April 23, 2018

揚げ物(1)

もう何十年も天ぷらを揚げなかった家内が天ぷらを揚げてくれた。
2018-04-02_093500
揚げ物と言って私が一番に思い出すのは公設市場入り口に店を構える肉屋が揚げていたコロッケだ。
今思えばただのコロッケだったのだが、ラードとヘッドで揚げる香ばしい洋食の揚げ物は家庭で作るのが難しかったので大変なご馳走と思っていたのだ。
s-犬ライン-2
母はいろんな料理を作ってくれたが、揚げ物として私の記憶に残っているのは小アジの南蛮漬で天ぷらの記憶は薄い。家族が少ない我が家の場合、天ぷらが欲しい時には惣菜屋で買ってくるのが手っ取り早く安上がりだったのかも。
s-2018-04-21_110821今思えば、子どもの頃は小骨のある魚、酢の物、冷たい料理といったものが嫌いだった私ゆえに南蛮漬けの記憶が特別強く残っているのかもしれない。
高校時代には通天閣下のジャンジャン横丁で Nや Mと学校帰りによく串カツを食べた。当時は串カツ1本が6円。キャベツはタダだったので腹の虫のエサに串カツ以上に食べたような・・・
2018-04-02_095046
そのほか揚げ物としては天ぷらうどんを食べた。と言っても専門店が出す立派な素材を使った高価な天ぷらではなく、天ぷらの衣だけを寄せて円盤状に揚げたような超安物の天ぷらだ。しかし、この天ぷらがうどんの出し汁にとろけることで汁とうどんが特級の味わいに変化したのものだった。
素うどんに天かすを載せたものを大阪ではハイカラうどんと言うが、味わいとしては良く似ている。
s-紫色線-1
揚げ物としては和の天ぷらも洋のビフカツやトンカツ、コロッケも好きではあったが、学生にとってはビーフやポークは贅沢な品でいつも口に出来るものではなかった。
     《 以下揚げ物(2)に続く 》
s-2018-04-14_072135


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             



masatukamoto at 11:11|PermalinkComments(0)

April 20, 2018

静 ➡ 騒

ひとり留守番をする日は減ったが、日々私の過ごし方に大きい変化はない。
内転筋に炎症を起こしたため回復傾向にあった歩くという動きが出来ずに情けない思いをし続けてきた。それが近頃漸く痛みが和らいできたので喜んでいるところだ。s-2018-04-15_125539
家内が出かける日、つまり私が留守番をする日の昼食はモノは変われど湯沸しポットの湯を入れるだけで仕上がるインスタント麺に変わりはない。
音楽を聴き、本を読み、テレビを見たり物書きをしたり、自由にアッチコッチと動き回ることが出来ない身ゆえ出来ることは限られ、日々の過ごし方に変化の起きようがないのだ。
三時になれば柿ピーをつまみにチョコっとやることもあるが、勿論グヴィグヴィやることはない。
s-2018-04-01_152500ワンショットに満たない程度だから多分15~20mlぐらい、かな?
そして頻繁ではないが来訪者が来ればインターコムで応対し、家の電話のベルが鳴ればこれにも応答している。
このような生活を続けているので私の携帯電話機は充電はしているが、ほぼ仮死状態にある。
時々覚醒させるために写真撮影機能を使うのみで、殆ど食卓の上で寝かせている。
たまにブーブーブーと3度呼び出し音が鳴るが、その後またスヤスヤと眠り続ける。
3度音が鳴るのはメール着信の報せだから急ぎ応答することもない。
2018-04-02_100346
と、或る日、メール着信音が何度も何度も。
常に静かな携帯が・・・『静 ➡ 騒』と。
メール内容から『騒』という字は失礼だが、『静』に対する反対の意味を持つ字として使っただけなので誤解無きように。オネガイ。
と、その夜ブーブーブーブーブーブーと携帯電話の着信音が。
慌てて受信ボタンを押して携帯電話を耳に当てると、
s-2018041816340000
Happy birthday to you, Happy birthday
to you,
Happy birthday dear Jiji,
Happy birthday to you.

Y氏からの電話だったので直ぐに K 君の歌声だと分かった。
こんな音なら『騒』でも『喧』でも大歓迎だ。
s-2018-04-14_070811






masatukamoto at 16:30|PermalinkComments(0)

April 18, 2018

集 い《補》

4月10日付の『集い』でジジ&ババの集いについて書いた。
その集いの世話人をもう何年かずうっと T 氏が担ってくれている。これはなかなか出来ることでないことは世話取りをさせて頂いたことがある私にはよく分かる。有難いことだ。
その T 氏が地震の見舞いを兼ねて集い仲間の A 氏も連れて、昨年ネパールを訪れたことを知った。
s-2018-04-18_134910
ネパールを大地震が襲ったのは2015年4月25日。ジジ&ババの集いを開催して20日ばかり後のことだった。甚大な被災の様子や以後の復旧が困難を極めている情報はテレビ報道などで私も知っていた。
T 氏は以前から何度もヒマラヤを訪れており、現地ネパールに親しい友人が多くいるので大変心配だと語っていたのだった。
s-2018-04-18_132314
何年前だったかエベレストのトレッキング程度ならとお誘いを受け、乾季の冬の時期が良いと聞いた記憶もある。
 T 氏に送ってもらった素晴らしい写真を見ながら、今の私には、これから先の私でも山歩きは無理かと・・・
s-2018-03-14_103726


masatukamoto at 16:08|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ