February 03, 2007

昨年末の旅 ? (広島焼)

リーガロイヤル広島』を起点にした時の散歩コース・南側編について書いてきた。

のんびりと散歩すれば2時間程度を過ごすことは出来るので、丁度お昼ぐらいに『本通』『紙屋町』辺りに戻ってくることになる。

旅の楽しみは、あちらこちらと欲張って見て回ることも一つではあるが、比較的狭い地域をじっくり時間をかけて見るのも楽しいものである。

もっとも現職にあった頃は、そのような余裕は無かったが・・・。

それと、訪れた土地によって珍しい特産、名産と呼ばれる食べ物があるので、それらをいただくことも旅の楽しみの一つであろう。

広島と言えば、『お好み焼き(広島焼)』に瀬戸内の海産物となる。

流川』や『薬研堀』には瀬戸内海の海産物を食べさせる素敵な店が多い。

しかし、ほとんどの店が夕刻の開店なので、それらは夜の楽しみに取っておきたい。

昼間は本通』近辺、『袋町』や『立町』『八丁堀』あたりのお店がランチメニューを求めるサラリーマンらで賑わう。

安く済ませるなら、どこの店でもあまり差は無い。

500円から800円程度で定食ランチを食べることができる。

値段も味も店の雰囲気も、そして提供されるメニューにしても全国共通の品物であって、全く差が無いのである。

これでは旅の楽しみの一つを欠くことになる。

いろんな店を訪れたが、このところの私は3種の店を昼食場所に選んでいる。

先ずは『広島焼』の店である。

広島焼』の一般的な特徴は、水で溶いた小麦粉を鉄板上で薄く円形に延ばして、その上にスジ肉、天かす、青ねぎを置き、細かく切ったキャベツ、モヤシを高く盛り、別途に焼いたクレープ状のメリケン粉生地を載せて蒸し焼き状にしたもので、通常のお好み焼きと同様、ドロリとした粘性の高い甘辛いソースを塗って食べるものである。

これに中華ソバやウドンを炒めて入れたり、好みで豚肉、牛肉、海老、イカ、牡蠣、玉子などを入れてもらう場合もある。

私は手っ取り早く食べたいがために『みっちゃん』や『へんくつや』で『ぶた玉モダン・ソバ』、つまり基本的なお好み焼きに豚肉と玉子、それに中華ソバを入れてもらうのである。

時に『ネギ焼』を注文することもあるが、これは刻んだ青ネギを山ほど盛って焼いたもの。

いずれもビールを飲みながら食べるのであるが、お昼にこれを食べるとお腹が重くて、夕食時になっても膨満感が残り、よく食べる私でも苦しく辛いくらいである。

新天地』の『パルコ』南側には『お好み焼き村』と呼ばれるところがあり、鉛筆ビルの中の各階に数軒ずつのお好み焼屋が店を構えている。

このビルの入口隣りには『村長の店』というお好み焼店もある。

いずれの店も観光客と見れば、『ミックス』とか『デラックス』とか、豚肉、海老などを色々混ぜたものを勧めるが、これはあくまでも好みであり、自分の好きなものをオーダーすれば良いのである。

お好み焼1枚が1000円も1200円もするのだから・・・

リーガロイヤル広島』から太田川を越えた『十日町』辺りの住宅街へ行けば、1枚400円~600円程度で食べられるのであるから、繁華街のお好み焼店の価格がかなり高いことは明らか

価格は店の方が設定しているのだから仕方がないが、要は納得できるかどうかである。

同じ『広島焼』であっても、店によって多少の味の違いはある。

が、使用されているソースは『おたふく』、この商品自体は同一の品質・味であるから、納得するかしないかは結局のところ各人の味覚によるということか。

at 07:39|Permalink

February 02, 2007

昨年末の旅 ?

リーガロイヤル広島は、何と言っても立地条件が優れている。

広島市の中心・紙屋町交叉の基町にあり、ホテル北側の直ぐ前に『ひろしま美術館』『広島城』があり、『合同庁舎』などの官庁の他、『縮景園』『県立美術館』も近い。

また、ホテルの西側は『広島市民球場』があるし、南隣りには『そごう百貨店』がある。

そごう百貨店』の南西、わずか数分の所に『原爆ドーム』と『平和記念公園』もある。

広島市内で最も賑やかな『本通』商店街とも地下街でつながり、『お好み焼き村』や、『流川』『薬研堀』などの飲食店街も散歩距離程度であり、雨が降ってもほとんど濡れることもない立地である。

『広島城』から『リーガロイヤル広島』を眺める。
080afbf9.jpg
           『リーガロイヤル広島』から北方向の景色
       手前、緑青色の屋根の建物が『ひろしま美術館
        その向こうが『広島城』 撮影は11月22日
4037937c.jpg

『リーガロイヤル広島』の西南コーナールームからの眺め

南側180度プラスの視界が広がり、瀬戸内海の島々を遠望できる
合成したので写真はイマイチであるが・・・
1f75c7c0.jpg
右下に『広島市民球場』のスタンドの一部が見える。
ナイトゲーム用のライトと左側のビルの間に『原爆ドーム』
木々が茂り、黒っぽく見える所が『平和記念公園』
太田川と元安川(手前)に挟まれている。
遠方の島影は『宮島』である。
c37d404f.jpg
下の写真左下が紙屋町交差点
右手遠方が元安川の河口部と島影は『能美島』
その左、三角状が『似島』
それに続いて左手にのびているのが『江田島』
『呉市』は、その左手に位置する。

9dca161a.jpg
上の写真より更に東方向の景色である。
左手の黒っぽい山影の一番手前が『比治山』
『流川』や『薬研堀』などの飲食店街は、その手前辺り

bbaec9ef.jpg
リーガロイヤル広島』は立地だけでなく、部屋からの眺望も素晴らしいのである。

私の1日を紹介すると、朝、『原爆ドーム』から元安川を渡って『平和記念公園』を散歩する。

元安川に架かる『平和大橋』を渡って『平和大通り』に入り、NHKビルから鯉城通りに入って『袋町』交差を東に歩く。

すると、直ぐのところに『頼山陽の旧家』(復元ではあるが)がビル群に周りを囲まれてひっそりと建っている。

頼 山陽は、江戸後期の陽明学者であり、漢詩人でもあった。
歴史にも造詣深く『日本外史』を著している。
天保の大飢饉の折、民衆救済のために大阪で乱を起こした大塩平八郎も影響を受けたとされている人物である。


この旧家を過ぎたら北へ向きを変えて少し進むと、右手に『袋町小学校』がある。

袋町小学校』の一部が『平和資料館』として公開されている。
爆心地から僅か460メートルの位置にあった『袋町国民学校』の木造校舎は全て一瞬にして倒壊・全焼、多くの人々も犠牲になった。
この時、唯一鉄筋コンクリートの西校舎の外郭部分だけが原形をとどめた。
そのため被爆直後から救護所として利用されたが、当時の被爆者の消息を求める伝言がススで黒くなった壁面に数多く記され、それらが保存・公開されている。

この『袋町』一帯は芸術村とも呼べる地域で、小さなギャラリーや、骨董・小物を扱うシャレた店も多い。

それらの店を覗きながら歩けば直ぐに『本通』の商店街に出る。

見学などしながら、ゆっくり巡れば丁度お昼ぐらいになる。

お昼ごはんをどのように楽しむかは次回に回そう。


at 17:54|Permalink

February 01, 2007

昨年末の旅行 ?

ここ4年間、毎年クリスマスから大晦日にかけて広島から博多へと西国への旅を繰り返している。

年末は恒例となってしまったが、春夏秋冬、それぞれの季節に1乃至2回は同じコースをたどっている。

満室で断られない限り、毎回同じホテルを利用する。

いわば常宿である。

一度、国際学会の開催時期と重なり、仕方なく他のホテルを利用したことがあるが、常宿というのは何かと便利で、満室となっていても、直前予約であっても相当な無理を聞き入れてくれるものである。

私が常宿と定めているのは、広島では『リーガロイヤル広島』、博多では、『ハイヤット・レジデンシャル・スゥイート』である。

幾つものホテルを比べ、立地、部屋の広さ、設備、スタッフの対応など、総合的に評価した結果であり、これまでのところ満足している。

博多へ直行するなら飛行機でも良いのだが、私は沿線の景色も楽しみたいためにJR新幹線を利用することにしている。

気が向いたところでの途中下車が可能であるとの理由からだ。

それと、新幹線では『ひかりレールスター』のオフィスカーの喫煙車、それも座席を1-Aと定め、求めている。

時間的には『のぞみ』が速いのだが、『レールスター』は新大阪・博多間なので、眠りこけていても終着駅の新大阪で乗り過ごす心配がない。

また、『のぞみ』の座席配列が3席・2席の縦列に対して、『レールスター』は2席・2席の縦列配置のために隣席との幅が広く、座席が若干広めに感じられるのである。

これは体型的に横幅の広い私にとって、とても有り難く、嬉しいことなのである。

欧米の鉄道は座席が広くゆったりしているが、日本の鉄道は国鉄以来狭っ苦しい。

日本の鉄道が狭軌道であり、これまでの日本人の体躯が欧米人に比べて一般的に小柄であったことも理由なのかもしれないし、運送効率を高くするということも理由の一つになっているのかもしれない。

それに『レールスター』の座席を1-Aとするのは、下りの場合に海が見える窓側であることと、1番のABCD席にはパソコン電源があるということを理由として挙げることができる。

贅沢と言われればそれまでだが、自分なりの快適さを求めれば、ホテルにしろ鉄道にしろ、このようなものとなり、それらが旅の楽しさを増大させる一因ともなっているのである。


at 07:00|Permalink
記事検索
月別アーカイブ