October 2006

October 16, 2006

ポーランド ・ クラコフ

前回、クラコフ空港でのラッゲージ受取りに関するトラブルについて書いた。

オーストリア航空のズサンさや職員の接客態度の悪さ、勿論、全てが悪いわけでは無いであろう。

実際、赤いオーストリア航空の制服を着たアフリカ系黒人の地上アテンダントの女性の対応は、日本の航空会社各社の職員にも学んでもらいたいほどのあたたかさ溢れる対応であった。

しかし、『信用』とか『信頼』、これは企業が事業を行う上で最低限保持しなければならない基礎的基本的なことであると同時に、人として生きていく上で身に付けなければならない最も大切なことでもある。

これらは実績として、業務上の結果という形で目に見える場合もあるが、感情的なものとして表には表れず、人々の『思い』という観念として定着してしまうことも多い。

一事が万事』という俚諺がある。

また『ホトケの顔も三度』という俚諺もある。

オーストリア航空は、しっかりと自戒してもらいたいものと思う。

クラコフ空港におけるバッゲージ・クレームで時間を取られてしまった私達は暗澹とした気分のまま手荷物だけで小さな空港を出た。

空港前にはレンタカーがズラリと並べられてあり、タクシーが数台、青色のリムジン・バスが1台停車し、離着陸便が少ないのか行き交う人の数は僅かであった。

私達はホテルまでタクシーに乗るつもりでいたが、大きいラッゲージも無いのでリムジン・バスを利用することにし、バスの運転手に料金について訊ねたのだが、この運転手、全く英語を解さないため、バスに乗って良いのかどうかも分からず、沈み込んでいた気持ちが一層落ち込んでいった。

途方に暮れていたところ、このバスに乗り込んでいた老婦人が運転席横まで来てくれ、どうしたの?と英語で尋ねてくれた。

ホッとした私が、クラコフの町まで行きたいことを伝えると、このバスに乗れば良い、バス代を払う必要はないと教えてくれた。

え?と不思議に思いつつも、私達は、このバスに乗り込んだ。

乗客は、私達も含めて7人のみ。

やがてバスが発車し、林間の道をほんの少し走ったところでバスが停車。

運転手も私達以外の客も降りていった。

しかし、そこは町らしい雰囲気など全く無い野原の真ん中のような所。

不思議に思って座っていた私達に、先ほどの老婦人が、「ここで降りて鉄道に乗り換えるのよ。」と教えに来てくれた。

よく分からないままに私達が降り立った所は、野原に少し盛り土をしたようなプラットホームであった。

バスの乗客の他、一般の人が2人、それに6人のポーランド兵士がプラットホームに立って列車が来るのを待った。

リムジン・バスというのは、空港と都会(町)の中心部を結ぶものだと思っていた私の頭は混乱し、荷物が行方不明で暗澹とした気持ちになっているのに、更に英語も通じない国にやってきたということに完全に打ちのめされた気分になってしまっていた。

一体、この先、どうなるの?



at 04:57|Permalink

October 15, 2006

信用出来ないオーストリア航空 2

何とか予定の便に乗れたものの・・・

並びの座席であったはずの席が離ればなれになってしまったことは前回に書いた。

最後に乗り込んだ私達が飛行機の出発を遅らせたかのように先客達からは白い目で見られ、
オーストリア航空というのんは、
ひと言『アカン』。


下は、その飛行機である。
ポーランドのクラコフ空港に到着した時の写真
80a0b231.jpg
ポーランドの入国審査は厳重であった。

拳銃携帯の入管職員なのか警官なのか、

とにかくウロチョロし過ぎ。

それは仕方がないとして、私達は、さして広くはない荷物受け渡し場所のターンテーブルの前で私達のラッゲージ2つが出て来るのを待っていた。

幾組かの荷物がターンテーブルを流れ、そしてユダヤ人の団体の荷物も流れ、引き取られていった。

次は私達の荷物かなと思いつつ、空っぽになったターンテーブルを見つめていたら、男の職員が2人出てきた。

まさか・・・と思いつつ、

これで全部か?

と大声を掛けると、

これで全部だ。

何!


ウィーンの飛行場で我々のラッゲージがカートで運ばれていたのに・・・

またもオーストリア航空めが

もう、最低!

オーストリアの悪い思い出を忘れようと思っていたのに。

飛行機での荷物が無くなるというトラブルは、これまでにもちょくちょく耳にしていた。

ウィーンでは、チェコ航空を利用していた人が荷物が見付からなくて、3日目に届いたという話を聞いたばかりであった。

しかし、比較的小さい航空会社で起きており、まさか私達に起きるとは、しかもオーストリア航空でとは・・・

全く
開いた口がふさがらない
』とは、
この
オーストリア航空のことである


あきれ返ってばかりはおれないので、荷物受け渡し場所の隅にあるバッゲージクレームの小さなカウンターを設けた事務室へ行くことにした。

着替え、化粧品など、早速困ることになるのである。

既にウィーンでムカムカしていた感情が甦り、端から怒鳴りつけてやった。

が、何と若くて、か細い女の子が対応し、電話しろと言えば直ぐに電話をかけ、コンピューターで打ち出せといえば直ぐに打ち込み、一生懸命に私の指示する仕事に取り組む姿を見ていると、私の怒りの矛先も徐々に鈍ってしまった。

ウィーン空港のオーストリア航空の職員とはエライ違いや。

オバハンと女の子の違いや無いねんでえ。

接客の姿勢や、態度や、誠意やがな。

オーストリア航空はん。

高慢ちきなウィーンのオバハン、オッサンと違うんやでえ。

私は、この女性の真摯な態度に敬意を表して、荷物を発見できたら、クラコフ滞在中なら、このホテルへ、プラハに移動していたならばこのホテルへ荷物を届けて下さいとお願いし、荷物の発見に努力してくれたことへの感謝の言葉を言って空港の建物を出た。



at 16:12|Permalink

信用出来ないオーストリア航空

オーストリア航空(OS597)便は13時05分発なので、私達は12時20分にボーディングゲート前の小さいスペースの待合所の椅子に座って搭乗を待っていた。

通常、出発30分前には手続きが始まるのだが、なかなか始まらなくて10分前になって、ようやく搭乗開始の手続きが始まった。

帽子をかぶったユダヤ人の団体がいたので、彼らがゲートを通ってからと思い、しばらく列に並ばずに座っていた。

列の残りが僅かになったので私たちも並び、そしてチケットを提示したところ、しばらく待ってくれとオーストリア航空のオバハン職員が言うものだから、また座り直して待っていた。

しかし、出発時刻まで僅かになったし、待合所の座席に座っているのは他の便に乗る客のようだったので、どうなっているのか、そのオバハン職員に訊ねるとオーバーブッキングだから乗れないとぬかしおった

オーストリアでは良い思い出ばかりが残っているのに、このウィーン空港へやって来て、オーストリア航空の男の職員、コンピューターの故障は仕方が無いとしても、何の説明も詫びも無く、待たせ続けた不手際、更には待たせるだけ待たせた挙句にオーバーブッキングだから乗れないとは・・・・・

『ホトケ』と呼ばれた私でも流石に我慢出来ず、そのオバハンを大声で怒鳴りつけた。

コンピューターの故障だから・・・」と・・・オバハン。

「誰のコンピューターやねん。」

「俺のコンピューターかね。」

「言い訳はいらん。馬鹿もん。」

私が怒ったのはオーストリア航空の職員の接客態度にもだが、この便を逃したら本日の後の便が無いということと、日本で便を予約する際にオーストリア航空が信頼出来ると信じたことに対する裏切りであったからである。

早くに日本でチケットを買って、当日も早くチェックインを済ませ、座席も家内との並びで取れておった。

怒鳴り散らした為かどうかは知らないけれど、それから搭乗ゲートにいた職員が走り回りよった。

その結果、空席の確認が取れたようで、階下のバスに乗り込む事が出来た。

途中、私達のラッゲージがカートで運ばれていくのも目にし、やっと安堵した。


しかし、私は前の方の座席、家内は後ろの方の座席でバラバラ。

チェックインの際の座席の指定は、どないなってんねん。

並びの座席については、日本での発券の際にも確認できてたはず。


オーストリア航空という会社はアカン。

まだ続く信用出来ないオーストリア航空(つづく)





at 15:06|Permalink

ウィーンにての続き4

オーストリアでの、のんびりした滞在を経て、いよいよポーランドへ向かうことになった。

ウィーンは勿論ザルツブルクも含め、オーストリア滞在は私たちにとって、とても素晴らしいものであった。

私達が乗るオーストリア航空のポーランド・クラコフ行きの飛行機は13時05分発だが、初めて訪れる空港だし、出国手続きやお昼の食事も済ませなければならないと考え、空港へは10時に着いた。

ホテルから空港まで1時間程度かと予想していたが、ベンツのタクシーは高速道路をビュンビュン飛ばし、15分程度で到着した。

シュベッヒャート・ウィーン国際空港は大きい空港ではあるが、タクシーなどの乗降のための半円形の駐停車スペースに面した建物にチェックイン・カウンターが設置されているので迷うということはなかった。

しかし、チェックインが自動化されてきているので、操作に不慣れな私はオーストリア航空の男の職員に手伝ってくれるように要請したのだが、何と自分でやれと。


ワカランから訊ねているのに、何とも無礼な奴であった。

そこへ通りかかった赤い制服のオーストリア航空の女性職員に手伝いを依頼したところ、懇切丁寧に、一つ一つの動作を確認しながら私と共に親切にしてくれた。

多分、身長180数センチはあるスラッとしたアフリカ系黒人の美人であった。

次に、私と家内の荷物を預けにバッゲージカウンターへ行ったのだが、どのカウンターも業務をストップしたまま。

カウンターの女性職員はコンピュータ画面を見つめたまま、凍りついたように身動き一つせず。

荷物を預ける乗客が次々と並び、長い列を為すそんな状態で40分も待たされてしまった。

この間、乗客たちには何の説明も無く、職員同士の会話から、どうやらコンピューターにトラブルがあったらしいと知ることができた。

ようやくのこと荷物を預けた私達は、早めに空港に来ておいて良かったなあと言いながらレストランへ入った。

レストランと言ってもテーブルと椅子があるだけで、パンやシチュー、飲み物など、自分で好きなものを選んでキャッシャーでお金を支払う大学の生協食堂のようなセルフサービスのレストランである。

が、駐機場を眺めていて驚いた。

ウィーン・フィルの専用機が駐機していたのである。

e7134edc.jpg





at 13:51|Permalink

October 03, 2006

ウィーンにての続きの3

前回、シトー派について触れました。

シトー派が自給自足に近い生活を行なうために開墾作業も各地で行なってきました。

そして聖餐用のワイン造りのためにブドウも栽培していました。

今日のワイン発展の歴史と修道院でのワイン造りは決して無縁のものでは無かったということです。


ウィーン市にはドナウ運河が流れていますが、このドナウ川、ドイツ、オーストリア、ハンガリー、そしてルーマニアを経て黒海へ流れています。

確か、全長3000kmにおよぶ長さであったように・・・。

昔から水上交通として利用されていた川ですが、ヴァッハウ渓谷を2時間ばかりかけて巡るドナウクルーズという観光船があります。

下の写真は、ドナウ川クルーズの際のものです。

下はベネディクト派のメルク修道院。

お城や宮殿を思わせる大きい建物は聖堂のほかに学校、それに10万冊を超える蔵書を持つ図書館などもあり、一部は博物館として公開しています。

035a124f.jpg
下の写真は、修道院のテラスよりメルクの街並みを眺めたものです。
右側の茶色の部分がドナウ川の船着場あたり。
336df3da.jpg
下はドナウ川の船着場と、遠景はメルク修道院。
08291825.jpg
クルーズの途中川の両岸には落ち着いた街並みや中世の古城を見ることができます。
7d5d34bf.jpg
デュルンシュタイン、とても素敵な町です。6a6c4a10.jpg
クルーズの観光船はとても長くて大きいのです。

そしてドナウは美しく青きものではありませんでした。

茶色く、とても流れの速いドナウ川での操船は、きっと大変に難しいものだろうと思いました。
0e92928a.jpg





at 11:36|Permalink
記事検索
月別アーカイブ