July 01, 2018

父の日のこと

記憶が曖昧になったことはお蔵入りとしよう。しかし、先月のことくらいはハッキリ覚えているし、遅くなっても感謝の思いだけは書き表しておきたいと思う。
柿色-1
6月の第3日曜日、Y 君が長男 K 君を連れて我が家を訪れてくれた。
K 君というのは私の誕生日を祝ってハッピーバースデーの英語版を電話口で歌ってくれた子である。
この日は父の日。
K 君は私にカード(下)とプレゼントを持って来てくれたのだ。
s-2018-07-01_180011
K 君の名前はハートマークでカバーしているが、来年小学生になる子が平仮名を書き英語で歌を歌えるという私たちの時代と大きい開きがあることに羨ましさと驚きを改めて感じるのだ。
下は K 君からのプレゼント。
私や家内がドラえもんを好いているということを知ってのことで、品物選びは当然のこと K 君ではないし、出費も Y 君に違いない。そんなことは百も承知だが、嬉しいし有難いことだと感謝するばかりだ。
s-2018-06-20_102513
今年の夏の到来は早いようだ。暑い夏に涼しそうなシャツと半パンツ、大切に着させてもらうことにするつもりだ。
とにかく Y 君親子には感謝するばかりだ。
いつも有難う。
2017-03-04_210627


 


masatukamoto at 21:23|PermalinkComments(0)

文月の朔日

先月28日(木)早朝より体調悪く兄宅の訪問予定を欠席とした家内だが、自分でも動かぬようにしていることが肝要と思ったのだろう、明くる日には随分回復したようには見えたが・・・
この日、金曜日の夜は家内の友人たちが月に一度集う夕食会の予定だった。前回つまり5月の夕食会をs-2018-06-30_175124調子悪く欠席した家内だから、きっと少々無理しても行くだろうと思っていたら案の定だった。
私も頑固なところはあるが、その私でも家内の頑固さには一目置く程である。言っても無駄なので黙って送り出したが、帰宅後さすがに疲れたのか早々に横になっていた。s-2018-06-29_204144
昨日(6/30)ものんびり無理しないよう振る舞っていたことが良かったのか、元気さを取り戻した家内は本日私の昼ご飯を用意して大阪市内での演奏練習に出かけて行った。
青色-1
12時40分くらいだったか、ガタガタガタと地震。
震度にして 1~2 程度。時間的には短く、さして大きい地震ではなかったが、足が不自由な今、一人の状態では怖さが増す。
家内が出かけた大阪市内は大丈夫かと気象庁の地震情報ページを見た。
ひとまず安堵感を得て震源地を地図上で求めてみたら高槻市北部、摂津峡に近いところだ。
s-2018-06-29_203420私が中学生の頃には飯盒炊さんに、50年近く前には地質巡検に出かけた場所だ。
大阪層群や丹波層群の露頭、様々な岩石に断層、マグマの貫入など川床などを歩いて回った印象としては摂津峡ジオパークと言える様子だったように記憶している。
いまも未だ変わらないでいるのだろうか大昔の記憶がよみがえってきた。
桃色-1
先ほどの地震は、いわゆる高槻・有馬断層の動きに伴った地震だったのだろう。
高槻・有馬断層には、上町断層や生駒断層に声がけせず、静かにお休みと願うばかりだ。
2018-07-01_161320






masatukamoto at 16:20|PermalinkComments(0)

June 30, 2018

水無月の晦日

はや6月も30日。s-2018-06-30_175833
水無月、いや皐月のことも書き残したものがある。とは言え余りに時期を外すと当方の記憶も曖昧になるので書かないでおこうと御蔵入りにしてしまうものも随分ある。
まあそれ程に世の中の移り変わりが激しいということかもしれない。
緑色-1jpg
有為転変、諸行無常の世の中である。
人間の記憶容量も決して無限ではないから私自身も情報の取捨選択はキチンとせねばと思ってはいるs-2018-06-30_175522
もっともキチンとせずとも、喉元過ぎれば熱さを忘れるの通り人々の興味関心は月日が経てば自然と忘れていくものだ。
桃色-1
このあたりを逆手に取り、誤魔化し企みを実践している連中の筆頭が安倍政府であると私は思っている。
その安倍金魚のフンに加計やら✕✕やらが見苦しく続き、共にほとぼりが冷めるのをs-2018-06-29_203806待っているように見えるのだ。
紫色-1
それはそれとして、先日、家内と水無月の外郎(ういろう)について話したのだった。
学生の頃は余り関心も無く好んで食べるということもなかったが、暑い時期に氷室から出した氷をイメージしつつ食べる外郎というのはどんな感じなのだろうと思ったりしていたのだ。
と、一昨日のおやつに家内が五建外郎を出してくれた。
s-2018-06-29_203940
記憶にある外郎はもう少し分厚かったが、包装が変わったからか、ぺちゃんこの座布団外郎であった。
しかし味わいはまずまず。
気の利く家内である。
2018-04-14_070811




masatukamoto at 20:51|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ