February 2015

February 03, 2015

節分の朝

チッチッチッ、チッチッチッ

朝から飛んで来てくれているようだ。
このところよく聴く鳴き声はガアーガアーと大きくうるさいカラスたちか、チュンチュンチュンチュン囀る雀たちか、メジロ-1Bピーッピーッと尻上がりに甲高く鳴くヒヨドリ、それに今鳴いているメジロたちだ。

ヒヨドリのフンのことを以前に書いたが、掃除をしてもしても ( 勿論、主語は家内だが ) 車を汚してくれるので家内にエサ台を設置してもらい、そこへ干し柿と水入れのバットを置いてもらっていたのだ。

ヒヨは、やんちゃな鳥で水入れバットは引っくり返すし、干し柿は丸ごと1個を咥えて飛んで行く。
まあエサを用意してあげているのだから良いとしよう。
メジロ-1A
その点、メジロはエサ台の上で干し柿をつつき、バットの水をすすったり浴びたりするので行儀は良い。
なかなかカワユイ奴たちで、奴らを撮る家内の腕前も上がってきてるような・・・

ところで今日は節分だ。
朝食-1A
冷凍保存のアン入り食パンなどが無くなったので、今朝は久し振りにご飯の朝食となった。
ご飯大好き人間である私にとっては大変に嬉しいことで、ご飯・味噌汁・玉子焼きが私の朝食の三種の神器なのだ。

その朝ご飯にイワシの生姜煮が。
別に節分だからと言うのではないだろう。 時々だが食膳に載るものだから。

節分と言えばイワシを食べ、焼いたイワシの頭を柊の枝に刺して魔除けとすることを両親が教えてくれた。
我が家には鬼門にも裏鬼門にも出入口が無かったからなのだろう、裏口の木戸に飾っていたことを思い出す。
朝食-1B
「 鬼は~外 」「 福は~内 」
このように声を上げて豆まきをする風習も両親から教わった。
年の数よりひとつ多い数の豆を食べるのだということも併せて教えてもらったのだった。
今宵、豆まきをするかどうかは分からないが、朝ご飯は十穀米という雑穀を入れて炊いたご飯だったので、大豆ではないが小豆が随分入っており、数えてはいないが数え年以上に食べたはずだ。
朝食-1C雑穀と言うように稗や粟などを含んでいるから小鳥のエサのようなものだが、赤飯のようだし食感も良い、何より栄養価も高いそうだから『マッ、ええか』ということに。

風習と言えるかどうか・・・・・
私が大きくなるまでは無かったことだが、その年の恵方に向かって巻き寿司を丸かぶりするということも節分には行われている。
これも今宵するのかどうか分からないが、丸かぶりし終えるまで一言も喋ってはならないそうな。

今日は節分、明日はいよいよ春立つ日である。
病いを得てから三度目の春を迎えることになる。
三度目の正直などという言葉もある。 真実素晴らしい春になることを切に願うところだ。
あん食-1
アン入り食パンも入手でき、家内が切り分け冷凍保存の準備を終えたので明日よりアン食・朝食再開となる。
何だかウキウキする気分になってきた。

さあ、これからリハビリだ。 頑張ってこよう。


masatukamoto at 13:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 02, 2015

お朔日詣で

1月31日、日が暮れてから帰宅した家内は上機嫌であった。
「 どやった? 出来は。」
尋ねずとも大まかには分かったが、細かな、つまり演奏会場となった建物の様子やチェンバロとの音の絡み具s-2015-01-21_ブログ-1合、友人など聴きに来てくれた人たちのことなど家で留守番をしていた私には分からないことを家内に語らせたかったのだ。

家内にとっては良かったという思いと共に終わったという安堵感に満ちていたろうし、私にとっても同じような思いを抱いたのである。
少し遅い夕食となったが、家内がデパ地下で買ってきてくれた本マグロの赤身で一献。
写真の紅乙女(胡麻焼酎)はアルコールが38度。 普段よく飲む焼酎はだいたい25度なので湯s-2015012919450000の量が随分多くなる。 いつも超々薄い湯割りなのにそれ以上・・・・・白湯を飲むようなものである。
しかし、やはり大好物のお造りには日本酒が合う。
と、家内が好みのものを出してくれた。

「 明日の朝、お墓参り行けるかな?」
「 明日の夕食はテッチリにしようか。」
この機に乗じて、と言っても決して悪い心根で利用しようと言う意味合いでなく思っていたことを言ってみた。
墓参については昨年12月に迎春の用意をと考えていたが果たせず、年が明けてからも出来るだけ早く参りたいと思っていたのだが好機が無くて延び延びになっていたからなのだ。

思い立ったが吉日と、何時でも自由に動ける体ではないゆえ仕方がない。
リハビリ、通院という既定の行事に加え、家内の予定も考慮しなければならず、更に天候や車のてっちり具材ことも考えなければならなかったため、結果として延び延びになっていたのだ。

提案の 2件を家内も二つ返事でオーケー。
それで 2月 1日午前 6時、まだ暗いうちに我が家を出発。
愛車のバッテリーが上がっていたのだが、先日 O氏に充電してもらったので車の調子は良く、日曜日の早朝ということもあって渋滞もなく車はスーイスーイ。
しかし北摂・箕面市域に入ると雪景色に。 我が家のお墓がてっちり鍋ある墓地一帯も真っ白であった。
緩やかではあるが広い墓地内には坂道もあって運転は慎重にならざるを得ない。
坂の途中で車を停めるのも不安なので登り切ったところで駐車し、そこからお墓まで歩きかけたのだが、踏んだ雪が靴裏に重なっていくし杖の底がゴムなのでツルリツルリと滑って大変恐ろしい墓参となった。

以前に墓参した者が供えてくれた花と持参の供花を入れ替えようとするも、ふぐ唐揚げ花立ての水ごとカチンコチンに凍っており、何度も何度も水をかけ、これまた大変な作業であった。
もっとも家内が全てやってくれ、私は手を合わせるだけであったが、お参りに行かなければという思いがずっと脳裏の一部を占めていたので家内も私もスッキリした気分で無事帰宅した。

夕刻、寿司屋の大将 I 氏が『てっちり』の具材などを持ってきてくれた。
てっさ『てっちり』鍋に入れるトラフグの切り身、『唐揚げ』、『てっさ』、それに『ひれ酒』用のヒレ。
身の量からすれば多分 2匹を下ろしてくれたものと思う。
生魚はあまり好まない家内だが、ふぐだけは特別で『てっちり』も『てっさ』も食べるし、『ふぐの唐揚げ』は大好物なのだ。

先日、春帆楼と黄桜の『ひれ酒』のことを書いたが、昨夜は家内に作ってもらった。
ヒレは大将が炙って持ってきてくれたので家内は酒を燗するだけ。
しかし、この燗の温度を私好みにしなければならないから、ぶっはははは。
ひれ酒結論は上出来。 私の口頭指導が良かったのかも。

我が父親は粕汁で三日酔いだった。 家内はそこまで下戸ではないが、それでも私から見れば飲まない人に分類できる。 ビールでもワインでもグラス 1杯が限度なのだから。
それが何と何と、昨夜はふぐの『ひれ酒』を湯呑みで 1杯、しかも美味しいとノタマイ飲み干してしまった。
いかにアルコールを飛ばしているとは言え冷酒でも猪口に
 1杯が限度の家内である。
長年ともに暮らしてきたが記憶による限り初めてのことである。

演奏会を良い結果で終え、気になっていた墓参も果たせ、何もかもがうまく行ったことによるものだろう。
2月のお朔日(おついたち)詣では我が家の墓参となった。
今日の私のリハビリはお休みなので家内は自分の用事のために出かけている。 多分夕刻には帰って来るだろうから、それまではお留守番だ。


masatukamoto at 14:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ