August 2017

August 16, 2017

近頃のエサ 《2》

人間が食べる物をエサと呼ぶのは正しくはない。 しかし、私は殆ど与えられるがまま、唯頂くだけの状況なのでエサと呼んで・・・・
勿論のこと食べ物を粗末に思い扱うことなどないし、家内が用意してくれる食事は有難く頂いている。
s-2017-08-16_182857
前回はミニトマトについて書いたが、7月中は毎日のようにブドウ(デラウェア)を楽しみ、下旬には頂いた大房のシャインマスカットやモモまでがデザートに出るようになり大変に嬉しい思いをさせてもらった。
和歌山の『あら川の桃』も美味しいが、好みを挙げるなら岡山の白桃だ。
昭和34年の夏、岡山駅のプラットホームで買ってもらった白桃の味わいは強烈な印象として今なおしっかり記憶している。
s-2017-08-01_092428
ただ、昔も高かったが今も高い果物なのでそうそう口には入らない。
口に入らないと言えば糖質の総量制限ということも加味され、これについては家内の頭の中のことで私には分からないことながら、好きなだけ食べることは許されなくなってしまった。
s-2017-08-16_114750
上の写真は巨峰系のニューピオーネというブドウだが、5年前までは一房を丸ごと抱えて食べていたのだが・・・。
近頃私に出してくれる一回分の量は写真の半分くらいの量だろうか。
ニューピオーネも一回に出される量が少なくなる分食べる回数は増える。
s-2017-08-16_110641反比例の関係式が成り立ち全体量に変化は無いものの、一度に食べる量が少ないのは寂しいことだ。
左の写真が1回分。
うーーん。
卑しい? 餓鬼道?
『エサ』。
表現はイマイチとは思うが・・・・・

 
2017-06-03_131901



masatukamoto at 22:25|PermalinkComments(0)

August 15, 2017

近頃のエサ 《1》

8月に入ってより家内が育てているミニトマトが次々に実成りして我が食膳を賑わしてくれている。
s-2017-08-04_145703
農作業・・・・・以前は私の仕事と言うか趣味のようなものだった。
ミニトマトに限らず、ナス、キュウリ、ピーマンやトウガラシ等々。
勿論のこと本職ではないので上手とは言えないが膳に彩りを与えるくらいの収穫は出来ていた。
s-2017-08-04_145939
家内は職場でミニトマトを栽培していたことがあるようだが、我が家では初めての植え付けで初めての収穫だと思う。
まあ、水と日照と肥料の3条件さえ揃えば誰でも実成りを楽しめるのがミニトマト栽培である。
ただ実成りを多くするには剪定など少しばかり技術が必要だが・・・・・
2017-08-04_145348
それはともかく毎日摘みたて新鮮・無農薬完全保証という贅沢トマトを食べさせてもらっているのは幸せなことだ。




masatukamoto at 16:18|PermalinkComments(0)

終戦72年

終戦から72年。
全ての犠牲者に対して哀悼の意を捧げる。
s-2017-08-15_103637
病弱であった父でさえも応召され、叔父は諜報将校として中国で活動していた(らしい)が、死亡通知の紙きれ1枚が届いたのみ。
アメリカ軍の大阪空襲で両親の実家はどちらも全焼。
空襲は全国に及び、昭和20年(1945年)8月15日、昭和天皇の詔(戦争終結の玉音放送)により漸く終戦を迎えた。
-1
そして敗戦後、『日本国民は恒久の平和を念願し、国家の名誉にかけ、全力をあげて崇高な理想と目的を達成することを誓』い、日本国憲法を制定したのだ。
いろんな考えがあることは認めねばならないが、何にも代え難い尊い沢山の生命を犠牲にして得た平和・日本であることを忘れてはならない。
《 自 戒 》
紫色-2




masatukamoto at 14:21|PermalinkComments(0)

August 13, 2017

ヒロド 『朝だ!生です旅サラダ』

夢中になるほどテレビを見ることはないと前回にも書いたが、毎週土曜日の朝は『朝だ!生です旅サラダ』を見ていることが多い。
s-2017-08-09_135556今朝の番組ではラブリという名の女性が京都巡りをしている様子を紹介していたので学生時代のことを思い出しながら見ていた。
神護寺(高尾)や泉涌寺(東山)などは半世紀を経た今も昔と変わりはなかった。
しかし嵯峨野の竹林の道が綺麗に整備されている変化には気が付いた。
道と竹林が柴垣などで区切られ、路面が綺麗にならされていた。映像を見た感じでは透水舗装が為されているのかと推測したのだが・・・・・
緑色-2
嵯峨野には私の師が住んでおられることから学生時代だけでなく社会人になってからもよく訪れたものだ。
30年近く前、師と話した折、「土曜と日曜、とりわけ春と秋は車で出かけたら家へ帰られへんねん。」と、ぼやいておられたことがあった。
私の学生時代の嵯峨野は今ほど観光客は多くなかったが、それでも私は早朝か夕暮れ時を選んで歩いたものだった。 
一般観光客が少ない状況を求めたということだ。
s-2017-08-13_110220
嵐山~天龍寺~野宮神社~二尊院~祇王寺~念仏寺(化野)~大覚寺。
源氏物語(第十帖・賢木)では斎宮となった娘と共に野の宮に住まう六条御息所を源氏が訪れる。勿論フィクションである。が、おそらく当時も茂っていたであろう竹林を縫う小径。
二人の心情がいかなものであったか思いを馳せつつ散策したこともあった。
茶色-1
その竹林の道も昔は雨後ぬかるんでいたように記憶しているが、今は歩きやすくなっているような・・・・・
などと回想しつつ見るともなく画面を見ていると、ヒロドが。s-2017-08-09_135751
瞬時にシャキッ。現実の頭脳に切り替わる。
この番組でヒロドを見て以来、1年半近くなるだろうか。カワユク、明るく飾らない娘(こ)、そしてアナウンサーとしては当然だがヒロドの話言葉に声の調子が私の耳にピッタリ来るのだ。そんなことから「頑張れ、ヒロド」と応援しているのだ。
私だけでなく家内もいっしょである。
赤色-1
拙ブログでのテーマ『ヒロドに声援』(Aug 8.2016)として書いて以来なので、ほぼ1年ぶりになる。
『朝だ!生です旅サラダ』の後は高校野球中継でヒロドとテレビ画面で出会うことが出来るのだ。
高校野球大会出場各校の選手たち、そしてヒロド君、
暑い折だが精一杯 「 ガンバレ

2017-06-03_131837





masatukamoto at 11:44|PermalinkComments(0)

August 10, 2017

テレビ視聴

私も家内も夢中になるほどテレビを見るようなことは無いと以前に書いたことがある。
テレビを長く見ているというのが好きじゃないのでテレビに熱中するということが先ず無いのだ。加えて見入るほどの番組が少ないということも理由のひとつだ。
2017-06-03_120119
しかし全くテレビの電源を入れていないわけではない。ニュースや天気予報などが放送されている時間帯はs-2017-08-09_140129スウィッチONの状態で耳だけがテレビと向かい合っているということはある。
一方的にどんどん流されてくるテレビ情報に対し、取捨選択出来る能力を持つことはマルチメディアの情報社会を生きるヒトとしての賢さだと私は思っているのだ。
空色-2
そんな我が家だが、家内が友人から勧められたことをきっかけに見ている連続ドラマがある。
自分たちが育ってきたのと同じ時代背景の作品なので親しみを感じるというのが友人の推奨理由だったとか。夕s-2017-08-01_171852食会から帰ってきた家内は早速ビデオ録画をセットしていた。
ここ何年か、確実に婦唱夫随の我が家なので家内が良いと言えば良いし、ビデオを一緒にと言われれば一緒に見ることとなる。
そんな訳で家内と見るようになったのが連続ドラマの『ひよっこ』(NHK)と『やすらぎの郷』(朝日放送TV)。
桃色-1
『ひよっこ』は、主人公・谷田部みね子(有村架純)が出稼ぎに出て行方不明になった父親を捜すため集団就職で東京へ出てきてからの生活を描いているドラマだ。
ストーリーは別にして、感心なのは有村架純が北茨城の方言の抑揚をよく学習していることかな。
s-2017-08-01_171728
集団就職と言えば、私は九州方面から大阪駅に到着した集団就職列車を何度か見たことを記憶している。
当時黒っぽいアズキ色のような国鉄の客車に黒色の学生服を着た丸坊主の学生が沢山乗っていたが、彼らは中学生の集団だったように私は記憶しているのだ。
私と同じような年恰好の者たちが遠く親元を離れて働きに出て来ていることと自分の生活実態を比べ、何だかオカシイ(不合理さ)と感じつつ、一方で彼らの偉さに敬服したものだった。
s-2017-08-01_172002
『やすらぎの郷』は倉本 聰 氏の作品。
なかなかの俳優さん揃いで楽しませてもらっているが、このドラマについて今はここまで。
その他、『おんな城主・直虎』(NHK)も見ている。
歴史ものは面白いということもあるが、録画しておくことで放送日時に縛られないで見れるというのが理由として大きい。
2017-06-03_131802
迷走を続けた長寿台風5号が襲来するというので開会式を翌日(8日)に延期した第99回全国高校野球選手権大会。
s-2017-08-09_161923
まあ夢中になるほではないが、春夏の高校野球中継はよく見ている。
とりわけ何かのご縁ある学校が出場すると、ついつい応援に熱が入ってしまうがテレビとのお付き合いはこの程度のものだ。

※ ピーマン、キュウリ、甘トウガラシは S さんから頂いたもの。何度か紹介している S さんご主人の作物で奥さんが配達係? 
2017-06-03_131617
 



masatukamoto at 15:13|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ