April 2020

April 29, 2020

最近の状況《2》

私の日常は新型コロナ感染症問題に関連して大きく変わったということはない。もともと自由に出かけることが出来ない身体状況にあるので変えようもなく、外出を自粛している状況が私の常態であるのだから。
s-2020-04-27_203230以前同様に所蔵CDで私だけのコンサートを開いたり、読書したり、以前に録画しておいた洋画を見たりと日常生活を平穏無事に過ごしている。
緑短
そんな中、書斎まで移動出来るようになったので、終活と言うほどではないが何年もほったらかしにしていた机の引き出しなどの片付け整理を始めたのだ。
これには長兄宅の整理の大変さを目の当たりにしたこともきっかけになっている。
赤短
実際に片付けを始めて、「へえーっ、こんなものを置いてたのか。」と感心したり昔のことを思い出したりと作業が止まってしまうこともしばしば。s-2020-04-27_203445
小学生の頃から蒐集し始めた切手のストックブック、記章・バッジの類い、QSLカードや名刺などなど。
青短
個人の名前や住所が明らかな年賀状や名刺、様々な写真などはシュレッダーで細かく裁断して燃えるゴミとして出したが、それらには3000通を超えるQSLカードも含まれていた。
s-2020-04-28_060146QSLカードとは無線交信証のことで、いつ交信したのか互いのコールサインのほか、送・受信装置(無線機やアンテナ)、使用した周波数帯、交信状況などを記した証明書である。
私にとってはアマチュア無線を楽しんでいた頃の宝物であり処分するに忍びない思いであったが、終活の基本は断捨離であり全て裁断処分に。
ピンク短
最後にとの思いで1通ずつ見直していったが、我が家で、或いは移動先での交信時の様子がありありと思い出された。勿論沢山の無線局と交信したので中には思い出せない人もいたが、アイボール(実際に会う)した局や、多くの局が絵葉書のようなQSLカーs-2020-04-28_060146ドを発行していたので大方の局との交信状況を楽しく思い出すことが出来た。
紫短
1989年に初交信以来、何度かアイボールを重ねてきたK君(神戸・東灘区)のQSLカードもあった。
K君は1997年1月17日に起きた阪神淡路大震災の犠牲者の
一人だ。
このように悲しい記憶を思い起こすカードもあったが、QSLカードと名刺については全て裁断を終えた。

※ このところベルリオーズの作品を楽しんでいる。


masatukamoto at 16:00|PermalinkComments(0)

最近の状況 《1》

コロナ感染症拡大予防のため各種学校園は休校(学・園)措置がとられ、一般企業でもテレワークに移行している会社が多くなり、自宅で過ごす人たちが増えていると聞いている。s-2020-04-18_064333
そのためと言えるかもしれないが、各家庭から出されるゴミの量が増えているとの報道も耳にしている。
また精神的肉体的に負担を受けるのは当然で、個人差はあっても欲求不満が高まるのは至極当然なことである。
この欲求不満の原因を除去できれば最も良いのだが、それが出来ない時に人は外向け或いは内向けの思考・行動をとるのだ。この思考・行動の極端な例には触れないが、家庭内暴力が増えているとの報道も耳にしたのでコロナ感染症拡大の影響が様々な面で出ていることに改めて恐ろしさを感じているところだ。

※ 下は私の朝食。バター・トースト、クリームドスープ、
  きのこ&ソーセージの炒め物、ヨーグルト、イチゴ。
s-2020-04-18_071002
パン食は一日おきで、
パンと粥を交互に。




そんな中、私の筋肉、腱、靭帯が回復していることを実感出来るようになり嬉しく思っているところだ。
2020-04-20_135951先日も書いたが、回復現況は相当甘く下駄を履かせても健常時の6割程度であることに違いは無い。しかし地下の書斎への階段を下りるのに、階段面にお尻を置いて座った状態で一段一段降りていたのが、手すりと杖で体を支えながら、ゆっくりではあるが立位で一段また一段と登り下り出来るようになってきたのだ。

これは喜びの報告。


masatukamoto at 10:30|PermalinkComments(0)

April 28, 2020

ごくろうさま

収束見えぬコロナ禍。
s-2020-04-18_071410全ての人たちが外出行動の自粛に努め、精神的にも肉体的にも厳しい我慢の日々を自ら強いていることに心より労いとお見舞いの言葉をおくりたい。
そして医師・看護師をはじめ、保健所や検査機関、医療・医薬製造に係る業務従事者などコロナ感染拡大に対し最前線で向き合っている全ての人たちには労いと感謝の気持ちを表しておきたい。


masatukamoto at 15:00|PermalinkComments(0)

April 25, 2020

感 謝 《2》

お祝いにと家内が活けてくれた花はユリであった。《前のページに掲載》
白く大きいのはカサブランカなのかシベリアなのか判別つかないが立派な花だ。
s-2020-04-25_102656白いユリに比べると小ぶりになるがピンク色の花もユリだ。
白色の大きいユリは見ごたえがあって良いのだが、おしべの花粉が落ちたり何かにくっ付いたりと、これが難儀なのだ。そのため早めに写真のようにおしべを摘み取ってしまうのだが、純白に茶色のおしべは色彩的対比として素晴らしく私には思えるのだが仕方がない。s-2020-04-25_065723
右側のピンクの花の写真は白いユリとは別に活けてもらったものだが、白いユリの写真に写っているピンクの花と同じものなので大きさの対比は出来るかと思う。更に白いユリの花の上にスケールを置いたので実際の大きさも想像できると思う。
緑短
お花屋さんもお祝いだと鉢植えの立派な紫陽花をくれた。
s-2020-04-18_085448
青色の大輪花だ。
声掛けは勿論だがメールの絵や文字も、そしていろんな贈り物を通して頂く気持ちもまた嬉しく有難いことだ。
紫短
我が記念日の朝、宅急便で段ボール箱が届いた。
箱の中にはK子さんと『靱本町 がく』のI氏、お二人からの誕生日祝賀メッセージと数々の料理のパック詰めにお酒までも入っていた。
s-2020-04-25_130856左の写真はそれらの一部。それぞれ家内と私の二人分ずつ、温めて、或いは焼いてなどと料理の名前と調理法が書かれた紙が入っており、家内がそこに書かれた通り作業するだけで『靱本町 がく』の
I氏の料理を頂くことが出来たのだ。
鰯生姜煮、白グヂ西京漬、マナガツオ西京漬、黒牛しぐれ煮、筍煮物、若芽煮物、花山椒佃煮のほか、写真には残していないが鴨や金目鯛の料理もあり、数日にわたって家内と有難く味わわせて頂いた。
『靱本町 がく』もコロナ禍で止む無く営業自粛をしていることと、私が未だ自由に外出できる状況にないことを考え合わせ、K子さんが気配りしてくれた結果、私のもとに宅急便が届くことになったのだろう。
青短
この日の昼過ぎ、Y君がお祝いだとお酒を持って我が家を訪ねてくれた。
お酒は純米吟醸生原酒『あらばしり』、特別純米酒生原酒『あらばしり』の2本。『あらばしり』とは、『もろみ』を最初に搾る時に出るものと理解している。s-2020-04-18_083920
実際の酒造状況を見たことは無いが、酒米(玄米)を精米(磨き上げ)し、それを蒸し、蒸した米と麹・酵母菌・水を合わせて『もろみ』を造る。この段階で糖化とアルコール発酵が進み『もろみ』が熟成されるのだ。この『もろみ』を最初に搾る時に出るのが『あらばしり』と呼ばれる酒で多少の濁り(もろみの白い沈殿物)があるし、僅かに発酵しているのでs-2020-04-18_072556小っちゃな泡粒(微炭酸)を見ることもあり少し酸味を感じたりもする。このように生きている状態の酒なので当然に冷蔵状態に置く必要がある。
赤短
つまりY君は酒造会社まで行って搾りたての生酒を仕入れて持って来てくれたということだ。
僅かな昼休みの時間を酒造会社まで往復する移動時間と買い物の時間に費やしてくれたのだ。ただ2本のお酒ではなく、頂いたお酒のバックにはハッキリとした映像が見える。
花屋のNさん、Y君、K子さん、それに『がく』のI氏に重ねてお礼の気持ちを表しておきたい。



masatukamoto at 16:30|PermalinkComments(0)

April 24, 2020

感 謝 《1》

頂いたものか借りているものか、人によって思いはいろいろだ。しかし命が大切なものであるとの思いは世界中の人々に共通することだ。《デ・なければならないというのが私の信条》
ピンク短
その命、母親より半世紀以上も、父親が旅立った齢が見えるまでに・・・
s-2020-04-08_104747
それはともかく今年も誕生日を迎えさせてもらったことを嬉しく思い感謝している。
歩行機能の不都合は今も変わらないが不足不満には思わず、なるようになるとクヨクヨせずにリハビリに励んでいる。
空色短
最初に受けた手術前の歩行機能を10とすれば、相当甘く下駄を履かせての判定だが現在の歩行機能は6s-2020-04-18_072007程度だろうか。1回目の手術を受けて以来ほぼ
3000日が過ぎた。これを基に手術前の歩行機能に戻るのには単純に計算して 5 年も先のことになる。『白骨の御文章』(蓮如上人)の如く諸行無常の世界を鑑みれば元の歩行機能状態に戻るとも戻らぬとも言えず、戻る日を迎えることが出来る保証も無いのだ。このように思うと悲観的になるが、この理を得心するが故に私自身はクヨクヨs-2020-04-18_090845せず一日一日を大切に機能回復に努めているところだ。
紫短
幸い家内や友人たちからも直接間接に支援頂いてきている。他人様に喜んでもらえるよう努めることを信条とする私が逆に喜ばせてもらっており、大変に有難いことと思っている。
今年も私の誕生日を祝ってメールや電話など頂き恐懼感激の思いでいっぱいだ。
緑短
※ 写真について
コロナ感染を心配して我が家へ来ない息子から玉子〔龍の目〕と苺〔あまおう〕の贈り物。
花は家内が祝いに活けてくれたもの。



masatukamoto at 09:35|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ