October 2014

October 30, 2014

カメラ その ②

『カメラ その ①』でコンパクトなデジカメを重宝していると書きながら不足があるとも書いた。
実際、通常撮影の場合には何の問題もないのだ。
ただ、時に星座や星の動きを撮ってみようと思うことがあるのだが、シャッター速度に開放、つまりs-Fuji-FinePix-S9400W-2バルブ機能がなく、星の光量が低いということもあって撮影出来ないといったことがある。

デジタルカメラというのは様々な機能が目一杯コンパクトに賢くまとめられた逸物であるが、特殊な要求を満たすなど何もかも一台で済ませるなどというのは流石に無理もあろうし私も要求はしない。
息子が置いて行ってくれた富士フィルムのファインピックスだが、まだ取扱い説明書を読むに至っていない。
近頃は細かい文字を読むことが辛く、『 習うより慣れろ 』 よろしく、このカメラも一応触ってみたがバルブ機能を見つけることは出来なかった。
しかしながら持ちやすくて見た目以上に軽い軽ーいのだ。comphotoskratzpage3オドロクほどに。

ところで私とカメラの付き合いは長い。
これは父親が写真の趣味を持っていたことが大きく影響したようだ。
昭和31~2年の頃、木切れを削って作った小さな戦闘機を糸でぶら下げ、それを幼稚な当時のバカチョンカメラ ( 上の写真に似たカメラ ) で撮影していたことを思い出す。 たぶん私のアルバムに貼ってあるはずだが。
当時、日光写真の遊びを卒業した私だが、父親の高価なカメラ ( ライカ ) を触らせてはもらえず玩具のような小型のカメラを買ってもらったのだった。s-Fujipet
映画ゴジラの特撮に興味があり、空を飛ぶ模型の戦闘機を実際に飛んでいるように見せる写真をと子どもなりに考えて取り組んだものだった。
それから暫くしてフジペット(右の写真)という、これも玩具のようなカメラであったが父親に買ってもらって随分遊ばせてもらったものだった。

確か私がフジペットを手にした翌年だか翌々年だったか、父親のカメラがライカから三角マウントが特徴の一眼レフ 『 ニコンF 』 に代わっていたのだった。
s-Nikon Fこの名機は私が高校生になった時に父親が譲ってくれ、10数年前まではずっと使っていたのだ。

ずっしりと重く、シャッターを切った瞬間のカシャッという音など当時の私には、『 うーーん、大人のカメラ 』 という感触を持っていたものだ。
1964年東京オリンピックが開催されたが、その聖火はアテネから日本へ運ばれ各府県を縦断するようにリレーされた。
この聖火リレーで大阪の一区間を陸上競技をしていた友人が聖火トーチを捧げ主走者として走るので、この 『 ニコンF 』 を持って私は撮影に出かけたのだった。
当時は写真部にも籍を置いていたし、生徒自治会長の任にもあったので記録と応援のためなどと全く勝手な理由をこじつけ授業をほったらかして ( サボって ) 聖火リレーを見に出かけたのだった。
何を言われようと今や時効である。ぶっははははは2014-10-26_093747

その後1980年代にゼンザブロニカ ( 写真右 ) を手に入れ、東大寺・二月堂のお水取りや各地の風景などを撮影してまわった。
フィルムが大判だし分解能の良いカメラだったので四つ切や半切に引き伸ばし焼き付けるのに都合が良かったのだ。
しかし、カメラ本体だけでなく交換レンズや三脚を運ぶのが大変だったため数年で手放すことになった。
と同時にビデオカメラでの撮影へと興味が移り、1997年、それまで使っていたワープロからパソコンへ移行。
こうしてパソコンの使用頻度が上がるにつれ、カメラも手軽で高性能なデジカメを使用する頻度が高くなり今日に至っている。

カメラひとつについても昔々につながる色々なことを思い出す。
そう言えば父親も 『 ニコンF 』 を私に譲ってから後に仕入れたカメラは年を経るs-ムラサキシキブ-1ほどに軽く小さく操作性の簡単なものへと変化していた。
私も父親と同じ道を辿っているような・・・・・

息子が置いていってくれたカメラは図体は大きいが意外と軽いし高性能で高機能である。大きいということを省けばスバラシイのだが、私としては勿体なく有難く、結局大切にしまっておくということになるのかも。
ははははは、親ってのは・・・・・

まっええか。
連鎖の記憶をたどることは懐かしくも楽しくもあり、私には嬉しい作用である。



masatukamoto at 20:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 29, 2014

カメラ その ①

息子が 「 ゴルフの賞品だが・・・」 と言ってカメラを置いていってくれた。
s-2014-10-24_125354何位の賞品かは知らないが、なかなか立派なカメラである。
たぶん、以前に解像度がどうの多重露光がどうのと、現在使用しているデジカメについての不足を語ったことがあったので、そのことを頭のどこかに記憶しておいてくれたのであろう。

私がここ10年ばかり重宝しているのはバカチョンカメラのようなコンパクトなデジカメである。
バカチョンのようなと書いた通り、バカではなく大変賢さが詰まったという意味でのコンパクトなカメラなのだ。
通常撮影には何ら問題は感じないどころか、銀塩フィルムを使っていた頃はASA100にしようか400にしようかとフィルムの感光度を考えたり、シャッタースピードやレンズの明るさ(F値)のほか順光逆光など様々な撮影条件を考慮したものだったが、そうした諸々の条件などカメラ自体が判断してくれる、それほど賢いヤツなのである。s-Olympus-camedia
フラッシュが必要かどうかを判断する自動露光機能、逆光補正に手ぶれ防止機能まで備えている。

更に、フィルムを使っていた頃は撮影枚数をも考慮したものだった。
20枚撮りであれ36枚撮りであれ撮影するためには、その都度フィルムを購入せねばならなかったから金銭的な問題のほか、フィルムを何本も持ち歩くのは嵩張るということもあって、むやみにシャッターを切るということが出来なかった。
ところが、デジカメは小っちゃいメモリーカードさえあれば銀塩フィルムの何倍もの画像を保存することが出来る。 バッテリーの充電という作業は必要だが、変圧器自体もキャラメルのケース程度の大きさで軽いものだから持ち運びに負担を感じるほどのこともない。
s-Fuji Finepix私はメモリーカード 1 枚
(1GB)で200枚の画像保存が可能(画素数により異なるが)と考えているので長期の旅行でもメモリーカードは手持ちの 2GBから
 8GBのものを3枚程度持っていくだけである。
これが 2GBを1枚と 8GBを2枚なら、保存出来る画像は私の計算上では2000枚ということになる。
 (実際には2000枚以上となるが・・・)
この2000枚分を36枚フィルムに換算すると55本ばかりが必要となるわけだが、これは旅先で購入するにせよフィルムの嵩が減ることは無いのだから、
むむむむむ・・・・・。

デジカメを初めて購入したのはオリンパスのCAMEDIA(右上写真)であり、その後富士フィルムのFINEPIX(左上写真)を使い、現在はパナソニックのLUMIX(下の写真)を重宝している。s-Panasonic-Lumix
いずれもその時期時期において最先端の技術を施されたカメラで今も素晴らしい奴たちであることに変わりはない。
だから現在もそれらを補助的に用いているが、それほどに素晴らしいカメラであるということだ。
現在パナソニックのLUMIXを重宝している最大の理由は手のひらに入る超薄型のコンパクトデジカメで扱い易いということだ。
こいつとは国内各地はもとよりヨーロッパなど海外へも同行してきた。
多分今後も・・・・・
たぶん、あちこち私が移動出来るようになれば
『同行二人』
ならぬ、家内と『同行三人』となるかな?

ははははは、早く、そうなりたいものだが・・・・・



masatukamoto at 22:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 27, 2014

木枯らし1号だったんだと

雨は昨夜から少し降り始めていた。
ずっと降り続くという雨ではなかったが、夜中2時頃よりは強風とともに吹き降りとなり、雨音が激しくなっていった。s-A完了
この強風雨だけなら眠ってしまうところだったのだが、気味が悪いほどの雷の光と音が2時40分頃まで続いたために夜中に寝そびれて今日は体調がイマイチである。

先日、私の嫌いな怖いものが 『 地震・雷・火事・台風 』 であると書いた。
もう夕刻となったが、屋外では時折り凄い風が吹いていることが家の中にいても分かる。
夜中からの雷と強風雨。 雷+台風のようなものだ。 多分今も前線が通過中なのだろうが、夜中に何度も部屋の中が青白い閃光で照らされ雷鳴が轟く状況ではなかなか眠れるものではない。

江戸末期の川柳に 『 泰平の眠りを覚ます上喜撰 たった四杯で夜も眠れず 』 というs-2014-10-27_205158のがあった。
小学校6年の折、幕末時の日本の深刻な様相と川柳の何とも珍妙で、それでいて奥深い賢明さを含んでいることを知ったものだった。
もっとも私は上等なお茶を何杯頂こうと、4隻程度の船の汽笛やエンジン音程度で眠れないなーんてことは無いほどに図太い面も持ち合わせてはいるのだが、予期せず光る強力な稲光と続いて部屋の中の空気をも揺るがす雷鳴には勝てないのだ。

『 雷鳴と稲妻 (Unter Donner und Blitz)』 はヨハン・シュトラウス2世(Johann Strauß II)の曲だが、これの大太s-Carlos Kleiber鼓やシンバルを恐れることはない。
ぶっははははは。 当然のことだが、この雷鳴と稲妻は私にとっては嬉しく楽しいものだ。
最近時々 You Tube を見るのだが、カルロス・クライバー
(Carlos Kleiber)の1986年日本公演での『 雷鳴と稲妻 』 (演奏・バイエルン国立管弦楽団)
を見つけたのだ。
何とも楽しそうにノリに乗っているクライバーである。
青い字の部分をクリックすることでリンクしているハズ。

ところで今日はリハビリの休日。
朝から自宅での自主トレーニングとなったが、膝の周辺が固かった。
昨日の力を今日に。今日の力を明日につなげたいと思っているのだが、いつもいつも上手く連続するわけではない。 が、それでも頑張り続けて行かねばとの思いは忘れも捨てもしていない。

屋内写真の2枚は本日撮影したもので、階段の手すりを本日取り付けてもらったのだ。
s-地下への階段2階への階段、それと地下の書斎への階段の写真である。

階段の手すり取り付け工事のため業者に来てもらったのだが、階段の昇降が出来るまで私自身の回復が進んでいるわけではない。
まだ階段の上り下りが出来るほど脚力が戻ったわけではない。 立ったままでの階段昇降はまだまだ無理だけれど、これからボチボチそうした訓練もしていかなければと考えた結果である。


今日の天気は随分荒れているなあと思っていたら、近畿地方で木枯らし1号が吹いたと気象台の発表があったんだと。
秋だ秋だと思っていたら、もう木枯らしが吹く時期になったのだ。
まったく早いものだ。



masatukamoto at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 26, 2014

痛ーーーーい

お日様が顔を出すには未だ随分時間がある日曜日の早朝のことだった。
『 ああっ、来る 』
そう感じたものだから、ゆっくり爪先を持ち上げるように脹脛(ふくらはぎ)を伸ばすようにしていったのだがダメだった。
強烈な痛みが右足脹脛に。2014-10-27_063758

足が健康な状態にあった時には自分で修復することが出来たのだが、不自由な今の状態の足は大脳からの指令をきちんと受け容れ実行することに困難があるのだ。
こむら返りとも言うが、足が引き攣る痛みは誰しも経験していると思う。 この痛みが治まらずに持続した場合の痛さ辛さは例えようがない。

不測の事態に備えて私のベッド近くに寝てくれている家内を呼び起こし、足をジワーッと伸ばしてもらって漸く痛みの持続だけは止まったものの、痛みが全て無くなるのには更に時間がかかった。

今回入院する以前だから 2~3年前になるが、やはり明け方の頃に左右両足の脹脛が攣ったことがあった。 しかも、この時は右足の脹脛だけでなく脛骨の張った前側も攣ったものだから、どーにもこーにも出来なくて、ひたすら痛みに耐えて我慢する以外になかった。

今回は眠っていて冷やしてしまったのか、リハビリ訓練のために筋肉疲労を起こしたのか、何が原因なのか分からない。 
しかし気をつけないと・・・・・、今日は家内が午後からレッスンだとかで出かけて帰宅は夜になる。 たとえ半日程度でも自分ひとりでは満足に過ごせないのだから慎重居士にならざるを得ないのだ。


masatukamoto at 19:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 25, 2014

笑うほか無し

漫才や落語は腹を抱えて笑えるものだ。
こうした笑いが健康に良いことは学問上だけでなく私たちは経験的にも知っていることだ。

ところが近頃の政治屋どもの話は笑えるけれど、『失』や『冷』や『憫』の字を冠する笑いである。
呆れかえる内容で、とても健康に良いなどと言えるものではない。
2014-10-25_111425
小渕経産大臣辞任により後任に指名された宮沢洋一経産大臣の話だ。
彼の資金管理団体『宮沢会』がSMバーへの支払いに政治活動費を使っていたのだと。
s-2014-10-25_110130
彼の選挙区である広島市民の一人が、「政治活動の政の字が違ってるのではないか。」 と指摘していたが、兵庫県議会の野々村竜太郎(前)議員の政務活動費不正使用の時も政務活動費=政活費=生活費だと揶揄されていた。
『宮沢会』の政治活動費も生活費ではないかと選挙民が語っているのだ。

飲み屋への支払いに政治活動費を使うこと自体、庶民の私には驚くべきことで、これは『苦笑』するほかない。

そして、この件の指摘と質問を受けた宮沢経産大臣は、およそ下のようなことを語っていた。
s-2014-10-25_100706バーへは秘書が行っていた。 バーに支払ったことは事実。 秘書を強く叱責した。 秘書に弁済させ報告書を訂正する。 監督不行き届きだった。 自分はその店に行っていない。

何だか空々しい返答だ。
資金管理団体『宮沢会』は宮沢議員が代表する団体のはず。
全て秘書がやったことで自分は監督不行き届きの言葉だけでチョン。
うーーむむむむむ

前にも書いたが金額の多寡ではないのだ。
s-2014-10-25_112127政治活動費って何? どうして収支明細を明らかにするようになっているの?

辞任した大臣に新任の大臣、いずれも高学歴で高い識見を有する人たちである。、
しかしながら、一般庶民である私に『失笑』されたり『冷笑』されたり、『憫笑』までされるようでは何とも・・・・・
政治屋ばかりで政治家がいない政界。
まったく呆れて笑うほか無し。


子規の句に 『 柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺 』 というのがある。
今年は大和の柿も実成り良く豊作のようで、リハビリ施設への行き帰りに色付いた実が沢山付いている柿の木を何本も見ることができる。
さて、今日は今週最後のリハビリだ。
頑張ってこよう。




masatukamoto at 12:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ