寝込んでおられた。

歳も歳なんだから大事にと、無理はいかん。

散歩に出かけた広島城。

c2d6bdbb.jpg

新緑に変わろうとする樹木の中で桜吹雪が舞っていた。

散る桜 残る桜も 散る桜

はかなき思いを抱きながら場内を巡ると木陰に椿の赤い花。

ふと見ると、場内の護国神社の向こうにリーガロイヤル広島の建物。

84ec03c0.jpg
鳥の囀りを聞きながら天守閣の下を堀に沿って回って行くと黒一色、白一色に塗装した大型バス。

胴体に日章旗や旭日旗が描かれているから右翼の街宣車と直ぐに分かった。

大型バスの運転席だけがガラス窓、他の窓は全て鉄板で封じられて塗装が施されている。

何とも気色悪い奇怪な車が何台も駐車していた。

日の丸に旭日旗、迷彩色と街宣車、右翼政治結社の者たち、参拝を終えたのか、竹島に関する対韓国抗議集会を終えたのか、街宣車に分乗して城外へ。

公安と、それと分かる連中がお守をし、制服警官が「どうぞ、どうぞ」と交通整理。

政治結社と言うものの、私にはヤクザ(暴力団員)と同じように見えるけど・・・。

暴対法施行前、暴力団が代紋下ろして競うように政治結社の看板を掲げたことがあった。

穏やかな春の日の広島城に、何ともそぐわぬ集団と遭遇したもんや。

が、侵略や何やら言うて日本を攻撃してる韓国が、李承晩ラインというアメリカの傀儡政権の大統領が決めた韓国側の侵略ラインをもって竹島を自国の領土やと騒ぎまくっておるんは、これも何ともケッタイなもんですなあ。

それをほったらかしにしてきた歴代の自民党政府も今更何ということでしょう。


at 14:21|Permalink
記事検索
月別アーカイブ