November 04, 2006

アウシュヴィッツ・平和への祈り ?

私達がポーランドのクラコフを訪れた最も大きい理由。

それは、アウシュヴィッツ強制収容所跡への慰霊と見学を目的とするものであった。

午前8時、事前にチャーターしておいたロマンさんのタクシー(シルバーのベンツ)で小雨模様の中、ホテルを出発。

なだらかに広がる丘陵状の農地、幾つかの点在する小さな集落を通り過ぎ、緑濃い樹林帯を抜けて、ほぼ1時間。

広い草原のような所に幾棟かのレンガ造りの建物群が見えた。

既に数台の乗用車が駐車している場所にマロンさんもベンツを並べて駐めた。

ここで事前に説明をお願いしていた中谷 剛 氏と出会い、収容所を案内していただいた。

アウシュヴィッツというのはドイツ名で、ポーランドではオシフィエンチムと言う。

収容所の門にはARBEIT MACHT FREI と掲げられている。
f2703dea.jpg
1939年の戦闘の後、オシフィエンチム市もドイツ第三帝国の領土となり、その際にナチスがアウシュヴィッツと名前を変更したのである。

1940年、ポーランド人政治犯を収容し、ポーランド人虐殺に利用するためナチス・ドイツが造ったのであるが、やがて全ヨーロッパのユダヤ人、ジプシー、それにソ連軍の捕虜も送り込むようになった。

だから強制的に収容、拘禁された囚人の国籍はヨーロッパ中に及び、南はギリシャ、北はノルウェーからの人々もおり、ポーランド人の他、チェコ人、ユーゴスラビア人、オーストリア人、フランス人、そしてドイツ人も含まれていた。

当初、アウシュヴィッツ収容所は14棟の1階建てと6棟の2階建てがあったが、やがて、囚人たちの労働力で全てを2階建てに改築し、8棟の建物を新築した。

それで収容施設が足りず、ブジェジンカ村にアウシュヴィッツ第2号、モノヴィツェ村にアウシュヴィッツ第3号、その他にも小さい収容所を40箇所もナチス・ドイツは囚人を働かせて造っていった。

高圧電流の流れる鉄条網に囲われた収容棟。
4753f66f.jpg
上はアウシュヴィッツ収容所1号
現在、アウシュヴィッツ1号の一部とブジェジンカの(アウシュヴィッツ2号)が見学出来る。

館内での写真撮影は遠慮してほしいと言われているが、悲惨な状況を想像すれば、とても写真を撮ろうという気が起こらなかった。




at 10:11|Permalink

ポーランド・クラコフ 【写真を】

石畳を敷き詰めた道は歩きやすくは無い

とりわけヒールが細くて高い靴を履く女性には難儀する道であるが、しっとりと落ち着いた雰囲気を感じさせてくれるのである。

6月の夏至の頃よりヨーロッパの各地では夏の祭りが繰り広げられる。

燦燦と降り注ぐ陽光の下で繰り広げられる北欧の夏至祭は、人々の太陽の恵みに対する感謝と喜びで満ち満ちている。

ここクラコフでも6月末は織物会館のある中央市場広場に特設ステージを設置して夏の祭典が行われていた。

中世の人々の衣装を身に着けた人々、民族衣装に着飾った人々の歌や踊り。

be7eccd2.jpg
私達は、それに予定を合わせて訪れたのでは無く、全く偶然賑やかな祭典に行き合わせたのは幸運であった。

普段でも広い中央市場広場を取り囲むようにしてレストラン、バー等の店が並び、広場中心にある織物会館1階の何十軒とある土産物店は色とりどりの商品を並べ、観光客や地元の人々が寄り集う場所となっている。

昔は高価であった地元で採れる岩塩を詰めた小袋を祭典の祝いとして頂いた。

小雨模様の中央市場広場で
43c3c9fc.jpg
特設ステージで踊る民族衣装の人々
cedf0335.jpg
ポーランドは国民の殆どがカトリック教徒であるが、この歩いて巡ることの出来る旧市街の中だけでも10数箇所のキリスト教教会に修道院も何箇所かある。

土曜、日曜は、それらの教会で式を挙げるカップルと、彼らを祝う家族や若い友人達らで賑わっていた。

ジューン・ブライド・・・幸せに!

先年昇天されたローマ法王ヨハネ・パウロ2世はポーランド人であった。

下の写真は旧市庁舎
5a1705cd.jpg
下は、聖マリア教会
16efb66d.jpg
聖ペテロ聖パウロ教会聖アンドリュース教会だったと記憶しているが、日本の寺町のようにキリスト教会が並んで建っていても不思議に思えない旧市街。
64d1a606.jpg












at 08:27|Permalink

November 03, 2006

ポーランド・クラコフで

ポーランドの現在の首都はワルシャワであるが、中世の頃、ポーランド王国・ヤギェウオ王朝の首都がクラコフであり、東欧における文化の中心地の一つであった。

【ヤギェウオ王朝は1386年から1572年】

クラコフ旧市街はヴィスワ川に面する小高い丘の上に建つヴァヴェル城の北部に広がり、織物会館、市庁舎、聖マリア教会、ヤギェウォ大学、円形の砦・バルバカンなどの建造物群や石畳の舗装路などが残され、町全体が世界遺産に登録されて落ち着いた佇まいを見せている。

下は、ヴァヴェル城

19bc545b.jpg
下の写真は、円形の砦・バルバカン 右がフロリアンスカ門。

c1341d26.jpg


at 13:21|Permalink
記事検索
月別アーカイブ