August 26, 2006

近況について

なかなかブログの更新が出来ないでいるのです。

ヨーロッパ行についての更新を手掛けたいのですが、時間的にも気持ちの余裕といった点においても気が乗らないのです。

武勇がたたったのか、帰国してから直ぐに主治医である女医に呼び出されたのが7月末でした。

6月初めに受けた検査結果について話があるとのこと。

胃と大腸についてのガン検診を受けていたので、不安が不安を呼びました。

しかし、これについては『シロ』。

内心の安堵感は表現しようも無いほどでした。

ところが肝機能腎機能糖代謝、それに中性脂肪に至っては1000を遥かに超える数値

「えっ!何かの間違い?」

女医曰く、

「死ぬつもりですか?」



「医者として看過できません。」


「大学病院を紹介しますから入院しなさい。」

参りました。この言葉には。

いくらカワユイ、若いベッピンの看護婦がいても、入院生活はゴメンです。

日航機が御巣鷹山に墜落した時、私は病室でテレビに見入っていました。

その際に、入院生活における管理・監視される状況について学習しておりますから、二度と同じ行動は取らないと願っているのです。

以来、女医と約束した以上の摂生生活

アルコール類を断ち、デンプン質、脂質を極端に抑えて間も無く1ヶ月

豆腐、コンニャク、1日1個の玉子、野菜に海草と若干の果物、それに中国茶。

女医は、運動もと言っておりましたが、この食事で、この暑さ。

それこそブッ倒れて死んでしまいそうなので、これは勘弁。

予定では一昨日の飛行機で仙台へ。

今年は東北大学が学会会場なので久し振りに友人達と一献。

そんなつもりが・・・・・。

憂さ晴らしの意もあって、20年近く乗っていた単車を廃棄し、ヤマハのスクーターを買いました。

精検が今月末、9月末には人間ドック。

当座の関門をすり抜ける・・・
  『努力』と言うもの、
       何についても しんどい ものです。


at 07:43|Permalink

August 13, 2006

ウィーン 3

ウィーンの町は結構広い。

それに見学してまわるべき所も多い。


このウィーンの町を巡るには1273年神聖ローマ帝国の君主に選出されたハプスブルク伯ルドルフ・ドイツ王以来、ドイツの東南地方に勢力を維持してきたハプスブルグ家の歴史を頭に置いておくのが良いと思う。

カール5世の時代にオーストリア系ハプスブルグ家とスペイン系ハプスブルグ家に分かれるが、オーストリアをはじめ、東欧のボヘミア(チェコ)、ハンガリー、イタリア、スペイン、オランダ、ベルギーを支配下に置くヨーロッパ最大の力を保持した。

カール5世は、私達が後に訪れるチェコ・プラハの街との関係も深く、当時の宗教改革(マルティン・ルターなど)とも関わりを持つ有能な君主であった。

1740年にカール6世が亡くなった後、長女のマリア・テレジアが相続したためにプロイセンとの戦争が起こるが、夫のフランツ・シュテファンが1745年に神聖ローマ皇帝となって諸外国との交流の中で確固たる地位を堅持した。

娘、マリア・アントーニア(マリー・アントワネット)がフランスのルイ16世と結婚したことはよく知られている。

やがてフランス革命などを経てハプスブルグ家は盛衰を繰り返し今日に至るが、双頭の鷲を紋章とするハプスブルグ家の権力と財力はウィーンの町の至る所で見ることが出来る。

ウィーンの町は以前は城壁で囲まれていたらしいが、現在は、その城壁跡をリングと呼ばれる環状道路が通り、地下鉄もリングに沿って通っている。

このリングを作ったり地下鉄を敷設させるなど、ウィーンの都市計画を推進してきたのが1848年にオーストリア皇帝に即位したフランツ・ヨーゼフ1世である。

詳しい歴史は他に譲るとしてリング内にはホーフブルグ宮殿を始め、シュテファン寺院など有名観光スポットが多い。

下はウィーンの地下鉄電車(撮影はU4のシェーンブルン駅で)。

リング内は地下を走行。
0325ea75.jpg



at 14:06|Permalink

ウィーン 2

ホテルはウィーン南駅の前にあるPrinz Eugen。

ウィーン南駅はイタリア、東部ドイツ、チェコ、スロヴェニアなどへの国際列車が発着する結構大きい駅である。

ホテルの前からの南駅。
1e07550f.jpg
ウィーンは尖塔何百だったか、とにかく教会の塔が多いことで有名であるが、私達の泊まったホテル・プリンツ・オイゲンの部屋からも沢山の尖塔を眺めることが出来た。

下の写真は夕焼けに染まるホテルの窓からの眺めであるが、時刻は午後8時をまわっているのである。
e1f6161c.jpg
Hotel Prinz Eugenは日本のシティーホテル並みで、先ずまずのレベル。

オーストリアのオイゲン元帥の名前に由来し、オイゲン通りという道路の名称にも用いられ、歩いて3分程度のところにはベルヴェデーレ宮殿がある。

at 12:07|Permalink
記事検索
月別アーカイブ