September 2016

September 22, 2016

秋分の日

今日『秋分の日』の日の出の写真をと思ったが、東の空は暗くて日の出時刻が近くなっても雲が低い位置に広がったままで撮影は無理であることがハッキリした空模様《写真下段》であった。
参考までに昨年の『秋分の日』の日の出の写真を掲載するが、昨年の『秋分の日』は9月23日で今年は今日22日である。
s-2016-09-22_071041
簡単に言えば1年はピッタリ365日でなく端数が出るための調整結果であり、太陽と地球の関係が大きく変化しない限り上段の写真と同じ日の出を今朝も見ることが出来たハズなのだが。
それと今日『秋分の日』は秋の彼岸の中日になる。
彼岸は中日を挟んで前後3日間を合わせての7日間。 
今年は『敬老の日』が彼岸の入りであった。
s-2016-09-22_152317お彼岸と言えばご先祖さまの供養にお墓参りを一番に思い浮かべるが、足の回復が満足に進んでいない私は未だ当分墓参は無理である。
お彼岸はお墓参りの人たちが特別多くなる時で道路の渋滞も予想されることから私と家内だけでの墓参は難しいことなのだ。
s-2016-09-22_152636お墓参りに次いで思い浮かべるのは『おはぎ』のことだ。
写真の『おはぎ』は黄な粉をまぶした物だが本日のおやつ。
昨日は小豆の『おはぎ』を三時のお茶と共に出してくれた。
もち米でも普通のお米(うるち米)でも、炊いても蒸してもお粥にしてもご飯大好きな私である。 黄な粉のとs-ゲンペイカズラ(源平葛)-4小豆のをセットで出してくれても良さそうなものだと少々不足に思うのだが・・・・・
私の体重増加を心配してデンプン摂取量の制限を第一に考える家内の頭にそんなヤサシサは無い。
そんな家内が『おはぎ』を、まあ1つでも出してくれただけでも喜ぶべきことと、うーーん、無理やり思うことにした。

お天気はイマイチの『秋分の日』だが世間では祝日。
しかし我が家を訪問してくれる理学療法士に休みは無い。 気の毒に思うが、ありがとう。
ついでに私の歩行状況は下の波線のごとく徐々に徐々に、ほんにゆるやかながらも上を向いて進んでいるものと私は感覚的に受け止めている。2016-09-23_073714
しかし波線と言っても黒い波線ではなく、赤い波線、つまりノコギリの刃のような状態で進んでいるのだ。
つまり調子良く回復が進んでいると思っていたら突然ガクッと膝が崩れ、その回復に2,3日。その後に回復が進み調子いいぞと思っていたらガクッと、回復の道はなかなか厳しいものなのだ。
s-2016-09-02_092930このリズムは1日の中でも波があるし、数日から10日ぐらいの間隔でのこともあり、一定では無いがマアマア何とか頑張っていることだけ伝えておこう。
決して落ち込んではいないと。



masatukamoto at 21:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 20, 2016

大雨・大風

昨19日の真夜中に降ったり止んだりしていた雨が午前4時頃、時間にすれば20分程度のことだけれどベッドで横になっている私でも恐ろしく思うほどの大きい雨音を響かせる豪雨になったのだ。
s-s-2016-08-27_170731台風16号が秋雨前線を刺激しての雨だ。 夜明け前の最も静かな時間帯とは言えど家の中までザアザア雨音が聞こえるというのは不気味なものだ。

〔 同じ大音量でもパヴァロッティの歌声なら大歓迎だが 〕

もう随分以前のことだが大雨により近隣住宅の石垣が崩壊したことがあった。
この石垣崩壊は当該住宅だけでなく隣接地の石垣までも引きずり込み隣家まで居住不s-2016-09-12_065811能となる被害を与え、更に崩れた土石は石垣下の住宅2軒の庭を埋め建物の一部も損壊させることとなった。そればかりか我が家の敷地を囲う石垣までも引っ張り崩されてしまうということがあったのだ。
原因は集中豪雨ということもあったが、壊れて傾いた住宅の縁の下に、この辺り一帯s-2016-09-18_140259に見られる堆積地層とは明らかに異なる青黒い粘土の窪地が見られたことから、排水状態が悪いため長年にわたり家屋床下に生活排水が溜まり、そこへ大量の雨水も加わっての土圧が石垣を崩壊させたのだろうと誰の目にも明らかな状況だった。
そんな被災経験があるので大雨は今でも怖ろしく、以前にも書いたが私にとって『地震、雷、火事、親父』ではなく、『地震、雷、火事、台風』が怖いものの代表なのだ。

s-2016-09-17_165523今の場所に居を構えて40年になるが、去年と今年というのではなく40年というスパンで比べてみると、風当たりは強くなり、雨の量は随分増えているように感じているのだ。
数量として統計的に処理しているわけでなく私の感覚的なことをつぶやいているだけのs-2016-09-12_124029ことで、地球の温暖化などと関連付けて語るつもりなどない。
ザァ―ザァ―鳴る雨音やゴォーゴォー唸る風音には只々怖ろしい思いでいるということだ。

今朝(20日)午前6時の時点で大雨・洪水・暴風の警報が近畿各府s-s-2016-08-30_073212県に発令されていたが、台風16号はボチボチ紀伊半島に上陸する頃かな?
お昼に出かける予定でいた家内も本日の行事は延期することになったそうな。



masatukamoto at 13:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 19, 2016

ツマラン、つまらん

「今日は おじいちゃん おばあちゃん を大切にする敬老の日だよ。」
我が家のドラえもんが朝から語りかけてくれた。
「おじいちゃん、おばあちゃんを大切にするのは今日だけかい?」
ちょっと嫌味をと思ったが止めた。
s-2016091411120000
嫌味を言うより本気で怒ってやらんといかん奴らが沢山いるのには困ったものだ。
議員というのは国会であれ地方議会であれ国民の信託を得て一定期間その任に就く特別職の公務員である。
法律を遵守する姿勢は一般の人々以上に自らを厳しく律さねばならない立場だと私は思っているのだが・・・・・
s-2016091411140000
現在日本の国・地方の議員総数が何人なのか知らないが多分何万人かいるだろう。 当然多くの議員の中には出来の悪い奴もいると思ってきたが富山県議会議員らには呆れてしまった。一人どころか次々とゾロゾロ。
領収書の偽造。ハンコを押した領収書を改ざんしたのなら有印私文書偽造だし、それを使ったのなら同・行使と、これは詐欺やドロボーと同じ犯罪行為に当たるハズ。
s-2016091411150000
地方議員ばかりか鶴保という国会議員。沖縄及び北方対策担当の大臣だが自らの運転でスピード違反し、大阪府警の摘発を受けたのだ。
s-2016-09-12_123758法律を作る立法府(国会)の議員自らが法律を守らなかったのだ。
他の法律などと比べて道路交通法は軽く見られがちだが国会議員、しかも国務大臣が法律を守らなかったという事実は重い。
これまでの行政府の姿勢自体、憲法を軽視する傾向が強いから鶴保のような輩が出てきても当然なのかもしれん。
s-2016091411130001
立法府も行政府も信頼できん輩が多いように私には見えるが、司法府も同じような。
日本政府をアメリカのポチと評されたことがあった。
ポチというのは飼い犬のことであり、飼い主のアメリカに尻尾を振って指示通り何でもやるのが日本政府ということだ。
s-2016091411130000
同じことが司法府にも言える。
本来、司法府は行政府に対しても立法府に対しても厳然とした独立関係にあるはずなのだが、どうも行政のポチになり下がっているように見えるのだ。
沖縄アメリカ軍普天間基地の辺野古移転に関わる国と沖縄県の係争について、福岡高裁那覇支部の多見谷という裁判長が出した判決など政府の主張通りと言って良く、こ奴、まるで政府のお雇い裁判官かと思ったほどだ。
s-2016091616050000
裁判官に正義を求め期待することも出来ない何とも情けなくツマラン世の中になってしまったのかもしれない。








masatukamoto at 17:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 18, 2016

ボケ―ッ

今朝まだ暗いうちから外は既に雨模様であった。
当然日の出を見るなど思いもよらぬことだが、この1週間は日の出を見ようとか写真を撮ろうという気にもならなs-s-2016-08-24_105346かった。
もっともこの1週間まともな日の出は無かったように思うのだ。 と言うのも私がいつもの席に座ったのは既に太陽が少し昇った時間帯の6時過ぎだったのだが、東方の山の上に広がっている雲でお日様が見えたり見えなかったりの状態だったから結果として素晴らしい日の出は無かったと思っているのだ。
s-ゲンペイカズラ(源平葛)-3
このところの起床時刻の遅さの原因は疲れを翌日にまで持越していることと回復力の衰えに加え、奥歯の歯茎か扁桃が腫れているからなのか耳の下、顎の付け根あたりに鈍痛があり気分が優れないことによると思っているのだ。s-51sdhlGVZHL[1]
今年の中秋の名月が9月15日なので、ピッタリ十五夜に合致と11日(日曜)までは確かに覚えていたのだが、15日午後6時過ぎのニュース番組でお月様の映像が中継放送されて兎菓子-1漸く気付いたと、私にすれば実に珍しいことだったのだ。
私はいつも東の方を向いて座っているから窓の外の日の出も月の出もハッキリ見えるのだが、十五夜は全く気付かず失念していたのだ。言葉を変えると
ボケーッとしてたってことだ。s-s-2016-08-27_172603

加齢による老化、うーーん。
加齢は現実として受け容れざるを得ないが、老化は認めたくないのだが・・・・・

上に掲載の花は『源平かずら』。
s-s-2016-08-25_163722『かずら』の名前の通りツル性の植物で現産地はアフリカらしい。
家内がもらってきたものだが、白と赤が綺麗なので源氏の白旗と平家の赤旗に見立てて源氏平氏=源平と名付けられたようだ。
『名月にウサギ』ではないが、お茶に添えられた落雁のような菓子。
グリーン色の干菓子には挽茶が混ぜられているようで、お茶の香りと和三盆の上品な甘味が素晴らしい。



masatukamoto at 17:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 15, 2016

しのぶ集い

我が家族にとっては何年の時を経ようと彼を偲ぶという思いが消えることはない。
家内と息子夫婦が墓参。私は留守番。
s-2016-09-13_154145
あの日以来毎年法要を行うが如く我が家で偲ぶ集いを開いてきた。
彼が大学生であった頃の友人やサークルの後輩たち、それに勤めていた会社の同僚たちが毎年その日に我が家を訪ねてくれた。
s-2016-09-12_071416
当初数年間は土曜日曜と訪ねてくれる日が分散したりしていたので我が家で集いを催していたが、彼らの子どもが成長、独身でいた者は結婚したり子どもが生まれたりで、結果来てくれる者の人数が年々増えていった。
小っちゃな我が家のことだから居間の襖を外しても会食出来るのはせいぜい30数人。
s-2016-09-12_072216
そんな訳で仏式神式を参考に多人数が一堂に集えるよう10年目の偲ぶ会は大阪市内の某ホテルの部屋を借りて献花・献杯・会食(直会)を行ったのだった。s-2016-09-12_081958
その際、私たちが行えるならば次回は20年目になると告げておいたので以後年ごとの集いは開いていない。
しかし、命日の前後となる休日や正月(彼の誕生日)に参ってくれる者たちがその後もいる。
私たちにとっては嬉しく有難いことと思っている。
s-2016-09-12_082711
今年はたまたま日曜日に主要メンバーが集うこととなり、家内は前日から歓待の準備、何も出来ない私も当夜は日付変更線を越えてのお相手と精一杯に努めたつもり。
s-2016-09-12_082359
もてなしの料理の一部を写真に示してみたが、寿司や刺身などはいつも通り鮨一の大将 I 氏に届けてもらったもs-2016-09-15_072805のだ。 その他、冷凍冷蔵の品を解凍・加熱・盛り付けしただけのものもあるが、家内が前日より仕込んでいた料理など皆には喜んでもらえたようで良かった良かったと安堵したものだ。
飲み物は写真の通りビールは北海道限定のサッポロクラシック、焼酎は佐藤黒が無かったので黒霧aa島、日本酒は蔵人の詩を用意しておいた。
お供えもお菓子や果物など様々な物を頂いた。
J が持ってきた和歌山・海南市の黒牛は供えたままだが、Y君が供えてくれた春鹿吟醸はs-ab直ぐ空っぽになってしまった。
s-2016-09-12_085056近頃はアラフォーという言葉が定着してきているようだが、皆40歳代。厄年も過ぎて中にはアラファイブの仲間入りしようと言う者も。

出会った頃は・・・
以前のことはともかく今は皆が管理職。s-2016-09-12_083741
企業利益の追求だけでなく幅広い交流や迅速で正確な決断が求められる立場で奮闘している彼らの様子を聞かせてもらい、くれぐれも、くれぐれも身体を壊すことが無いようにと願うばかりであった。
s-2016-09-12_083208後回しになったが、お参り頂いた方たち、お供えを頂戴した方たちに対して私たちが心より感謝している気持ちを伝えておきたい。


masatukamoto at 10:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ