April 14, 2017

フィンランド建国100年と『塚』

第三の塚は今月1日に越えることが出来た。
そして第四の塚は5月か6月に・・・とも書いた。s-2017-03-29_125454
目標を立てることは大切だが、何を目標とするか、目標までの道程や目標に到るまでの手立てなどはどうか、そうしたことを総合的に検証して実現可能な目標を設定することが重要だ。
目標には最終で究極的なものもあろうが、通常ステップ・バイ・ステップで私が掲げる一里塚s-2017-03-29_125200の『塚』のようなものが多いのではないかと思う。
そうした到達可能な目標ゆえ、到達した後に次の目標に対する意欲も湧くのである。
跳躍力 1 mの者に対し、いきなり
 5 mの跳躍目標を与えても挫折・絶望感を得るだけである。
s-2017-03-04_210300
安定歩行回復の意欲はずっと持ち続けてはいるのだが、昨年正月に2度目の手術を受けて以後、『塚』と名付けた私の目標を語れるようになったのは未だつい最近のことである。
もっとも達成可能かどうか自信が無かった為に書きもしなかったが秘めたる『塚』のようなものは考えていた。
2017-04-14_145435
以前に書いた3月初めの武本氏の個展鑑賞もだが、フィンランド建国100年に係る催しについてもラッペーンランタ(フィンランド)より訃報が届いたこともあって話題にしなかったのだ。
その哀しい報せと前後してフィンランド建国100年を記念するCDも私の手元に届いていたのだ。
s-2017-04-07_091911
ここで簡単に書くことは出来ないが、スウェーデンとロシアに挟まれた位置にあるフィンランドは両国の属国的支配を受ける長い歴史があった。
建国時期をいつにするかというのはムツカシイ。
考古学や古文書学などの歴史科学を無視して神話に起源を求める人たちもいるがそれはそれ。
しかしフィンランドの建国100年は歴史的に明らかである。
s-2017-04-07_091659
1917年12月6日、ロシア帝国からの独立をフィンランド議会において宣言したのである。
U 女史との文通はフィンランド及び周辺国に関する私の学びを誘起させることになったことを思い出す。
s-2017-03-04_205251
小学5年生の頃、日本海海戦に於いて東郷平八郎元帥乗艦の旗艦・三笠から「皇国の荒廃この一戦にあり、各員一層奮励努力せよ。」との指令が参戦の日本海軍各艦に打電されたこと。その後の海戦でバルチック艦隊を打ち破ったことなど父親に教えてもらい私は日露戦争について大まかには知っていた。
s-2017-04-07_091300
しかしバルチック艦隊がバルト海を主に展開している艦隊であることを知らなかったし、バルチックとバルトが同じであるなど思いも寄らぬことであった。まして当時はバルト海がどこにあるかなど全く分かってもいなかったのだ。
このことを気付かせてくれるきっかけとなったのが U 女史との文通だったのだ。
彼女との文通で思い出すことは沢山あるが寂しい。
s-2017-04-07_092153
私のフィンランドに対する思い入れが強いことはこれまで記してきたことで分かると思う。
そのフィンランドの建国100年にちなむ各種の催しをフィンランド大使館が企画しており、その催しに参加することを秘めたる『塚』にと考えていたのだ。
s-2017-04-07_092438
催しの期日と私の興味を考え合わせて以下の催しを思い描いていたのだが・・・・・
4月29日or30日 《フェスティバルホール》
フィンランド国立バレエ団 ・ 『楽しいムーミン一家』
演奏は録音されたものらしいが・・・ムーミンが良いなあ。
s-2017-04-07_092751
5月20日 《服部緑地 ・ 豊中市》
『公園で楽しく、健康になる』
ノルディック・ウォーキングほか。フィンランド・タンゴ演奏など
姪が住む近くなので行けたら行きたいと思っている。
s-2017-04-07_093137
5月25日 《ザ・シンフォニーホール》
タンペレフィルハーモニー管弦楽団
指揮はサンットゥ・マティアス・ロウバリ
(Santtu-Matias Rouvali)
シベリウスの作品(フィンランディア、交響曲 第2番 二長調、ヴァイオリン協奏曲 二バロック短調) なので是非聴きたいと思うが、夜 7 時開演なので、夜間のことだし・・・車椅子で、手洗いへの移動など、ちょっと自信も無くて今の所はダメなように・・・

コンサートは今月25日に京都でイタリアのアカデミア・デル・リチェルカーレの古楽演奏会もあるのだが、これも今のところは無理。
家内だけ聴きに行くことになるかな?


masatukamoto at 21:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 12, 2017

テレビ・コマーシャル

テレビというのは電源を入れた途端、欲しい情報も要らない情報も十把一からげに休むことなく次々一方的に流し込んでくる便利ではあるが厄介なモノだ。s-2017-03-29_125625
そうした理由もあり私も家内も意図して見るTV番組は限られている。
NHKだとニュース、大河ドラマ、民放では・・・必ず見るというものは無い。
もっともテレビが勝手にしゃべっているという状況で日々同じチャンネルの番組になっていることはある。
s-2017-04-07_165137朝だと『朝チャン』『羽鳥慎一モーニングショー』、昼なら『ひるおび』になっているような・・・
朝の番組に『おはよう朝日です』があるが、この番組はハッキリ言ってガサツでウルサイだけ。故にTBS系列の『朝チャン』に。
『羽鳥慎一モーニングショー』は比較的偏りのない番組で好める。恵氏がMCの『ひるおび』もマシな方だろう。s-2017-04-07_163857
勿論これらの番組を全て視聴しているわけでないが、これら民放番組の中で流されるコマーシャルの何と多いことか。
多いゆえに「ホホゥ」と感心するものもあれば、「ツマラン」と思うものもある。大多数のCFは全く印象に残らない「ドーデモ・ええ」ものとして分類できる。
以前もテレビCMに関し「ホホゥ」と感心するものとして『TOTOのビッグベンとリトルベン』、『明治安田生命や味の素のCM写真』について触れた。
別に当該企業の宣伝をするつもりはないが、近頃私が「ホホゥ」と感心しているものにアマゾン・プライムのCFがある。
s-2017-04-12_112547
犬にライオンのたてがみを被せる上のCFは大方の人が知っているものだ。
――『行間を読み取る』――
小説・物語などを読む場合、文字として表記されていない文と文の間の白い部分、つまり『行間』に隠されている登場人物(作者)の思いや意図することに思いをいたすことで理解がより深まるものだ。
s-2017-04-12_113047
大きい馬たちの中のポニー。
成長すれば大きい馬になるわけではない。ポニーはポニーなのだ。
――『今・あるがまま』――
s-2017-03-04_211041
AmazonプライムのCMだから、品揃えがしっかりしており、注文すれば直ぐに届くといったことを伝えたいのだろうが、2篇のCFのストーリーに込められた作者の温かい人柄が感じられて私が感心している作品だ。

一方「ツマラン」唾棄したいトップが下の気色悪いAKAGIのCF。
2017-04-14_095338アイスの宣伝だから赤城乳業なのだろう。
ガリガリ君は買って食べたこともあるが、こんな映像は気持ち悪いだけ。
紹介のため写真を掲載するが、いずれ消去する。
これに続いて映像はないが、某電力企業のキャッチコピー。s-2017-03-29_125333
「Power with heart」らしい。
しかし私には
「Power with(is)  Nuclear」と聞こえてしまうのだ。
つまり原発企業に心があるのか大いに疑問を持っているということだ。


masatukamoto at 16:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

初物 (つづき)

『初もん』として頂いた筍を『若竹煮』として美味しく戴いたことを昨日書いた。
家内は頂いた筍を使って、明くる日に『筍ご飯』を炊いてくれた。
s-2017-04-12_090509
筍を頂いた日には好物のお寿司も頂いていたので、『筍ご飯』は明くる日にお預けとなっていたのだ。
有難く美味しく戴いたので写真を添えて感謝の意を表しておくことにする。
口で味わうものではないが、昨年晩秋に家内が植えたチューリップが花を咲かせ始めた。
s-2017-04-07_165606
目で味わう?モノも含めるなら、チューリップの花も我が家の『初物』となるのだ。


masatukamoto at 09:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ