May 2009

May 09, 2009

不思議なこと (私の受け止め方)

不思議と言っても怪しい奇怪なることを言うのではないし、異様というのでもない。

つまり予知することも予期することも思いはかることもできないという意味での不思議である。

カリフォルニア州サンディエゴに住む里子の娘の結婚式に出席するため先月の初めより兄夫婦がアメリカへ行き、そして月末に帰国した。

近頃の高齢者は元気だとか若いとかよく言われるが、兄は82歳で姉は78歳である。

いかに若い元気と言っても80歳になればそれなりの衰えや障害はあるもので、アメリカ西海岸とはいえ12~3時間の飛行に広い空港内の移動は苦痛すら伴うものである。

その上に姉は日常的に体が弱く病気がちであり、国内も東京と博多へ行ったことがあるだけで海外渡航は今回が初めて。

兄の方は日本からアメリカ本土への直行便が無く、ハワイ経由のプロペラ機で渡っていた時代から仕事で海外を回っていたからそれほどの心配をすることも無かったのだが、姉の体力についての問題と、その姉を連れてというか介護しながら行かねばならない兄のことについては随分心配し気を遣った。
e5588f76.jpg

結婚式はキリスト教会で、披露宴はHYATT REGENCYで皆が夜通しダンスをしていたらしい。 兄夫婦は部屋で眠ったらしいが。

結局、関空⇒ロサンジェルス⇒サンディエゴ、サンディエゴ⇒ホノルル⇒関空というルートで、帰路ハワイで休息をとって無事に帰国した。

5月4日だったか休日であるのに郵便物が届いたので驚いて見た。

絵葉書にサンディエゴと書いてあるので兄夫婦が現地で送ってくれたのだろうと思っていた。

ところが本文の終わりのサインを見たら、何とアンナから。
1a0d720c.jpg

横にいた家内に言うと家内も驚いて「アンナちゃんもサンディエゴ?」と素っ頓狂な声を上げていた。

アンナというのはポーランドのクラクフを私達が訪れた時、親切に道案内してくれたことが縁となってお付き合いしているお嬢さんである。

彼女はアメリカ在住の叔父の娘の結婚式に出席するということを手紙に書いていたので彼女が渡米することは私達も知っていた。 が、その行き先がサンディエゴであるということまでは知らなかった。 それに渡米の時期も知らないことであった。

何の打ち合わせをするでもなく、日本から結婚式に出席するために兄夫婦がサンディエゴの町を訪れ、ポーランドからも結婚式に出席するためにサンディエゴを訪れる。 しかも同じ時期に。

そんなこともあるだろうという見方があることは承知であり、これを偶然と結論づけることも容易である。地球上には無数の町や村があり沢山の人たちが生活し、しかも人々は常に世界中を移動しているのだから、それらの人達がどこで会おうと不思議ではないと。

しかし、地球という広い座標においてサンディエゴという交点はたったひとつの極々小さい点であり、世界に住まう大多数の人達は交点であるサンディエゴを訪れたことがないはずである。 しかも同じ時期に結婚式参列という同じ目的を持って訪れることなど誰が予見できようか。

兄夫婦の里子は南ベトナムのゴ・ディン・ジェム政権による弾圧のもと(この後アメリカ軍によるベトナム戦争が始まった)で犠牲になった家の息子で日本の大学を出てアメリカへ渡った。

また、アンナの叔父さんは1970年のポーランド民主化闘争(連帯・ワレサ議長の頃)以前の活動家で時の政府より弾圧を受けていたためにアメリカへ亡命した人で、いずれも国家体制による犠牲という立場でも似通っている。

兄夫婦とアンナが出会ったかどうかは知らないが、双方を知る私がその近接を知り不思議なことだと感じるのは当然とまでは言わなくても先ず先ず妥当であると言えるのではないだろうか。

偶然とするか不思議と受け止めるか、これは人それぞれだが私は不思議なことと受け止めた。
5e1ae5ad.jpg

サンディエゴの航空母艦(博物館になっているらしい)をバックに兄夫婦。

海軍基地サンディエゴの港の軍艦と、それに対比するように豪華客船やヨットハーバーに係留された沢山のヨット、港内をのんびり巡る遊覧船などを見て、平和な世界であることが大切と改めて感じたらしい。

写真は何やらマフィアのようだが、平和主義の老夫婦である。


at 15:02|Permalink

祝・誕生

4月3日。

予定が遅れていたがY君とHさんに第一子が無事誕生した。

私の携帯電話に報せが入ったのは午後4時41分。

出産は午後3時ちょうどで3462グラムであったらしい。

下の写真は誕生10日目ぐらいかな?
29efdc66.jpg

女の子である。

先ずは「おめでとう」と祝いの言葉を送っておいた。

この日、家内は友人らとともに紀三井寺、和歌山城の花見に出かけていたので写真付きの携帯メールを転送。 出産を気にかけていた家内も安堵の気持ちを返信してきた。

誕生1ヶ月を経て順調に成長しているらしい。

赤ちゃんというのは可愛いものである。

産科病院の指示で誕生1ヶ月は家の外に出さないようにしていたが、1ヶ月を経た5月の連休に我が家へ連れていくとの連絡をもらったものの私がずうっと風邪気味だったので両親となったY君とHさんだけで我が家を訪ねてくれた。
e09568ed.jpg

上のカードは、その時にいただいたものだ。

母乳も良く出ているとのことだが、人工乳も併用しているとか。

赤ちゃんはその人工乳の方を好んでいるとかで『高くつく娘』なんだと。

結婚前は包丁すら握らなかった(握れなかった)Y君だが、新婚1年目にしてHさんが作るケーキの製作助手となり、娘誕生以来、入浴担当として張り切っているという。

変われば変わるものだ。
ed54b301.jpg

出産前1ヶ月間は何時陣痛が始まっても対応できるようにとお酒を飲まなかったY君の意志にそって、私も声をかけず誘いもしなかった。

そして出産後も入浴担当をしているとのことなので誘っていない。

4月にH君を交えY君と3人でお祝いの席を持ったが久々のことであった。

昨夜、私は馴染みの寿司屋でハモの涼しげな骨切りの音を楽しみながら飲んでいたのだが、どんな返事が返ってくるのか楽しみにY君に誘いのメールを送ってみた。

来れば来るで良し、娘が可愛く入浴させなければと言って断るなら断るで良しと2つの答えを予想していたのである。

「もう少しで終わります。お邪魔します」

ぶっははははは

帰宅して担当の仕事を果たしたかどうかは知らない。

酒が入ったのだから昨夜はHさんに任せたものとは思うが・・・

Hさんには家で楽しんでもらうように好物を持ち帰りにしてもらった。
22c18dfc.jpg

まあ、二人、

いや、親子3人幸せにやってくれ。

願いを込めて四葉のクローバーを贈ろう。


at 10:10|Permalink

九州・博多散策の付け足し

今回の博多も楽しく過ごすことができた。

今回はT君とのデートも船長とも会う機会が少なかった。

家内が同行していたこともあるが、私が1人博多に残ってからも気になる所を巡っていたからである。

T君に紹介してもらった『久岡家』も『花』も1人で訪れてみた。

そしてまた新しい知己を得て、まるで博多の町が故郷であるかのように感じて過ごしていた。

故郷というものは一人遠きにありて想うものではないような気がしたものである。 いわゆる故郷(出身地)というものがない私の思いは歪なものかもしれないが・・・

以前にホテルの朝食代金が高いということについて書いたが、最近ではエクセル博多東急ホテルを例に挙げたことがあった。

下は博多の冷泉閣川端ホテルの和定食840円である。

eb92d57c.jpg

一般にビジネスホテルと呼ばれている施設の朝食と同じ程度のものであるが、通常の大人が食べる量としては充分であろう。

観光地のホテル・旅館が朝食を豪華で品数豊富なバイキング形式にしているのはそれなりの目的を理解できるが、都心部の大きいホテルが行っているバイキング形式の朝食やホテルに入っているレストランなどが高い料金を取っているのは理解に苦しむ。

ちなみに上の朝定食だが、ご飯に味噌汁、ザル豆腐に焼き魚(鯖や鮭など日によって変わる)、味付け海苔に小鉢には小さな玉子焼きと明太子、それに香の物が添えられており立派なものである。その上、コーヒーなどの飲み物も自由に取れる。

バイキング形式は沢山の種類の惣菜が並ぶのでそれはそれで楽しいが大食い大会をするわけではない。通常の人ならば食べる量などしれたものである。

それを朝食代金に反映させれば良いのだが、一般的にシティーホテルの朝食は2~3000円程度であり、上の写真の朝定食の2~4倍の料金を取っているので私に言わせれば『ボッタクリ』である。

返す刀で、今回も利用したリーガロイヤル広島は部屋は狭く眺めは悪い。それでいて2泊で5万近い宿泊料(税・サービス料込み)。前々回も同じ経験をしているのでボチボチ見限ることにしようかと考えている。

広島でこの支払いなら1週間滞在できるビジネスホテルがあるのだから。

と、話題が広島に移ってしまったところで九州・博多散策の記述は終わりにしよう。



at 08:13|Permalink

忘却・・・思いの一端

ばたばたしている間に新緑が目に沁みる素晴らしい時期になってしまった。

博多散策の続きを書くつもりでいたが、日々新しい出来事に向っているうちに随分忘れてしまった。

♪君の名は~♪

ラジオから流れる古い昔のメロディーと歌詞の冒頭部分が思い浮かぶ。

「忘却とは忘れ去ることなり、忘れ得ずして??忘却を誓う・・・」だったかな? 語りが入るのだったが、これも忘れてしまった。

「忘却」という言葉の発想から「恩讐の彼方に」という言葉に結び付いた。

そう言えば前者は菊田一夫、後者は菊池寛とどちらも菊が付くことでは共通する。

妙なことに気付いたものだが、言葉の連鎖というものは面白いものだ。

古来、『尻取り』遊戯として伝承されてきたものだが、『文字つなぎ』というものは単に習得した語彙数の豊富さだけで優劣を決められるものではない。

関連する記憶をいかに広く速く結合させ得るかという言わば頭の体操と言うか訓練のようなものであり、幼少期の子どもたちにとっては楽しみながら知的訓練を知らず知らずのうちに行えるという優れた遊戯である。

『文字つなぎ』の遊戯には、言葉の最後の文字を続く文字の頭の文字とする言葉でつないでいく『尻取り』と呼ばれるものがあるが、これは誰もが知っているものであろう。

出だしの文字を『あ』とすれば、《あさひ⇒ひまわり⇒りんご⇒ごりら・・・》などと続けていくものである。

そのほか、関連する語句を一定のリズムで唄いつないでいくというものもある。

出だしの文字を『アイス』とすれば、「アイスは冷たい」⇒「冷たいは氷」⇒「氷は固い」⇒「固いはげんこつ」⇒「げんこつは痛い」⇒「痛いは虫歯」などとつなげていくのだが、この遊びは最近は少なくなってしまったように感じる。

いずれも経験を基にする記憶分野を刺激する遊戯であるから心理学の研究対象かと思うが、既に公けにされているものがあるのかもしれない。 が、寡聞にして私は知らない。

ただ、子ども達の遊びというものが、私が幼少の時期とは随分異なったものになってきていることは確かなことである。

異なったものと書いたように変化してきているのではないのである。

通常、変化というのは或る状態から徐々に変わっていくことであって、連続線上での変容を指すことであり、子ども達の遊び、例えば『文字つなぎ』を例に挙げれば、『文字つなぎ』という遊びの形態が変化しながらも継続しているというのではなくプッツリ切れて無くなってしまったということである。

これは例えて言ったことで『文字つなぎ』遊びが実際に無くなったと言っているのではない。そうした遊びをする子ども達が少なくなったことは事実である。

物事に興隆と衰退はつきものであり、時代にそぐわないものや人々の好みに合わないものは淘汰され、やがては過去の遺物として残るか或いは完全に消滅してしまうものである。

つまり、『文字つなぎ』の遊戯の衰退も時代や社会の状況を反映しているものであり、ひとり遊びをする子ども達が普通の状態になってきた現代では廃れていくのも当然のことである。

『文字つなぎ』の遊戯は数人の子どもが集まって行うから楽しいのであって、ひとりでブツブツ言ってみたところで何の楽しみも喜びもないのである。

遊びそのものが衰退の方向に進むと、それを伝承する者が減り、やがては消滅する道を歩むことになる。

これも仕方のないことなのかもしれない。

昔話の衰退、童謡の衰退、手遊びの衰退と、子ども達の遊びに社会の変貌が重なって見える。

「歌は世につれ世は歌につれ」

歌は時代や世相を表すが、同時に人々の心や世相を創出する。

戦時中の歌は国策でもあったが、人々の士気を鼓舞させる勇ましい歌が流行したし、戦後になってからはラジオから流れる歌がコロッと様変わりした。

流行というものは何とも儚いもの。

その流行を創りだすのが人間であることを肝に銘じ、このこと決して忘却すべからじと思う。


at 04:27|Permalink
記事検索
月別アーカイブ