July 18, 2006

ザルツブルク

ザルツブルクが日本でよく知られているのはモーツァルトとの関連というのが最も大きい理由ではないだろうか。

彼は1756年にザルツブルクで生まれ、35歳で亡くなるまで、かなりの時をこの地で過ごしている。

ザルツブルクでは1842年にモーツァルト音楽祭が開かれて以後、第一次世界大戦により中断されるも、その流れを受けて1920年に第1回の「ザルツブルク・フェスティバルが開かれて今日まで続いている。

今年も7月23日から8月末までザルツブルク音楽祭Salzburger Festspieleが開催されるが、小さな町は世界中から音楽家や音楽ファンを集めてごった返すことになるのであろう。

とりわけ今年はモーツァルト生誕250年

昨年末より始まったモーツァルト生誕250年イベントは、連日市内各所で多彩な催しが続けられている。

夜に限らず、デイタイムでも各所でコンサートが開かれている。

日曜日の午前、私達がミラベル庭園を散歩していたら偶然ブラスバンドによる野外コンサートが開演されるところだった。b163a334.jpg
ウィーン・フィル、ベルリン・フィル、或いはリヒャルト・シュトラウス、ワルター、トスカニーニ、フルトヴェングラー、カール・ベーム、フルトヴェングラー、ロリン・マゼール、クラウディオ・アバド、カラヤンといった名前は音楽ファンならずとも耳にしたことはあるだろう。

ザルツブルク音楽祭は、こうした楽団や指揮者らとの関わりから世界的に有名な祭典として評価されてきているのである。


at 16:16|Permalink

July 17, 2006

搭乗

出発において躓きがあったものの、ルフトハンザ機に搭乗。

少しでも安くと、早割り適用の時期に窓際の2人席を確保しておいた。

長距離のジャンボ機では、手洗いに立つ際に中央列では気を遣うので嫌なのである。

見事な離陸でグングン高度が上げられる。

関空~フランクフルト、ざっと11時間の飛行である。

916b25ed.jpg

0c409356.jpg
このフライトでは昼食、おやつとしての軽食、それに夕食が提供される。

魚料理(上)か肉料理(下)を好みで提供されるが、数に限りがあるのでエコノミー客は早い者勝ちとならざるを得ない。

軽食は『おにぎり』か『サンドイッチ』。

夕食も魚か肉の選択となる。

最近は『空弁』がよく話題になるが、これは自分で買って機内に持ち込むもの。

各航空会社ともに長距離便について食事の提供を行ってはいるが、ファーストクラスやビジネスクラスは別にして、エコノミークラスの食事内容は大した差は無い。

航空運賃に比しての経費の割合を一定にせざるを得ず、機内搬入器具の大きさや提供するスペースに限りがあるなどの理由によるのであろう。


しかしルフトハンザビール大国ドイツの航空会社である。

当然、ビールには力を入れている。

WARSTEINERビンのみを提供している。

昼前からビールを飲み始め、安定飛行で狭い座席であっても気持ちの良いフライトであった。

付け加えれば、ドイツの白ワインは美味しい、が、機内提供のワインはイマイチである。



at 21:05|Permalink

July 15, 2006

つまづき

LHへのチェックイン、出国手続きを終えて南ウィングへ。

家内とシャトルに乗り込んだ。

シャトルが発車して20メートルばかり進んだ時、


ガクッ!!

突然の急停車。

一瞬のことながら左手で支持棒を、右手でよろける家内を支えたが、シャトル内では乗客全員が進行方向につんのめった。

そのままシャトルは停車したまま、案内放送も無い。

やがて時をおいて、運行制御装置で事故発生との車内放送が2回。

更に時をおいて、係員が乗り込むとの案内。

急停車してから10分程度後、3人の係員が無言でシャトルに乗り込んできた。

係員たちは制御室との連絡をしながらシャトルを出発駅へ戻した。

私たち乗客は向かい側のシャトルに乗り換えさせられた。

この間、私たち乗客への案内は
事故が発生したこと
係員が乗り込むということ
出発駅へ戻るので乗り換えよ
との3点のみ。

何か忘れてないか?

アホと言うべきか、バカと言うべきか。


事故が発生した時、先ず第一に行うべきは

乗客の安全確認と保護

車内放送を担当しとった者も、
シャトルに乗り込んできた3人も
アホや、バカや、と言われても仕方のないこと。


事故が起きたことなんか、シャトルの乗客は全員身をもって知ってることである。

事故が起きた時、乗客に被害が無かったかどうか、この点を第一義に考え行動するのがシャトル運行者の務めではないか。

今回の急停車では幸いにも被害は無かったから(私は腰に軽い痛みを覚えましたが)良かったようなものの、現場の対応の悪さは日常の運行責任者と、更に関西国際空港会社の経営に責任を持つ連中の無能さを露呈したもの言わざるを得ない。

航空機搭乗前の慌しい時であったために黙って過ごしたが、今回のシャトル事故の対応については厳しく指弾しておかねばならない。







at 12:26|Permalink
記事検索
月別アーカイブ