October 15, 2017

今秋、興味惹かれる展覧会《1》

興味惹かれる展覧会のひとつが『あべのハルカス美術館』で開催されている『北斎-富士を超えて-』(大英博物館 国際共同プロジェクト)である。
あべのハルカスは近鉄阿倍野百貨店のあった場所に2014年3月に竣工なった高層ビルで、その16階に美術館s-2017092907110000はある(らしい)。
(らしい)と書いたのは私自身未だ訪れたことがないからである。
建築途中のハルカスは天王寺美術館を訪れる際に何度も眺めていたのでビル高など凡その建物外観は知っている。
しかし2012年師走に病を得て以来自由に外歩きすることが出来なくなり、2014年3 月22日からの開館記念『東大寺』展も観覧出来ずに残念な思いをしたものだった。
この秋は葛飾北斎をテーマにした展覧会で、開催期間が11月19日まであるため、未だ行けるかもと望みを捨ててはいないのだが・・・。
s-2017-10-01_092419
北斎と言えばゴッホらに浮世絵の技法などで影響を与えた江戸・文化文政期の絵師の1人として教科書記載程度にしか知らない。
北斎の作品に『冨嶽三十六景』という版画集があることは知っているが、見たことがあるというのは『神奈川沖浪裏』『凱風快晴』『尾州不二見原』の3図のみだ。
下はフレーム切手セットに使用された二つの図。
s-2017-10-14_153908
『冨嶽三十六景』は版画集だから相当枚数が刷られたことと思う。
しかし、それらの版画や原版である木版など、今は何処で所蔵されているのか知らない分からないことばかり。ともかく北斎に限らず知らないことは未だ未だ沢山あるのだ。
下はMOA美術館のホームページで見つけた『凱風快晴』と『尾州不二見原』。
s-2017-10-14_174002
ちなみにMOA美術館では夏休みコレクション展として『冨嶽三十六景』(全46図)の所蔵画を公開したそうだ。
美術館のホームページを見ると、フラッシュを焚かなければ写真撮影も可能なのだと。
どうして日本の美術館は頑なまでに写真撮影を禁じているのか不思議を通り越してムカッとするほどの気持ちを抱いてきたのだがMOA美術館の姿勢は高く評価したいと思う。
※ 青色の文字部分をクリックすれば当該ページにリンク。
s-柿ライン2017-10-15_100426
北斎については2005年に家内と信州を旅した時に小布施町も巡り、少しだけ知識を広げたことがあった。
小布施町は長野市の北東部に位置し、一帯は日本列島フォッサマグナ(地溝帯)北部にあたり、地質や古生物など興味惹かれる対象が沢山たくさん埋もれている地域だ。
s-岩松院ホームページより2017-10-14_124243が、今回興味を惹かれたのは北斎展なので話を戻すと、小布施では曹洞宗・岩松院、北斎館、高井鴻山記念館など北斎に関係する施設を見学したのだった。
左は北斎が描いた岩松院の天井絵。
この天井絵は写真撮影が禁じられていたので岩松院のホームページにあったものを当ブログ記述(Oct 28.2005)の際に引用紹介したものだ。
s-2017-10-15_125659
北斎は83歳の時、豪農・高井鴻山の招きで小布施に行き、長逗留。
それ以後も何度か小布施に滞在して絵を描いていたようで上の岩松院の天井絵もそれらの内のひとつ。
北斎は祭屋台の絵も描いており、北斎館にはそれらも展示されている。
下は怒涛図の男浪。
s-2017-10-15_123333富士山こそ描かれていないが、力強いタッチで描かれた波濤や青い色合いは『神奈川沖浪裏』とも通じるような・・・
80歳を越えて、しかも後期とは言え江戸時代に生きた人の仕事とは、と将に驚嘆の他無い。
大英博物館との国際共同プロジェクトというから一体どのような内容なのか大いに興味をそそられているところだ。
それについ先だってNHKの特集ドラマ『眩(くらら)』~北斎の娘~を見たので一層興味を惹かれているのだ。が・・・
s-2017-10-15_125851


masatukamoto at 13:37|PermalinkComments(0)

October 13, 2017

秋 《地獄絵展》

今秋鑑賞したいと思いつつ私は行くことが出来ないので家内に鑑賞してもらい、その感想を聞きつつカタログの図絵を見ることで鑑賞した『つもり』になっていると書いてきた。s-2017-10-12_151336
『つもり』になったことの例に『源信』展を挙げたが、源信は極楽往生への道を納得しやすいようにと『往生要集』を著した。
そこで世界を地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人(にん)・天・総結の7つに分け、更に地獄は等活・黒縄・衆合・叫喚・大叫喚・焦熱・大焦熱・無間の8つに分かれると説いた。
そうして厭離穢土、つまり厭い離れ去るべき迷いの世を説明し、欣求浄土、つまり穢れた迷いの世から安寧清浄なる浄土へ向かう道筋を明確に示したと私は捉えているのだ。
s-2017-10-12_153312
『往生要集』に示された源信の地獄観や浄土観は仏教絵画や彫刻など多方面にわたって影響を与えた。
そんな地獄についての特別展が11月12日まで龍谷ミュージアムで開催されている。
s-2017-10-12_162413この展覧会も家内に行ってもらえば良いのだが、いかに元気で良く助けてくれると言っても家内の体が二つも三つもあるわけではない。
そうした事情もあって家内の感想を聞くことも無く、ただカタログだけを仕入れるということもある。
龍谷ミュージアムの特別展『地獄絵ワンダーランド』のカタログは既に仕入れて読み終えている。
s-2017-10-12_161856『往生要集』に加えて『源信』展カタログ、更に『地獄絵ワンダーランド』展カタログを加え、いよいよ地獄に詳しくなってきた。勿論のこと念仏行による浄土への道についても、だ。
が、頭だけの理解ではダメ。
ダメであることも頭では分かっているのだが・・・・・
line111
2017-06-03_131837

この秋、まだまだ興味ある展覧会が・・・・・。

《続く》
2017-10-12_190817





masatukamoto at 06:27|PermalinkComments(0)

October 10, 2017

この秋は・・・《つづき》

10/4付けの『この秋は・・・』で今秋催されるコンサートについて書いたのだった。
音楽もホールへ出向いて聴くのは未だ無理なので我が家・我が席で私の好きな時刻の開演とし、休憩も終演も我がs-2017-10-08_151624思いのまま、演目も好むままのコンサートとすることに決めた。
手持ちのCDも随分あるし、コンサートに出かけたと思えば少々の時間では聴ききれないほどのCDを買い求めることだって出来る。
好みはと問われても答えを絞り込むことはムツカシイ。かと言って何でもアリーノでもない。家内が出掛けた今日(10/8)は綾戸智恵女史のジャズを聴いていた。が、やはり好みはクラシックということになろうか。
s-音符-11
絵画・彫刻・陶磁器など、これらも現物・生(ナマ)を見て、触れることの出来るものは直に触ってみるのがイチバンである。
2017-10-10_071624しかし・・・何分にも自由に出かけるだけの体ではないので音楽はCDで、絵画についてはカタログでと不自由極まりなく不満は鬱積する一方である。
しかしマグマ溜まりの圧力を上げ続け、限界に到ってドカーンという火山が爆発噴火するようなことは私に限っては無い。
欲求不満が蓄積するのは人並みだが、適当にガス抜きをして精神的に折り合いをつける術ぐらいは身に着けている。
2017-06-03_131837
論語《為政第二》に言う。
『子日。吾十有五而志干學。三十而立。四十而不惑。五十而知天命。六十而耳順。七十而從心処欲。不踰矩。』
解釈は人それぞれだが、思い通りにしても先ず誤ることが無いという年齢条件だけはクリヤーしている。
ぶっはははは
s-2017-10-08_175322
そうしたわけで『源信』展(奈良国立博物館)の鑑賞を家内に頼み、帰宅してより買ってきてもらったカタログを見ながら家内の感想を聞くことで自分も共に鑑賞した『つもり』になったのであった。
2017-10-10_071448『源信』展の場合は会場である博物館を良く知っていることやカタログの印刷、とりわけ色彩が忠実に表現されていることや寸法の表記が為されているので展示会場の様子を想像しやすかったのだ。
カタログによる鑑賞について別途少し書いてみよう。

※ 以上10月8日(日曜)記述(10月10日更新)
s-コスモス-1



masatukamoto at 16:52|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ