February 2014

February 22, 2014

みのもんた氏と『朝ズバッ!』

朝のコンサートについては何度も書いてきたが、その日その日の気分や好みで開催しない日もあるし、曲についても何となく流しているだけという日もある。pict-The Polar Bear-1
そのような朝を毎日過ごしているのだが、6 時と 7 時のニュースはどちらかを欠かさず見るようにしている。
このところはオリンピックに関する報道が多いが、ニュースチャンネルを見るのはオリンピック情報を知るためではなく、新聞報道を補う目的で見ているのだ。

このニュースの時間帯を外せば、平日は 8 時過ぎまで TBS 系列 『 朝ズバッ!』、その間にホッキョクグマ-3毎日ほぼ変わりないメニューの朝食を摂りながらチャンネルは ABC 系列の 『 モーニングバード 』に。
凡そだが朝のテレビ視聴は私が
 9 時半頃までで、 9 時頃より家内が観てるかな。
私もたまに見るがフジテレビ系列の 『 とくダネ!』 というワイドショウである。

『 朝ズバッ!』 は、以前は 『 みのもんた の 』 と言う所有冠詞の如き言葉が付いていたpict-朝ズバッ場面-1構成が、彼が降板したことで今はテーマも
 『 朝ズバッ!』 のみである。
『 みのもんた 』 氏が降板するに至ったのは彼の次男・雄斗氏が起こした不祥事に起因したのだが、この次男氏 31歳で独立して家庭を持っていたという。
下は次男氏が事件を起こした当時、各テレビ局が流したテロップの一部である。
pict-テロップ構成-1
当初、窃盗未遂事件容疑者として 31歳の日本テレビ社員の名前が上がったのだろうが、各テレビ局はテロップが示す通り、いずれもが 『 みのもんた氏の次男 』 であると明示していた。
事件捜査が進んでいく過程で、『 みの 』 氏は 「 私の息子ゆえ・・・」 マスコミ挙げて騒がれることになるのだといpict-The Hare-1う意味の言葉をつぶやいていた。
『 みの 』 氏がどのような思いをもってつぶやいたのか彼の本当の気持ちは分からない。 しかし、彼が言いたかったことは、犯罪が良いとか悪いとか犯罪に軽重があるとか言う意味ではなく、窃盗事件は数多く発生し窃盗犯も多く検挙されている社会にあって御法川雄斗容疑者 ( 当時 ) に対するマスコミ各社の反応は他の多くの窃盗犯罪容疑者に対する扱いに比べpict-The Hare-3異常とも思えるぐらい過剰なものだという気持ちがあったのではないかと私は想像したのだ。
『 みの 』 氏の気持ちを推量した私自身もマスメディアの取り上げ方について、これはやり過ぎだと批判的に見ていたのだ。

その後この件は週刊誌や TV ワイドショーなどで次男氏の慶応高校時代の生活態度と彼に対する 『 みの 』 氏の父親としてのpict-The Leopard-1関わりや、『 みの 』 氏自身の収入から生活実態にまで掘り下げ紹介されるという経緯をたどった。

ここまで行けば、もう何をか言わんである。
有名人税だと? 知る権利 ? 報道の義務&権利 ?

立場ごとに理屈を付けて何かを言いたい人もいるだろう。
だが、私は 『 みの 』 氏の息子ゆえに 『 みの 』 氏も息子もマスメディアの袋叩きにあったのだと見ている。
これは確かに袋叩きである。
pict-Sochi-Olympiade-2反論出来ない場を醸成しておいて非難する。
これはイジメの構造と同じだと私は見ている。
社会部や芸能部の記者たちはワカランのだろうか。 番組の企画や構成を差配するディレクターやメディア各社の幹部は・・・・・
見ない、見えない、聞かない、聞こえない、逃げる、避ける、蓋をする・・・・・
『 君子危うきに近寄らず 』 という俚諺の通り、これまでもマスメディアに関わる諸兄姉は差別云々に真正面から取り組むことなく禁句集などを作成pict-Sochi-Olympiade-3し、先ず関わらない追及されないという防御姿勢に徹してきた。
この弱き連中が寄ってたかって・・・・・
私にはそのように見えた。

確かに 『 みの 』 氏の傲岸不遜とも言うべき態度がテレビでの司会で感じられる面が無くはなかった。
彼の資金力と言うか、そうしたことを匂わす彼の言動は家内も私も嫌うところだった。ジャンプ-1
しかしマスメディアが紹介する父親の事業を継いだとか、東京・銀座や京都・祇園で飲み明かしているとか、記者会見の場となった彼の豪邸がどうのとか、そんなこと、どうでもええやないか。

ことの発端は彼の次男氏が不祥事を起こしたことだ。 繰り返すことになるが次男氏は 31歳。 大きい会社の社員で父親とは別所帯を構えている立派な社会人だったのだ。

江戸時代以前なら、誰かが不始末を起こせば連座制が適用されて一族郎党The Hare-2みんなが罪に問われることもあった。
先日の北朝鮮に関する報道では処刑された張 成沢氏に連なる一族が悉く処刑もしくは強制収容所送りになったらしい。 しかし、いやしくも民主主義国家を標榜する現代日本にあって、選挙違反での連座制以外に社会から責められるようなことはないハズ。
未成年の息子が犯した犯罪なら親の監督を責められても仕方がないが・・・・・

『 みの 』 氏、降板の決心は自らされたことだから周りがゴチャゴチャ言うことではない。
だが、私には彼がそうせざるを得ないギリギリの所まで追い込まれた結果だと思っている。pict-ユキヒョウ-2

彼が 『 朝ズバッ!』 の出演を自粛すると聞いた時、私は四字熟語を思い浮かべていた。
『 勧善懲悪 』。
この四字熟語が 『 完全懲悪 』 という文字に変わって思い浮かんだのだ。
『 みの 』 氏が悪いという意味では勿論ない。
良きことを勧めると言うのではなく、懲らしめるのも徹底的にトコトン相手が潰れてしまうまでやってしまうんだという感じで思い浮かべてしまったのだ。

そうした意味での 『 完全懲悪 』 する対象なら政界や財界にゾロゾロいるのだが・・・・・

『 朝ズバッ!』 については井上や小林といった若手アナウンサーが 『 みの 』 氏のpict-スキー-1役割を果たそうと頑張っていることは認められる。
しかし、やはり熟達した 『 みの 』 氏の切り回しには及ばない。
勿論比較することには無理があるのだが、インタビュアーとして、聞き手というか聞き出し手としての経験と努力をもっともっと積まねば高校放送部員の力量とあまり変わらないように見える。
pict-ソチ・オリンピック・マスコット-1
今、ソチ五輪の取材に行っている高畑百合子アナウンサーは語彙も豊富で表現力豊か。
 アナウンサーの質がどんどん落ちているように感じるのだが、彼女は合格組の内の一人である。
合格か不合格かは私の独断と偏見の結果であることは断っておかねばならない。


masatukamoto at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 21, 2014

コンサートは心地良いのだが・・・

今朝のコンサートはハイドンのリュートとヴァイオリンのための弦楽四重奏であった。
リュートはヤコブ ・ リンドバーグ ( Jakob Lindberg ) 。
彼についても古楽器のリュート ( Lute ) についても以前に書いたことがあるかもしれない。pict-Jakob Lindberg-Lute
形状は共鳴箱が付いたマンドリンのようなもので写真のように撚糸の弦が20本ある弦楽器である。
ヤコブ ・ リンドバーグの前に写っているリュートで棹の長さが想像できると思うが、弦を長くするためにもっともっと長い棹のリュートもある。

そしてヴァイオリンなど他の弦楽器はスウェーデン・ストックホルムを本拠地とするpict-Jakob Lindberg-1ドロットニングホルム・バロック・アンサンブル
 ( members of
Drottningholm
Baroque Ensemble ) の演奏である。

弦楽器の音色は寝起きの朝に良く合うと書いたばかりだが、仕事に出かけていた頃は出勤前に気持ちのゆとりというものを持てなかったため音楽を楽しむということが出来なかった。
現職を退き、時間的にも気持ちの上でもゆとりを持てるようになった今、音楽を楽しむことは出来るものの今度は身体に障害を得て散歩に出かけることすら出来なくなってしまった。pict-Member of Drottningholm Baroque Ensemble-1

『二兎を追う者は一兎をも得ず』と言う。
二兎を追ったわけでもないのに、現況はやはり辛いものだ。
不足は言うまい、不満には思うまい。
何事もポジティブに陽気に受け止めていこう。
そんなふうに信仰的に求道者の如き心構えをと頭は指示しているのだが・・・・・

ぶっははははは
アタマは指示しているのにココロは全てを受容しない。
pict-Jokob Lindberg-3ははははは

実体二元論・・・・・何やらデカルトからプラトンへ遡って行きそうな。
プラトンの言うプシュケー ( Psyche ) は命とか心、霊魂や息吹といった意味を持つ言葉だった。
心理学を英語では Psychology 、生理学は Physiology と言った。 いずれもプシュケーに由来する。
脳と心・・・・・??
お前ら一体何者やねん。

はぁーーー、永遠の課題なのかも。 



masatukamoto at 17:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 20, 2014

残念な知らせ

退院後に受けていた訪問リハビリ担当の理学療法士Ⅰ氏が退職して実家に戻ることになったのだと。

『 男もすなる日記といふものを、女もしてみむとて、するなり。』
pict-紀貫之-1紀貫之の 『 土佐日記 』 の冒頭部である。
入試に関わりのあったものは半世紀を経てもなお明瞭に記憶していることに驚くばかりだ。

『 女もすなる寿退社といふものを、男もしてみむとて、するなり。』
PT のⅠ氏が言ったわけではないが、彼が同道した PT に業務を引き継ぐことになったと語り始めた瞬間、私の脳裏にぽっと浮かんだ一文である。

Ⅰ氏の実家は土佐に近い阿波。
実家の名跡を継ぐということで呼び戻されたことが理由のひとつだが、今一つ、ずっと付き合ってきた女性と正式に入籍・結婚するという腹を決めたと、まあ男としての責任を明確にするというかケジメをつけるということで、理学療法を受けてきた私としては寂しく残念な知らせなのだが、拍手喝采、感謝の意を込めて送ってあげたいと思ったのだ。
pict-桜島・磯庭園-1
後任者は名字からして 『 薩摩おごじょ 』。
ともかく、「 よろしゅ お願いしもす。」 ということで・・・・・


masatukamoto at 17:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

僅かな変化

春の兆し・・・・・とは言えないほどの僅かな僅かな変化。

朝、起きたてのことである。
電気毛布で温められた布団を剥ぎ、20分ばかりベッドの上で主に腹と足の筋力トレーニング、それに上体の柔軟体操を行うのだが、数日前までは体を動かしていてもグングン体温が冷えていくのを感じていた。pict-チュウリップ-2
それが、今朝は起きてから運動している間も寒いとか冷えていくという感じがしなかったのだ。

一昨日より昨日、昨日より今日と、朝起きたての室内の気温が明らかに変わってきているのだ。
変わってきてはいるけれど、春の兆しを感じるまでには至らない。
それでも少しずつ少しずつ、ほんに僅かではあるが部屋の空気が変わってきているのを感じるのだ。
pict-Mstislav Rostropovich, cello-1大寒から立春、そして昨日の雨水。 この後、3月 3日の雛祭りが過ぎれば 3月 6日が啓蟄、そして春分の日が 3月21日と、いよいよ春が近付いてくる。
家内が世話をしているチューリップも少し背伸びをしてきている。

朝のコンサートを再開した。
ハイドンのチェロ協奏曲の 1 番と 2 番であった。pict-Mstislav Rostropovich, cello-2
ロストロポーヴィチ ( ムスティスラフ・レオポリドヴィチ・ロストロポーヴィチ 
Mstislav Leopol'dovich Rostropovich
) のチェロ演奏にエリザベス・アイオナ・ブラウン ( Elizabeth Iona Brown ) のヴァイオリン。 それと彼女が属するアカデミー室内管弦楽団
The Academy of St Martin in the Fields ) による演奏であpict-Iona Brown-1る。


この録音は 1988年だったか、ロストロポーヴィチもアイオナ・ブラウンも存命であった。
ロストロポーヴィチは 2007年、80歳で逝き、アイオナ・ブラウンは2004年、63歳を天寿としたようだ。

目覚めた時のほか、ゆったりした時、のーーんびりしたい時などは弦楽器の低く伸び伸び広がり響く音色がピッタシ。 Martin in the Fields-1
pict-十訓抄-2

『 虎は死して皮を残す。人は死て名を残す。』 と鎌倉期に記された 『 十訓抄 』 の
第 4 「 人の上を誡むべき事 (第四 可誡人上多言亊)」 に記されている。

いみじくも行基菩薩の最期に臨んでの言葉である。



彼らは音楽家としての名を残し、素敵な音も残してくれた。
私も人の端くれに入るが一体何を残すことになるのか・・・・・

まあ朝からそんなことはどうでもええか。
今朝も素敵なコンサートであった。
先ずこのことを喜ばせて頂こう。





masatukamoto at 14:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 18, 2014

雨水に思う

二十四節季では今日あたりを 『 雨水 』 と呼ぶのだが、暦には明日19日がそうだと記している。
二十四節季というのは農事暦のようなもので、1年を 24 の節に分け、それぞれの季節の特徴を示しているのだ。梅花-2
人類と気象の関係はその歴史の殆ど全てが観天望気の時代であったと言って良く、科学に裏付けされた機器による気象観測は長い人類史上極々最近、せいぜい数百年前からだと言って良いだろう。
アフリカ ・ エチオピアで発見された化石 ・ Ms. ルーシー
( Lucy、アウストラロピテクス・アファレンシス ) は、その周辺にあった火山灰の放射性年代測定の結果 322万年衛星-1~318万年前のものとされている。
仮に Ms . Lucy が人類の祖先であるとすれば、人類 3000000年の歴史において、科学的機器観測の歴史は 500年にも満たないのだ。

しかし、ここ数百年間の科学進歩は実に目ざましく、宇宙科学、地球科学に係る機器開発とその発展は語る必要もないほどだ。衛星-2
気象観測に限っても私が子どもの頃はラジオゾンデを上げて高層気象情報を得ることが最先端技術であったが、軍事技術の進歩と応用はやがて富士山頂にレーダーを設置することとなり、それは更に人工衛星による観測へと進展し、今や地上 850km から
36000km といった宇宙空間には軍事偵察用から純粋気象観測用までいろんな人工衛星が飛び回って地球全体の情報を送信してきている。

※ 地球の大気圏と宇宙空間は海抜高度 100km ( 62.1miles ) のカーマン・ラインによって分けられている。

科学観測調査は天空からばかりではない。 陸上は勿論、海洋底でも行われており、その情報量は相当なものである。
にも関わらず気象変化にしろ地震にしろ、地殻変動や火山活動など地球環境全般にわたって予報や予知に 『 絶 対 』 という言葉を付けることが出来ないでいるのである。
独立行政法人・海洋研究開発機構-1
pict-独立行政法人・海洋研究開発機構-2図は独立行政法人・海洋研究開発機構の調査研究船と探査機。

二十四節季も特定の日を指してどうのこうのと言っているのではない。
『 雨水 』、つまり現在の暦 ( 陽暦 ) における 2月18日か19日頃は雪や氷が雨に変わる時期で、眠っていた草や木が起きる準備を始める頃だと昔の人たちは経験から学んだ知識を二十四節季として伝承してきているのである。
『 絶 対 』 という言葉を冠して言うことはできないが何の科学的証明もない中、経験則だけをもって二十四節季を伝えてきたことに只々敬意を表するばかりである。

決して科学を馬鹿にしているのではない。
自らの足場を崩すようなことは如何に能天気な私でもソレはヤラナイ。
先にも書いたように人類の歴史が始まって 3000000年。
歴史を遡れば現代自然科学の基礎がこの 3 百万年の間に少しずつ少しずつ積み上げられてきたことが分かる。pict-独立行政法人・海洋研究開発機構-5
人類が関わる人類のための科学は未だ未だ発展途上にあるのだ。
乳児ではないにせよ成人とは言えないのではないだろうか。

それにしても100万年前の人類が知るべき知識量と現代人が知るべきそれとは比較にならないほどの差があることは単純にして明快なことである。
このように学び知ることが多過ぎて学習嫌い、とりわけ科学嫌いが増えたのかどうか、全く関係ないとは言い切れないと思うが、一方で科学を楽しく学び学ばせるという努力が学習者と指導者双方から軽んじられていたことは否めない。
児童・生徒は勿論、一般の人たちにも化学に対する興味関心を持ってもらおうと日本化学会は化学実験を各地で公開してきた。 『 米村でんじろう 』 氏は事業としてだが科学の面白さを多くの人たちに感じさせた。
そうしたことも影響したのかどうか知らないが、このところ 『 リケジョ 』 というのが受けているらしい。
pict-独立行政法人・海洋研究開発機構-3『 リケジョ 』 というのは理系女子ということだと知ったのは昨年だったか一昨年だったか・・・・・
ともかくも科学好きな女性が増えたことは結構なことだし、企業・社会が認め推奨、受け容れ体制をきっちりするようなら素晴らしいことである。

女性の社会進出を積極的に支援するという政策については安倍を支持しよう。
但し、政府行政のお声掛けだからと形の上だけ女性を入れるとか、数合わせのように能力疑わしき者を役職に付けるなどとツマランことが無いようには願いたいものだ。

話を少し戻すが、TBS系列のテレビ番組 『 朝ズバッ 』と『 昼おび 』 に森 朗といpict-独立行政法人・海洋研究開発機構-6う気象予報士が出演している。
レギュラーではないらしいが、私はこの人物が出演するのを楽しみにしている。

と言うのは、従前各テレビに出演している気象予報士は天気概況をせいぜい衛星写真と気圧配置図などで示し、予想される気象について各地域(府県単位)ごとの図表を提示して語る程度で終わるのが通常である。

ところが森氏は少々異質、異端で型破り。 良く言えば大変優れたという意味で個性的であり、彼の出演を楽し森 朗 氏-1みにし、とても期待をもしているのだ。
テレビ局がヤラセテイルのかどうか知らないが、彼をひと言で評すればオモロイのだ。

私は師から受けた直観主義、つまりペスタロッチからヘルバルトへの実物教育の思潮を師匠亡き今なお私の思想の根本柱のひとつに遺物の如く据えているので、人の話し方から物の提示、教員の教授法等々、いろいろ気になる気になる。
・・・・・木になるだったかな?
冗談は置いて、何でもかでもモデル化することに賛同しないが、抽象的な気象概念を一般の人たちに分かりやすく説明するには大気をモデル化し、それを教材として提示することは大変大事なことである。
pict-Feb 15, 2014 Surface Wind
森氏は気象とは関係のない学問を慶応で専攻されたようだが、テレビに出演されるたびに工夫開発された教材で天気事象の解説をされる、このことが大変オモシロク私が楽しみにしていることなのだ。

MC ・ 恵 氏から弄 ( いじ ) られながらも真面目な笑いで受け答え出来る森 氏のキャラも温かみが感じられて私pict-Jan 16, 2014-1は彼の番組出演に期待を寄せているのだ。
二十四節季の 『 雨水 』 に関わって思いつくことを書いてみたが、森 氏のような人が中学や高校の地学 ( 気象 ) の教員なら生徒たちにとっても幸いなのだが・・・・・とは私の個人的な思い。

上の図は 1月16日の気象衛星よりのもの。
今年は 1月20日が大寒であった。
こんなサッブイ気象図の日は、もう今年 12月までは来ることも無いだろう。

( 2月18日記す )


masatukamoto at 13:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ