May 2010

May 24, 2010

タイの遺跡を訪ねる (21) スコータイ歴史公園 【2】

さて、下はワット・シー・サワイ(Wat Sri Sawai)の写真である。
この寺院はワット・マハタートの南西に位置してはいるが城壁内にある。
s-タイ遺跡旅行(2)256
以前に写真で紹介したピマーイやパノム・ルン遺跡と同じような塔が3つ並んで建てられており、一見してクメール様式の塔(プラーン)であることが分かる。

ヒンドゥー教の3主要神について以前にも書いているが、ブラフマー神、ヴィシュヌ神、シヴァ神の3神を表象する塔であり、こうした形状はアユタヤ時代に栄えたロッブリーの町にあるプラ・プラーン・サム・ヨートとも類似することからロッブリー様式とも呼ばれている。
柱はラテライトのブロックを積み重ねてあるが、塔や基壇には紅い土のレンガで組まれ、表面を漆くいで塗り固める方法が用いられていたようだ。

s-タイ遺跡旅行(2)257

上座部仏教が取り入れられたスコータイ王朝であるが、それ以前にはクメール王朝の支配を受けてヒンドゥー教の教えが民衆の思想基盤になっており、寺院も当然ヒンドゥー寺院であった。
しかし、クメール王朝にあってもジャヤーバルマンは当初ヒンドゥー教を信仰していたが、後に仏教に帰依して国中を仏教に変え、ヒンドゥー寺院が仏教寺院に変わってもいった。ところが、その後の王の時代になって再びヒンドゥー教に戻していったとも聞いている。
タイにあってもクメール王国に支配されていた時期にはヒンドゥー教が広く信仰されていたが、スコータイ王朝となって上座部仏教が取り入れられてからは仏教信仰が人々の世界観や思想を形成する重要な役割を果たすようになり、自然、信仰の場としての寺院もヒンドゥー教から仏教へと変わっていった。

s-タイ遺跡旅行(2)260
そうした歴史を振り返り見れば、ヒンドゥー教寺院と仏教寺院が大切な王宮寺院であるワット・マハタートの直ぐ近くに存することも納得できることである。

が、今ひとつ、宗教というものが他宗を排するという歴史、いや、現実にキリスト教とイスラム教の対立という状況が政治的に密接に繋がり、主に中東地域で人々の生命の安全を脅かしているという現状を思うと、ヒンドゥー教と仏教の融和(私の理解)が大きい問題にならないで時代が進んだことは良かったと思うのである。当時の支配者の意図などは無視することとして。
s-タイ遺跡旅行(2)258
上の写真と下の写真は塔の部分を拡大したものであるが、ナーガやガルーダが彫刻されていることから、ヒンドゥー教の祠堂であることが分かる。
下の写真の5体のうち、両端はナーガであり、真ん中は羽を広げてヘビを足で捕まえているガルーダである。

s-コピー ~ タイ遺跡旅行(2)259
ガルーダの両隣についてはよく分からないが、その服装が古代のインド風のものであることからヒンドゥーの神々に関わるものかと思う。









masatukamoto at 06:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 23, 2010

タイの遺跡を訪ねる (20) スコータイ歴史公園 【1】 

シー・サッチャナーライ遺跡からスコータイ遺跡までは車で1時間少々かかる。
スコータイ遺跡も相当に広く、ゆっくり見て回るなら2日は欲しいものだ。
s-img118
スコータイ遺跡の概観を知るだけならば城壁内を廻れば凡そは分かるが、それだけにしても随分広いのである。
私は歩いて回ることを希望していたのだが現地へ行って、とても短時日では無理であることが分かったし、自転車を借りても・・・若い時なら何とか今回はツアーに参加しての行動だったので可愛いお嬢さんが運転する巡回観覧車で移動させてもらった。 
s-タイ遺跡旅行(2)261
電気自動車で低速走行ではあるけれど、それでも自転車よりも速いし迷うこともなく見学箇所(主要な)へ案内してくれるので便利であった。

もっとも思う所で停車したり、希望するだけの時間的ゆとりを取ることができない不自由さはあるが、疲れないしロス時間がないから結論としては良かったと言える。

下の写真は池を隔てて見たワット・マハタートである。
s-コピー ~ タイ遺跡旅行(2)228

ワット・マハタートというのは各都市の中心となる重要な王室寺院のことである。
写真の左端にはセイロン様式の仏塔があり、寺院中央にはシー・サッチャナーライのワット・チェディ・チェット・テーオでも紹介した蓮の花のつぼみ型の屋根が特徴のスコータイ様式の塔が建ち、その前に悟りを開いた仏様の坐像がある。

下の写真が、上の写真で中央正面に位置する悟りを開いた仏様の坐像
s-タイ遺跡旅行(2)234

この仏様に向かって右側には立像の仏様、左側には坐像の仏様があり、下の写真では、その坐像の仏様が赤い土のレンガに囲まれて頭部を少しだけ出している(左手前)。

s-タイ遺跡旅行(2)248

下は中央のスコータイ様式の塔を囲むようにタイ様式(ハリプンチャイ・ラーンナー・タイ)の仏塔などが建ち並んでいるワット・マハタートの中心部。
赤い土のレンガで造られたものと少し黒っぽい色をしたラテライト・レンガの塔が混在し、それぞれの塔の前には仏様の坐像が祀られ、更にその台の下には沢山の遊行仏(立像)が並んでいる。
s-タイ遺跡旅行(2)244

次の写真は中央正面の仏像の左側に祀られている坐像で、赤い土のレンガに囲まれて頭部を少しだけ出している仏像を正面から見たものである。

s-タイ遺跡旅行(2)240

下の仏像は遊行仏の台の上で仏塔の前に祀られている仏坐像である。

タイ遺跡旅行(2)247
下はワット・マハタートの中心で中央正面の悟りを開いた仏様の坐像の右側に祀られている立ち姿の仏像である。

s-タイ遺跡旅行(2)242






masatukamoto at 18:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

タイの遺跡を訪ねる (19) シー・サッチャナーライ歴史公園 【2】

私はシー・サッチャナーライ歴史公園と書いているが日本の観光ガイドブックには遺跡公園と書いているのが多い。
実際は遺跡を公園化して保護管理しているので遺跡公園と表現して良いのだが、タイ国は公的にはHistorical Parkとしているので、私はそのまま日本語に訳して使っている。
通常、遺跡の場合はRuinを用いるが、そこに何か意図があるのかどうかは分からない。
シー・サッチャナーライの遺跡群は広い範囲に点在していると書いたが、大きくはワット・プラ・シー・ラタナー・マハタートのある東部のチャリエン地区とワット・チャーン・ローム(前ページ)や下に紹介するワット・チェディ・チェット・テーオ、ワット・ナーン・パヤーのある西部の城壁内に位置する遺跡群に分けることができる。
下はワット・チェディ・チェット・テーオの仏塔である。s-タイ遺跡旅行(2)196

タイ語でワットは寺、チェディは塔、チェットは7つという意味。テーオは分からないが『七つの塔の寺』という意味の通り、様式の異なる塔が建ち並ぶ。
前のページで紹介したが、これらの遺跡はスコータイ王朝3代目・ラームカムヘン大王が13世紀の終わり頃に整備したシー・サッチャナーライの西側の城壁内に位置しているが、クメール王国のジャヤーバルマン(1161-1218AD)の時代、或いはそれ以前より寺院としての建物があったのではないかと思いつつ見学した。
スコータイ王朝は1220年頃に生まれ、1378年にアユタヤの属国となり、1438年にはアユタヤに完全に併合されてしまった王国である。
3代目・ラームカムヘン大王の時代に最も栄えたようで、4代目・ルータイ王(Loethai 1298~?)の時代には多くの領土がなくなり、6代目・リタイ王(Lithai)の時代にはアユタヤ国の成立を認めている。
説明によれば、6代目のリタイ王は熱心な仏教徒であり、タイの王様としては初めて出家をし、セイロンから仏僧を招くなどしたらしい。
写真のワット・チェディ・チェット・テーオは、リタイ王が14
世紀に整備、建立したものと聞いたが、様々な様式の遺構があることを納得したものである。
s-タイ遺跡旅行(2)206
写真のように塔の屋根部分が蓮の花のつぼみ型、これはスコータイ様式と呼ばれる仏塔であるが、そのほかにヒンドゥー教のも混じっていた。

写真手前の直立するのはラテライトのブロックを積み上げたもので、柱の遺構である。
柱の表面を曲面に(削ったか型かは不明)して漆くいを塗ってあったようだ。
タイの遺跡で柱を含む建造物の遺構の屋根は木材を使用していたものと見てほぼ間違いはないようで、このラテライトの柱の上にも木材による屋根があったのであろう。 

s-タイ遺跡旅行(2)212
上はワット・ナーン・パヤーの仏塔でラテライトのブロックで造られている。

s-タイ遺跡旅行(2)214

ラテライトのブロックを積み上げた壁に漆くいを塗り、その漆くい表面にツル草の模様などを彫刻していた当時の様子が分かる。

説明によれば、このようなデザインはアユタヤ様式の初期のものとのことであったが、中期、後期どころかアユタヤ様式自体、私は知らないのでこれには困った。


仏塔を拡大したものだが、石段を上がってみて塔の構造が分かった。
つまり、どのようにラテライトのブロックを積み上げて形を成したかということである。
基本的には日本の五重塔やお城の天守閣などの高層建築物を造るのと同じであった。(と思う)
階段上の部屋(仏様を祀る)
に入ると中央にラテライトのブロックを円柱状に積み上げた柱があり、それを廻るようにラテライトブロックの床があるのだ。
s-タイ遺跡旅行(2)217
これだけのことで塔の構造が分かったと言うのは早とちりの謗りを受けそうだが、日本の高層木造建築物を造る際に最も大切なのは『心柱』(真柱)
である。
中心となる礎石に太く真っ直ぐ丈夫な『心柱』(真柱)を立てて、それに他の構造物を組んでいくのであるが、これらをラテライトのブロックで行っているのである。(多分
)
階段上の円形の部屋の中央にあったラテライトの円柱が3抱え程度あったので、恐らく直径は1.5mはあったと思う。
s-タイ遺跡旅行(2)176

シー・サッチャナーライ歴史公園の駐車場にあった土産物店であるが、仏具の骨董品屋かと思うような店から、ありふれた小物の土産物まであった。
写真は木彫の象、遊行仏、シバ神などと仏具を並べている店。
家内も随分値切るのが上手になり300バーツや400バーツも値切ったと自慢するが、このような土産物店で10バーツ20バーツの値切り交渉をしているのである。
この時のレートが幾らだったか知らないが、円とバーツは凡そ3対1だから30円や60円の値引き交渉。
1円でも安い買い物をと日常考える主婦にとっては大きい問題なのであろう。これは分からぬではない。
しかし、日本人にとっての50円とタイ人の50円とは、その生活上単に3倍か3分の1かの違い以上の格差があるのだ。
「そこまで値切らんでもええやないか」と私は言うのだが・・・

15世紀の後期に造られたものと考えられているようだが、釣鐘状の仏塔であり、セイロン様式の仏塔に分類されている。



masatukamoto at 14:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

タイの遺跡を訪ねる (18) シー・サッチャナーライ歴史公園 【1】

ピッサヌロークからスコータイ遺跡まで自動車で約1時間の距離になる。
また、スコータイ遺跡からシー・サッチャナーライ遺跡まで自動車で凡そ1時間かかる。
ピッサヌロークの見学(ワット・プラ・シー・ラタナ・マハタートなど)をしてスコータイ遺跡やシー・サッチャナーライ遺跡を見学するには1泊するだけではとても時間が足りない。
私たちがピッサヌロークで宿としたのはアマリン・ラグーン・ホテル。
s-コピー ~ タイ遺跡旅行(2)164
上の写真のホテルで2泊したのだが、スコータイ遺跡を見て回るだけでも私は2日欲しいと思ったほどにスコータイ遺跡は広く素晴らしいものであった。
s-タイ遺跡旅行(2)166

上の写真は今年の正月の賀詞の背景に用いた写真だが、このホテルで撮影したものである。水を湛えた広いプールに、昇る太陽がココ椰子の樹影を映しだす光景が清々しい南国の朝にピッタリだっので撮影したもの。お気に入りの1枚である。
ともあれピッサヌローク、スコータイ、シー・サッチャナーラとこの地域一帯は蛇行するヨム川の流域にあって肥沃な土地であり農耕に適していたと考えられる。

先史について詳しくは知らないが、地理的にはビルマ(アンダマン海)やラオス(中国・雲南省)に近く、現在のシャム湾が広く内陸に入り込んでいたことなどを考え合わせれば、石器を用いていた大昔より人々の交通があったことは充分に予想されることである。
以前にメコン川流域の遺跡としてバーン・チアンやプー・プラ・バートについて記述したが、紀元前数千年の頃には人々が定住生活を行い、1~3世紀頃にはタイ各地で小国家を形成していたようである。
当時のシャム湾は今よりも内陸に入り込んでおり、現在のバンコクは浅い海の底で入り江はアユタヤのあたりまであったようだ。
人々はチャオプラヤー川に沿って移動し定住地域を広げていたらしく、6世紀の中頃にはシャム湾からチャオプラヤー川に沿った地域で幾つもの都市国家が形成された。それらの都市国家をまとめてドヴァラヴァティと呼ぶ。
ドヴァラヴァティはインド美術の影響を受けていると言われているが、タイ様式ともクメール様式とも異なる独自の様式として美術史では位置付けられている。
また、メコン川流域ではクメール人の国家が成立し、後のクメール王朝につながっていくようになるのだが、サンスクリット文字が使用されていたことからインドとの交流によってヒンドゥー教や仏教も伝わっていたことなどが分かる。
9世紀に入るとクメールの力が強まり、現在のタイは東北部より徐々にクメール王朝の支配影響下に組み入れられるようになっていくが、当時、タイ北部の南に位置するピッサヌローク、スコータイ、シー・サッチャナーライなどは既に都市として発展していたらしい。

s-タイ遺跡旅行(2)221

スコータイもシー・サッチャナーライもクメール王国
(アンコール王朝)の支配下に入れられていたが、クメール王国はジャヤーバルマン(Jayavarman 1161-1218 AD)
が亡くなって以後徐々に勢力が衰え、タイ族のポークン・パームアンがスコータイに王 朝を成立させた。
このスコータイ王朝がタイ族による最初の国家であり、スコータイもシー・サッチャナーライも繁栄していくことになる。

シー・サッチャナーライ遺跡も広大であり、人数がまとまると上の写真のようにジープが牽引する車で案内してもらうことができる。
s-タイ遺跡旅行(2)178

遺跡の建物は写真のような森が続く広い範囲に点在しているので上の車かレンタルの自転車で回るのが良いと思う。

ただし、上の写真の車は城壁内にある遺跡群を巡ってくれるだけなので念のため。

s-タイ遺跡旅行(2)186

               写真はワット・チャン・ローム。

ラテライトのレンガを方形に積み上げた土台の上に更に台を組み、その周囲に象を配置し、積み上げたラテライトの方形台の周囲には仏座像を祀り、方形台の上に釣鐘状の仏塔を組んである。


s-タイ遺跡旅行(2)190

象の体内は空洞になるようにラテライトが組まれ、元々は表面を漆くいで塗り固めてあったようだ。

建物の剥げ落ちた様子から元は白色の構造物であったことが想像できる。

象は全て破損しており完全なるものはなかった。

s-タイ遺跡旅行(2)194

仏像は右手を下した悟りを開いたスタイルであるが、これらも全て何らかの破損を受けていた。

ワット・チャン・ロームはラームカムヘン大王の命で建てられた寺であるが正確に何年に建てられたのかは分からない。
が、ラームカムヘン大王(12391317)というのはスコータイ王朝の3代目の王なので13世紀から14世紀初めに建立されたものに違いはない。
彼の偉業のひとつはマレー半島を領土とし、カンボジアを征圧することによって安定な国家を築いたことであろう。
2つ目にはセイロン仏教(上座部仏教)を取り入れ、人心統一を図ったことであろう。 つまり上座部仏教の本質である教義・経典より学び、戒律を守り、修行によって自らを高めるという悟りに至る実践を重視することを目指したものであると推量する。
3つ目には現在のタイ文字を作ったことを挙げることができると思う。


 



 



masatukamoto at 13:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

引越しが不完全であった。

ドリコムのページから当ライブドア・サイトへの引越しが完全に行われなかったようで、欠落している部分を補填することにする。

欠落していた部分は『タイの遺跡を訪ねる (17) ピサヌロークへ移動』から『タイの遺跡を訪ねる (23) スコータイ歴史公園 【4】』までであった。

どういった原因で欠落したのか私には分からないが、順じ書き込みを行っていくことにする。

但し、文・写真及びページの構成に関してドリコムのページに記載してあったものとは異なったものになるであろうことを断っておく。


masatukamoto at 07:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ