March 2018

March 28, 2018

やっぱり・・・

期待はしていないが今一度ハッキリ見てみようと、昨日は国会での証人喚問の様子をテレビで見ていた。
「告発を受けている身なので・・・」
奴は何度も何度も刑事訴追を理由に証言を拒否しおった。
s-2018-03-26_170950
告発されようがされよまいが後ろめたいことが無ければ何でも正直に話すのが普通の人だと思うのだが・・・
能天気の私の場合なら多分証言を拒否することはしない(だろう)。s-2017-11-18_151254
ただ、自分以外の人の名誉を傷つけるかもしれないことについては話さない場合もあるかもしれない。
奴の証言拒否は一体何を慮ってのことだったのだろうか。
2017-11-19_164013
奴は証言拒否で暗闇の奥に隠し、ある政治屋の領袖は「疑いは晴れたと思う」と棚s-2017-11-18_153109上げどころか二階へ押し上げてしまおうと。
証拠が無ければ、バレさえしなければ何をやっても良いのだという雰囲気を醸し出すだけでもダメだと思うし、ましてや実際に起こすことなどあってはならないことは今更言うまでもない。
証言拒否を連発した奴は『まったく唾棄すべき奴』というのが私の正直な感想だ。
midori-1 2018-03-28


masatukamoto at 11:12|PermalinkComments(0)

March 27, 2018

邪魔くさがり屋

好き嫌いをしない私ゆえ当然果物も好きである。ただ面倒くさがりと言うか不精と言うか食べる前段での作業が邪魔くさくて自分で作業して食べるということがあまり無い。
s-2018-03-19_150704皆目無いというわけではないが、よほどお腹が空いていて食べるものが果物しか無い場合に限られる。
イチゴやブドウなら水で洗うし、ミカンなら手で、リンゴなら洗った後にナイフで上手に皮を剥くことも出来るのだ。
2018-03-27_141614
子どもの頃に食べていたミカンには種があった。だからオレンジ色の外皮を剥いた後、一粒ずつ果肉を吸い取るように食べて白い薄皮の袋と種を残していた。
s-2018-03-21_085301その点近頃は温州みかんをはじめ種の無い柑橘類が多くて楽ちんである。
しかし夏ミカンや文旦のように外皮が硬く分厚いものの皮を剥く作業は邪魔くさいだけでなくハッキリ言って苦手である。
指関節が痛むので親指に力を入れづらいこと、外皮に指を立てることで爪と指の肉の間に皮が詰まること、これらのことが嫌でイヤで仕方がなく苦手としているのだ。
上の写真のデコポンは家内が外皮を剥いてくれたもので種が無いこともあって私は白い薄皮の袋ごと食べている。
下の写真は文旦。
s-2018-03-21_084903
私が食べやすいよう家内が外皮を剥いて4分の1に切り分けてくれている。
邪魔くさがり屋で皮剥きが苦手な私にとっては有難いことである。
s-2018-03-19_150751ただ写真でも分かる通り文旦には種があるのでウサギの如く前歯で種を掻き取り果肉のみを食べ、白い皮は残している。
文旦の綿のようにふんわりした食感の皮は苦味があるし、果肉を包む白い皮は硬いので共に残しているのだ。
2018-03-27_141614
と、先日姪っ子が文旦を剥いた写真を撮って送ってくれた。
s-2018-03-19_150546写真を見て一番に、
「うーん、上手に剥いているなあ」と。
ここまで剥いてくれていると食べやすいだろうなあと正直に思ったものだ。
食べやすかろうし見栄えといった点でも姪っ子の剥き方は素晴らしいものだ。
が、勿論家内が剥いてくれているものに私が不足や不満を抱いているわけではない。むしろ私が苦手とする作業を省いて食べやすい状態にしてくれていることに感謝しているところだ。
決してゴマスリではない。
ゴマスリは高級官僚や派閥領袖にスリ擂りを繰り返す政治屋に任せておこう。
s-緑色線-1
その家内、私に飽きがこないようにと昨日の昼食はサンドウィッチを用意してくれていた。
レタスとハムのサンドウィッチで私の好きなものだが、これはチーズが加わっていた。
s-2018-03-26_171338広島や博多ではチーズなしのレタス&ハムや玉子だけのサンドウィッチを食べていたことを思い出した。
昼餉はサンドウィッチにコーン・クリーム・スープ。それにデザートは文旦だった。
朝からご出勤で慌てていたのだろう、
おやつの用意が・・・ムムムムム
でも、いつもアリガトウである。
重ねて、決してゴマスリ、おべんちゃら、お追従ではない。念のため。
2018-03-27_141534



masatukamoto at 16:54|PermalinkComments(0)

March 26, 2018

くだらん輩

このところ政治屋や高級官僚と呼ばれる輩たちがしでかした不祥事、それらに関わって国会で応答する彼らの姿勢を見てきたが、真に情けなく嘆かわしく思うばかりである。s-2018-02-24_100832
国有地を異常な値引きで払い下げ、この件に関わっての公文書を改竄し、しかも隠し通そうとしてきた連中の姿勢は許されるものではない。
多くの国民の信託を受けた国会議員らの質問に対し、隠しごとをしたり嘘をついたり、ヤバくなったら思い違いをしていたなどと口先だけで謝りの言葉を。
s-2018-03-07_170307テレビ中継を見ていても『謝り』という謝罪ではなく、ただ『誤り』であったと告げるに過ぎない態度には呆れかえりもする。
政治屋、それも高級官僚たちが実務をおこなう行政の責任者である大臣たちが口にする『真摯に』『誠実に』『丁寧に』などと言う言葉は口先だけのことで全く信用出来ないものに思える。
明日は佐川元国税庁長官に対する証人喚問が国会で行われる。
s-2018-03-01_162737今一度ハッキリ見極めてみようと思うが・・・
政治屋が政治家の姿勢を示すか、元高級官吏が国民に対する奉仕者として職務を遂行していたのかどうか、あまり期待はしていないが。
s-2017-06-03_132743


masatukamoto at 22:00|PermalinkComments(0)

March 24, 2018

平穏無事こそ

今朝の日の出の写真を撮った。
日の出の写真は今年の元日に撮って以来になる。
s-2018-03-10_135800秋分の日を過ぎると春分の日を迎えるまでの間、私がいつも座る席からは日の出を見ることが出来ない。
だから元日には随分無理をして2階の部屋まで行って初日の出の写真を撮ったのだった。
春分の日は台風のような大荒れで、
22日も23日も東天に雲が広がり日の出を見ることは出来なかった。
下は今朝の日の出。
s-2018-03-24_065529
窓際に近付いて撮影したので太陽の右側に広がりがあるが、いつも座る席からだと太陽が写真フレーム右側ギリギリの位置になる。
下は昨年3月20日に撮影したものだが、2葉の写真には4日間の差がある。
s-2018-03-24_184107
日の出時刻を比べてみると7分早くなっているし、日の出の位置も僅かながら左(北)方向に移動している。
見えなかった日の出が見えるように太陽が昨年と同じ動きをしていることに私は安堵するのだ。
s-2018-03-14_103754
安堵などとケッタイナ奴だと思われるかもしれない。しかし、私が安堵するのは真であり、更に安堵できることに感謝の思いを抱いていることもまた真実である。
s-2018-03-13_162843


masatukamoto at 19:51|PermalinkComments(0)

March 22, 2018

さる・・・日

冬ごもりしていたムイムイちゃんたちが目覚めてゴソゴソ動き始めると言う啓蟄が6日だった。その翌s-2018-03-15_142435週15日早朝には東大寺の修二会が満行を迎えた。と、18日には春の彼岸に入っていたのだった。
木曜(15日)の昼食は久し振りにU.F.O.だった。
寒い日には熱いスープごと頂けるものの方が良いが、少し暖かくなってきていたのでインスタントの焼きそば。それにいつもいつも同じ即席麺では私が飽きるだろうと家内が察したからかも。
s-2018-03-14_103508
下の写真は家内が生けてくれた水仙の花。8日に咲いた清楚な花で私は好きだ。
s-2018-03-15_171228ギリシャ神話のナルキッソスに結び付けられるスイセンだが、水仙は果たして自らの容姿に見惚れているのだろうか。???

弥生3月は『去る・サル・さる』と月日の経つのが早く感じられると以前に書いたが、昨日早や『春分の日』も過ぎてしまった。

家内の出張も日にちの経過と共に仕事の量が減り、連日出勤せずとも適度に休日を作り出せるようになってきたようで、20日、21日(春分の日)と連休を取っていた。
2017-06-29_060208
もっとも家内にとっての連休は私の休日観とは全く異なるもので、家内は日々出来ずに溜めておいた家事を片付けることと課題曲の練習時間に充てている。
20日はほぼ一日中家事片付けをしていた家内だが、21日は未明より台風のような雨風が丸一日中続いたため自然と楽器練習に長い時間費やしていた。
ごくろうさん、ダ。
s-2018-03-22_114231
で、連休明けの今日は朝からお仕事に。
本日も、ごくろうさん、デアル。

s-2018-03-14_103811







masatukamoto at 13:00|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ