December 2019

December 31, 2019

年の瀬 ? 題〔その5 事納め〕

前頁で書いた納めごとのひとつを書いておこう。
怒りの事納めである。
s-2019-10-09_094102
『佛の〇〇』と呼ばれて早や30数年。
勿論のこと生身の人間だから怒らないなどということは無い。家内との諍いも時にはある。と言っても修復不可能な喧嘩では無い。まあ互いに少しの間沈黙する時間が必要になるが、その程度で済むことだ。
【下】 家内が炊いてくれた栗ご飯
s-2019-10-14_094218
私が本気で怒るのは社会正義に反する言動をする輩に対してであり、こ奴らについては年の瀬を迎えても怒り納めとして忘れ流すことはしない。
社会正義についての説明は長くなるので割愛するが、思いっきり纏めて言えば基本的人権を無視し蹂躙する奴らである。更に付け加えると嘘つきで不誠実な奴らも社会正義に反する輩である。何度も書いてs-2019-10-14_094410きた政治屋どももこれに当てはまる。
そんな政治屋のワルどもに尻尾を振っておもねる腐りきった官僚どもも同類だ。
超短い-2
こ奴らの悪行は決して忘れることはないが、他にイラついたりムカムカしたことなどは年の瀬で納めて新珠の年を迎えたいと思う。
中緑-6
孤高という言葉がある。孤独を尊び人格高潔で理想高く気高く清廉な人物を評する言葉と私は理解している。私の父親や今年初めに他界した我が師は孤高の人と評して良いと私は思っている。
一つの物事に集中する研究者には孤高な人が多いと思ってきたが、近頃孤高と言う言葉は自尊自大という言葉と表裏一体かと思えるような腹立たしい思いをすることが続いた。大変に残念で気分が滅入ってしまい、お付き合いしたくないとも思った。
中青6―6 - コピー
しかし人間性の一面、否二面も三面も見せられたが、社会正義に反するほど重大なことではなかったので、まあ年の瀬を機に忘れることにしよう。
怒りの事納めだ。
s-2019-10-14_094748
【上】たまには牛肉も出してくれるがステーキと言えるほどの厚みは無い。







masatukamoto at 18:00|PermalinkComments(0)

年の瀬 ? 題〔その4 対〕

神様はひとつだと唯一絶対神を崇めるキリスト教やイスラム教、それにユダヤ教のような宗教の他、唯一無二と考えられるものは多い。しかし片手落ちという言葉もあるように物事を対(つい)に考え見ることも結構多いのだ。二つの物事を対立させることで他方の存在を証明すると、これは科学的見方の基s-2019-10-09_093300本のひとつである。
それは言葉にも表されており、前後左右上下高低など沢山ある。
物事には始めと終わりがあるという始終もそうだ。年始年末、事始め事納め、東寺(京都)では初弘法に対して終〔しま〕い弘法と呼ばれる市が開s-2019-10-08_141537かれるように初と終の組み合わせもある。そのほか書初めとか初夢などと初の付く言葉もある。書初めに対しては書納めかな? 初夢に対する言葉は何だろうか、これについてはワカラン。
中水色-8
まあ夢と言うのは筋書き不明瞭で訳の分からない不思議な短編映画のようなものだから初夢であろうと終い夢であろうと構わないと思う。しかし夢を見ることが出来なくなった心身状況は望まないので夢に関しては初夢だけにしておこう。だから昨夜見た夢は数直線上の1点と思うことにしておこう。
中赤-5
【昨夜の夢】
大阪駅から中央郵便局への景色が流れていく。多分私は歩いているのだろう。途中で広く長いs-2019-10-09_093532ローマのスペイン階段のような場面に移り、その階段を私一人が上っているような感じに。
しばらくして上りきったところで明るい地上へ出た。階段場面も明るかったのだが地上の明るさとは異なっていたということで、階段を上がりきったところがパリ三越であったのだ。
その三越へ入らずに左へ反れて行くと、どこかの花が咲き誇る屋上庭園であった。s-2019-10-03_132053
ここで《暗転》
場面は変わりロンドンの洋服屋でスーツを仕立ててもらっている私と英国人テイラーの映像。
この場面のみ私の映像と他の人物が写っていた。
中青-3
夢の内容を大まかに書いたが、型紙を採ってのスーツ仕立てなんて半世紀以上昔に父親が作ってくれた時以来のこと。夢の中での事だから、ハハハハハ。掴むことなど出来ん。
s-2019-10-09_093717
この夢をどう見るかなどフロイトの弟子連中が勝手にすれば良いことで私は興味も関心も無いことだ。
夢はただ単にケッタイな代物というだけ。新しい年の初夢はどんな夢を見ることが出来るのか、これには関心はある。


masatukamoto at 16:00|PermalinkComments(0)

年の瀬 ? 題〔その3 中休み〕

写真のことについて書こう。ブログの記事のカットに使おうと思って撮っておいた写真が随分溜まってしまった。2019-04-30_062337
日記でも同じで、思い出を綴るなら時機を選ぶことはあまり無い。しかし題材によっては時旬を逃さずに書かねば気の抜けたワサビやカラシと同じことになってしまうのだ。つまり書くタイミングを失したために写真が溜まってしまったというわけだ。

そうした写真も記事と同じで、何時何処でも使える写真とそうでない写真がある。
【年の瀬?題〔その1〕〔その2〕】で掲載した写真もそうだ。
s-2019-07-28_065122息子が子どもの頃のことだ。当時ミナミにあったバーRの女性経営者から頂き、持ち帰っては息子たちに食べさせていた缶詰である。台湾出身の彼女は里帰りする度に沢山の土産物を持ち帰ってきた。写真の豚肉ミンチを辛醤で炒めた物の缶詰やウーロン茶など様々な茶葉を頂いたものだった。
彼女が経営するバーRは10数メートルもの長いバーカウンターと6~70㎡程度の広いラウンジを有していた。
短長い-2
私にこのバーを紹介したのは当時某市の市議会議員をしていた人だ。彼はこのバーで太田薫氏とよく飲s-2019-12-31_115319んでいたと言っていたが、太田と言えば春闘、春闘と言えば太田ラッパと言われたほど労働組合活動では超有名な人であった。しかし共同とか連帯といった言葉の重みが無くなった現代、労働組合も名ばかりのものとなり労組や組合という言葉すら知らない人たちが増えているのではないかと私は感じている。
中-1
私の思い出話はさておき、息子が缶詰のことを思い出して何十年ぶりかで食べてみたいと私に言ったのだった。
それで私の記憶も確かではないが『新東陽』の名前と赤い色の缶詰であったことを覚えていたので台湾から取り寄せたのだ。
中-2
極たまにだが息子が小さかった昔のことを思い出して話してくれるのだ。
つい先日も餅つき機のことを思い出して「つきたての餅を食べたいなあ」と嫁と二人でやってきた。
中-3
しかし何と言っても30年ほど前に買った機械で3度ほど使っただけのものなのだ。果たして動いてくれるものかどうか気がかりなものの、もち米や片栗粉などを仕入れて試運s-2019-08-26_095238転を行った。しかし試運転どころか説明書が無くて試行の繰り返し。何とか餅つきの方法を習得。
日をおいて一昨日やって来た息子たちは自分たちで搗いた搗き立ての餅を食べ、正月用の餅も持って帰ったのだった。
中-4
餅つきが出来るように準備するのは手間がかかるが、昔々にしてやったことを息子が覚えてくれていたのだと思うと何だか嬉しい気持ちが込み上げてきたものだ。


masatukamoto at 14:17|PermalinkComments(0)

December 30, 2019

年の瀬 ? 題〔その2 冊子作り〕

年の瀬だと言っても現職を離れて以降は実務が伴うわけではない。従って実態として慌ただしくはないのだ。しかし長年の慌ただしく過ごした歳末の生活環境は精神状態にも深く沁み込んでいたのか未だに『せわしない気分』になるのだ。
特別何かに急かされているわけでもないのに気分が『せかせか』するということだ。
中緑-6 - コピー - コピー
9月末に神戸で開催した『ジジ&ババの会』についての『まとめ』の冊子制作と会員諸氏への送付という作業。これは私がやらねばならないシゴトではない。
取り決めした約束事ではないし、お代を頂戴して行うシゴトでもない。
s-2019-12-30_100033『ジジ&ババの会』の記憶の補助資料にしてもらえればとの私個人の勝手な思いを形にしただけのことなのだ。だから、しなくても良いシゴトなのだが、私の気持ちは『せかせか』していたのだ。
中青6―6 - コピー
当日懇親会場で交わされた話や参加した人たちの様子などを写真と文で20ページ程度〔B5表紙込み〕の冊子にまとめたものなのだ。
事実は正確さを一番に、掲載写真は出来るだけ量的公平さを心がけ、併せて近頃流行りの『インスタ映え』ならぬ『写り映え』も考慮するのだが、美男美女の皆さんながら全員70歳を越えているので・・・無理なこともある。
中ピンク
s-2019-07-22_205110
しかし出来る限りの気遣いはせねばと厚めの上等な紙を使って印刷している。一般の印刷紙だと奇数面のインクが染みて偶数面の写真が汚れる場合が多いからだ。厚みのある冊子だから小型のホッチキスでは綴じられない。だから大型ホッチキスを用いて綴じ、更に指を傷つけないよう製本テープでカバーすることもしている。
こんなことを書くとアレもコレもと、いかにもやってあげてると言わんばかりの押し付け宣伝のように聞こえることと思うが、決してそんなつもりではないのだ。
これほど手間がかかることをしなければと考えていたがゆえに、なかなか作業に手がつかなかったといs-2019-07-22_210106うことなのだ。冊子制作に手がかかろうが金がかかろうが、受け取ってもらう人に喜んでもらえるためなら惜しむことなど全く無いのである。
深緑- コピー
その作業に手をつけさせたのが歳末の『せわしない気分』であったというわけだ。
誰かが背中を押しているわけでも無いのに『せかせか』した思いにさせられてしまっていたということだ。
が、まあ何とか冊子制作を終え、皆さんに送ることが出来て良かった良かった。
        年の瀬 第二題 おわり
長-3



masatukamoto at 12:58|PermalinkComments(0)

December 29, 2019

年の瀬 ? 題〔その1〕

年の瀬というもの、これは生きている限り毎年やってくるものだ。s-2019-07-22_204352
幼かった子どもの頃は『もういくつ寝ると お正月~』と歌ったものだが、当時は年の瀬といった感覚も新しい年を迎えるといった特別な感情のようなものは無かった(ように思う)。
この年末独特の『慌ただしさ』や『せわしなさ』といった世相を感じ取れるようになったのは、年代としては高校生から大学生の頃だったように思うのだ。アルバイトではあったが賃金を得て労働することを通し社会を見るという視点が加わったからではなかったかと当時を振り返り思うのだ。
2019-11-13_130906
それにしても年の瀬だ新年だと一体いつ頃誰がそうした時の概念を発見(発s-2019-07-22_204728想)したものだろうか。
いつ頃と断定出来ることなど誰にも出来ないことだが、太陽や月、他の恒星の動きに規則性を見出し、それらと身の回りの様々な自然条件、気象だとか穀物や果物が実る時期との共通性など、そうしたことが影響したことは間違いないだろう。そうした『知』に科学的な見方の基本の基たる物事が相対して在ることやゼロを発見したことなど、長い年月をかけてアレやコレやを積み重ねる歴史を辿ってきたことは十分に想像は出来る。
2019-11-13_130906
ともあれ今年の我が家はバタバタ続きであった。私が何かをする場合、未s-2019-07-22_205248だ家内の手助けを必要とすることが多いのに家内がいない。と、結果的にやるべき用事を先へ延ばす。先へ延ばすことによって用事が重なり遂行不可能と。止むを得ず諦めたことも・・・
一年を振り返り一言で括るとすれば『バタバタした年』であった。
しかし結果として長兄を送ることになったが、家内も私も悔いを残すことなく行動出来たことには満足している。
2019-11-13_130906
ブログのカットに使おうと用意していた今年の写真を順次処理することにした。
時期がずれた日付の写真カットがそれである。


masatukamoto at 12:21|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ