May 2018

May 31, 2018

検察にガッカリ

今日の朝刊を見て
『検察、お前もか』といった気分であった。
s-2018053111260000有る書類を無いと偽る。その偽りを真実とするため現に有る書類を破棄してしまう。
全く行政は腐りきっとる。
その行政府を与党《自民・公明》が立法府(国会)に於いて支えているのだから腐っているのは・・・
司法だけでもキッチリしっかりしてさえいてくれれば未だ救いはあるカモ。
だが裁判官もドッチ向いとるのやら・・・
『巨悪は眠らせない』との姿勢を説いたのは伊藤検事総長だったかなあ。
今は、
『巨悪には触れない近付かない、弱いもんイジメの検察特捜』
かな。
2017-06-03_134236



masatukamoto at 17:38|PermalinkComments(0)

汚い奴ら

「近頃の若いもんは・・・」
私が学生の頃、嘆きとも憤りとも思える老人たちの言葉をよく耳にしたものだ。
経験も考えも浅いと若者の行動に危うさや物足りなさを感じた老人たちがついつい口にした言葉だったのだろう。
ライン紫色
日大アメフト部員による故意のラフプレーが社会問題としてマスメディアで日々取り上げられている。
特別に関心が高いわけではない私でも結構詳細に経緯を承知しているほどだ。Rostropovich-2.2018-05-24
日大の宮川選手の記者会見などの発言、タックルを受けた関学大の選手の言葉、日大アメフト部員たちの声明文などから「近頃の若いもん」たちの思いや行動も知ることが出来た。
s-水色線-1
私は5月16日付けの『証拠(3)』で、宮川選手自身の責任は免れないし監督・コーチが責任を負うのも当然、関東学生アメフト連盟も日本アメフト協会も、そして日本大学としても応援団事s-2018-05-24_165654件の折同様に明確な姿勢を示すべきとも書いておいた。
今日まで宮川選手は自身のラフプレーが故意によるものと認めた上で明確に謝罪もした。関東学連や協会の姿勢も一定の評価に値するものと言えよう。
しかし監督・コーチらの言動に真実味は感じられないし、誠実さの欠片も見られない大学本部(理事長や学長ら)の姿勢は全くひどいとしか言いようがない。
ラインこげ茶色濃い目
汚い奴らの中に真摯な若者たちの姿を見ることが出来て私は嬉しい思いでいる。
政治屋・官僚・大学と汚い奴ばかり。
安倍君には『真摯』という言葉の意味をアメフト学生諸君の姿勢から学んでほしいものだ。
『近頃の大人は汚ねえ』と言われぬように・・・
s-2018-04-29_114525





masatukamoto at 14:33|PermalinkComments(0)

May 27, 2018

ほととぎす

ホトトギスと言えば戦国武将3人の性格と天下取りを詠んだ句が頭に浮かぶ。
織田信長の『鳴かぬなら殺してしまえ・・・』豊臣秀吉の『鳴かぬなら鳴かせてみせよう・・・』徳川家康の『鳴かぬなら鳴くまで待とう・・・』で、いずれも結句がホトトギスである。
黄緑-1
ホトトギスが或る種の鳥の名前だと私が初めて知ったのは
小学1年の頃であった(と思う)。
母親とミナミの芝居小屋の前を歩いていた時のことだ。その小屋の入り口の上、2階部分に大きい看板s-2018-05-24_170402のようなものが
3枚か4枚か掛けられており、それぞれの板には絵が描かれ、不如帰という字が書かれてあった。読み方が分からなかった私は母親に問い、ホトトギスと読み、不如帰は鳥の名前であるとも教えてもらったのだ。
しかしそれだけのことで、ホトトギスがどんな鳥なのか全く想像すらも出来なかった。
s-水色線-1
4年生の頃、小倉百人一首に『 ほととぎす なきつるかたを ながむれば・・・』と鳥を発見し、更にその後6年生だったか戦国武将3人についての句を知ったのだが、この時になってもホトトギスがどんな鳥なのか分からないままでいた。
s-紫色線-1
ホトトギスがどのような鳥なのか調べてみようと思ったのは中学生になり、徳富蘆花の作品『不如帰』を知ったこと、正岡子規の子規をホトトギスとも読むこと、明治から大正期への文学界に於ける白樺(小説)、アララギ(短歌)、ホトトギス(俳句)など各派に対して関心を持ったからだった。この時に芝居小屋の絵看板《不如帰》が新劇の演じ物の紹介であったと新しい知識と記憶が結びついたのだった。
しかしこの時点でもホトトギスについては未だ図鑑上の知識のみであった。
s-2018-05-24_170207
数日前、早朝に聞こえた鳥たちの鳴き声について書いた。我が家あたりで鳥たちは夜明けの頃より夕暮れまで、日のある間に鳴くのが殆どである。日が暮れてから聞こえる鳴き声は野良の猫か犬。
ところが一昨日の夜と昨夜、キョキョ、キョキョキョと。
ホトトギスだ。
2018-05-05_152645
私にはキョキョ、キョキョキョと聞こえたが、柳田國男は『包丁かけた』と鳴くのだと遠野物語で紹介している。ホトトギスは不如帰とも子規とも時鳥とも書く。時鳥と書くようにホトトギスが鳴くと夏が近いとも。もう少しすればグァッグァッ、モォー・モォーと蛙たちの鳴き声も聞こえ始めるのだろう。

ちなみに今もって私はホトトギスの姿を見たことがなく、これは大変残念なことである。
ラインオレンジ色濃い目
見たことがあるのはホトトギスの花。
s-2018-05-29_200701
補足を--------
絵看板《不如帰》が掲げられた施設を芝居小屋と書いたが、小さい掘っ立て小屋といった建物ではなく現在道頓堀に建つ中座や松竹座のようなものだった。

2018-05-07_054052




masatukamoto at 20:39|PermalinkComments(0)

マジメなる者

このところ日中は真夏のような暑さとなり、直接陽射しを受けぬ室内にいる私でさえ暑くて扇風機かエアコンに助けてもらっている。所用で出かけた家内も帰宅すると一言、
「ふぅーっ、暑い」。
一昨日、家内は友人たちと月イチの夕食会の予定があったのだが、夕時になって疲れたとダウン。毎回楽しみにしている会合なのに欠席と相成った。
ライン紫色
つい先日までまる2週間、我が家の保守工事のため建家全体が足場と網状幕で囲われていた。塗料なども使用するため鉢植えの植物なども全てビニルシートがかぶせられ、家内が日課とする草花の手入れや水やりが出来ない日が続いたのだった。
s-2018-05-24_165544漸く網状幕が外された時、鉢物の草花は何とも可哀想なことになっていた。以来、家内は出かける用事の無い日は草花の手入れと演奏練習に一日の時間の殆どを使う有様であった。
ラインこげ茶色濃い目
そうした手入れや練習も良いのだが、家内の場合はブリンカーをかけられた馬車馬の如く、ただひたすら作業に没頭専念するのだ。これは真面目で高く評価すべきところだが、ちょっと観点を変えて見れば融通が利かないとも言えるのだ。家内の悪口を言っているのではない。やり過ぎると疲れてブッ倒れるのが常の家内ゆえ、ほどほどにと一昨日も声を掛けていたのだが・・・
s-水色線-1
似たもの夫婦という言葉 もある。私も同じようなところがあるが、方形の器に従わず清濁併せ呑むことの出来ぬ家内ゆえ一昨日ダウンしてしまったのだろう。
演奏会が近付いているらしい。昨日も今日も楽器ケースを抱えて出かけて行った。
今日も暑いが・・・

赤色線-1



masatukamoto at 15:27|PermalinkComments(0)

May 24, 2018

今朝の思い

今朝の目覚めは午前4時。
窓ガラスの色合いから多分家並みも道も充分に識別できる明るさになっているのだろうと思いながら日課とする読書に。体調が優れない日を除いてベッドで横になったまま行うルーティーンと言える本読みのことだ。今朝もまだ山本一力氏の作品の追っかけ中である。
柿色-1
外はそこそこ明るくなってはいてもベッドを置いている部屋は未だ未だ暗く、本読みの為のフロアスタs-2018-05-18_135909ンドランプを点灯している。
本読みを始めて暫くした頃、先月まではケキョ程度にしか鳴かなかったのに今朝はホーホケキョとウグイスらしい鳴き声を三度聞かせてくれた。その後、チチッチチッとスズメたちが鳴いていたが、スズメたちの声を抑えるようにチョットコイ・チョットコイとコジュケイが鳴いた。と、そのコジュケイに呼ばれたのか、アーアーアーとカラスが。
桃色-1
今朝のBGMはとても気持ち良く、日の出までの1時間ばかりをベッドで過ごした。このところ体調芳しs-2018-05-18_140045くなく日の出の撮影も休止しているが、日の出は凡そ5時20分頃かと思っている。
起床してから直ぐに昨日の日大アメフト部の内田監督と井上コーチの会見をビデオ映像で再度見た。
私の正直な感想を述べるなら、ヤクザの親分が代貸を連れて表れ『知らぬ』『言わぬ』と、監督も「信じてもらえないでしょうが」と発言した通り、信用度10%にも満たぬ言葉ばかりでツマランものであった。
ラインこげ茶色濃い目
政官学との略称があるが、政治(屋)、官僚それに大学や研究者等を表す言葉だ。
s-2018-05-18_140220昨日までの日大及びアメフト部の内田・井上両氏の会見までを見直してみて、安倍内閣と財務省などの高級官僚たちが演じてきた映像とピッタリ重なり合うように見えるのだ。
証拠は隠して廃棄させ、知らぬ存ぜぬの繰り返し。
言った言わないは水掛け論でウソはつき放題だと言わんばかりの態度である。
紺色-1
政治(屋)と官僚も親分と子分の関係。監督やコーチも親分と子分の関係である。
s-3ff877a9官僚が親分を護れば恩賞として国税庁長官にもなれるのだ。
井上君は内田君を護り、内田君は我が身の『得』を考え、彼の頭の中に『徳』は無いと見た。
付け足して言えば、司会を務めた日大広報担当者の高圧的横暴さには呆れ返ったが、彼も日本大学では内田親分の子分なのだ。むむむむむ
ライン紫色
さて今日は12日ぶりに Y・PT の訪問リハを受けるのだ。
家内は既に家政婦モドキの仕事に出かけて行った。老妻でも多少のお役に立てばと思っているが、道中も気をつけてもらわねばと・・・
s-2018-05-19_150312
上は19日の昼食だが、このところはU.F.O.が続いており、今日も同じだ。
ぶっはははは
赤色犬ライン-1




masatukamoto at 09:48|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ