June 2019

June 30, 2019

伏兵に

前兆は体全体がダルーイ感じ。これが27日(木)の夜のことだった。s-2019-04-21_141255
翌28日(金)の訪問リハを済ませた後、食欲なく体の節々が痛く熱っぽさが増し、体温を測ると37.6℃の症状が現れてきた。当初は風邪気味かと思う症状だったが、足の脛あたりが赤くパンパンに腫れ始めて痛みと痒みも伴ってきたためコレは蜂窩織炎だと経験に基づいて診断。
早めに軽い夕食を済ませて氷枕
(アイスノン)を頭に寝た。
9時、11時とほぼ2時間おき、目覚めるごとに体温を測ったが6分8分の表示。
s-2019-04-26_093713行きたくない病院だが、炎症の元凶菌が抗生物質でなければ頭を下げない奴ゆえ朝から病院へ。
ほぼ3ヶ月周期で襲われている勘定になる。
中-2
土曜日の朝、受付も空いておりサッサと済ませて帰ることが出来ると思ったのだが、かかっていたM医師もE医師もお休みということで形成外科での受診ということになった。
これまでの診療録は電子記録化されているが形成では初診ということで問診表記入から血液検査を経て診察という手順を踏んだ。
僅か1分間のズレでも生理生体現象は変化するものだ。だから初診扱いについて何も不足不満を言うつもりはないが、薬を受け取ってサッサと帰るつもりだったのが帰宅してみれば昼食の時間になっていたのは残念だった。
短長い-2
残念な気分になったのは私だが、その私の行動を支えてくれているのが家内。s-2019-05-06_205805
「演奏会が終わったらノンビリゆっくりして何でも食べるからね。」と言っていた家内だが、大きい行事を終えても何やかやと日々の予定をこなすことで寛ぐ時間を十分確保出来ているとは思えない。
何でも食べると言っていたが元々少食の家内のこと、私から見ればとてもとても。
短い-1
そんな家内が急きょ私の病院行きに同行してくれた。
s-2019-05-23_153433ようやくのことノンビリしようと思っていたのかもしれない。なのに午前の4時間をつぶさせてしまった。
ウーム。




masatukamoto at 08:30|PermalinkComments(0)

June 28, 2019

ごくろうさん

訪問リハのためにY・PTが来宅するまで時間があったので
flightrader 24 をワッチしていたら大阪と神戸のs-2019-06-12_0635452点を焦点とする楕円の形に旋回飛行を続ける OMAHA 03 の航跡を見つけた。
発見してから随分時間が経過しているので、トランプ大統領が大阪に滞在しているため彼の警護のため警戒飛行をしているのだろうと思った。
OMAHA 03 がどのような形でどのような機能を持つ飛行機かは知らないが、アメリカ海軍の航空機であることだけは分かった。
長-1
ごくろうさん。
さてリハビリにかかろう。
s-2019-05-06_210326





masatukamoto at 09:30|PermalinkComments(0)

深夜に

夜中から明け方前まで幾度もジェット機が飛ぶ音を耳にした。
つまり何度も目が覚めたということだが、日常聞こえてくる旅客機のジェットエンジン音とは明らかにs-2019-06-25_154711異なる音であった。
もっとも聞こえてきたジェット音は沖縄で聴いた戦闘機の騒音ほど大きいものではなかったが・・・。
音が聞こえてくる方角は、私がいる位置から見て北西から西方向だから大阪方面に違いないと感じた。
と言うのも普段旅客機が飛行するコースは我が家から見て北方向を東西に取っているし、大阪(伊丹)空港は基本的に夜間の離着陸は無い。そうしたことを考え合わせると、どうやら G20 大阪サミットに出席する各国要人たちが宿泊する大阪上空の警戒飛行をしているのだなと考えた。
s-2019-06-25_104724
自国の利益を大事にしようとする気持ちは分からなくはないが、例え20ヶ国だけでも互いに譲り合い協力協同出来るようになれば素晴らしい世界へ歩み始めること間違いないと思うのだが。
果たして・・・
長-3



masatukamoto at 05:30|PermalinkComments(0)

June 26, 2019

梅雨入り前 ?

今朝のコンサートはモーツァルトのクラリネット・コンチェルトからクインテット、フルートとハープのためのコンチェルトほか。
日の出時には極薄く雲がかかっていたが、今(5:40)は太陽を遮る雲も無いと言って良いくらいに晴れている。とっても気持ちの良い朝を過ごすことが出来ている。
s-2019-06-26_061731
今日もアツーイ日になりそうだが、欧州中期予報センター(ECMWF)のアジア地域の気圧変化予想を見ると良い天気もどうやら本日までのように思える。
気象予報士も今週末には近畿地方も梅雨入りするのではとテレビで語っていたから、明日から天気が崩れ始めるのは先ず間違いなかろう。
s-2019-06-25_153856今年の梅雨入りはやはり遅めといった感が強い。
ただ以前にも書いたことがあるように思うが、私の子供の頃からの経験に基づけば6月30日、7月1日の愛染さん(天王寺・勝鬘院愛染堂)の夏祭りは梅雨の最中でよく雨が降るというのが決まりになっているのだ。
その梅雨が7月25日の天神祭で明けるというのが私の生活経験に基ずく決まりである。
長-1
梅雨と梅雨明けについてはハッキリした決まりがあるのだが、梅雨入りについては明確な決まりが無いのだ。
s-2019-06-26_085558これは多分毎年梅雨入り時期が不定なために決まりめいたものを意識付けすることが出来ずに来たのだろうと思うのだ。
梅雨入りは明日からでもいい。しとしとジメジメの梅雨でもいい。
梅雨と言うか雨は降ってもらって大いに結構なことだと思っている。
しかし一時にトドドッと降るのはご勘弁願いたいものだ。





masatukamoto at 07:30|PermalinkComments(0)

June 21, 2019

暑い・・・

Gya,ア⤵ア⤴ア→ア→ア→

中国語の発声記号のように書いたが、この声の繰り返しで目が覚めた。
うるさいカラスの鳴き声だ。
朝4時20分。既に家並みが見えるほどに明るくなっていた。
冬の間、外は真っ暗で何も見えなかった時分だ。
今朝も雲厚く日の出時の写真を撮ることは出来なかった。
s-2019-06-21_054449
上は昨日の朝に撮影した写真。日の出時刻からは随分遅れてほんの少しだけ雲のカーテンの向こう側に濃いオレンジ色の姿を見せた。
※ 《実際の景色では家並みがハッキリ見えるほど明るいが、稜線より下については黒く修正している。》
その後もカンカン照りとはならなかったものの気温はグングン上昇、蒸し暑い日となった。
s-2019-06-21_085538
先日も梅雨時なのに雨が降らないことを書いた。
s-2019-06-21_055633明日は22日、梅雨入りすることなく夏至を迎えることになりそうだ。
例年梅雨時になると咲く雨花(アメバナ)の花が一昨日咲いた。
日本では雨花とも呼んでいるが図鑑ではレイン・フラワーとかレイン・リリーと書かれている花だ。
例年8月に入ってから同じ形で白色の花を咲かせる玉すだれも雨花と同じヒガンバナ科の仲間だ。
長-3
ともあれ今日も暑くなりそうだ。




masatukamoto at 07:00|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ