August 2020

August 31, 2020

総理大臣

安倍首相が総理大臣を辞した。
持病の悪化により総理の職責を果たすことが出来ないと判断したからだと。
国民の命を守り、国の進む道を方向付けるという日本国最高の重責を担って来られたことに敬意を表しておきたい。厄介な病気だと聞いているので治療に専念、健康回復に努められることを祈念する。
s-2020-08-30_165601
辞任の決断は止むを得ないとは思うが、ヤリタイ放題やって、国会での質問に対して『真摯に』『丁寧に』とは縁遠い答弁で国会と国民を軽視する態度が記憶に残っている。適材適所と言えば聞こえは良いが、実際は官僚人事を握ることで忖度させるよう仕向けたに過ぎなかった。森友、加計学園、桜を見るs-2020-08-17_210106会など政治の私物化が疑われることが多過ぎた。その挙句が公文書の改ざんということまで生み出したのだ。
安倍首相が任命した多くの大臣が辞任し、「総理大臣たる私の『責任』」だと、この言葉を何度も聞いたが、何もかも『口先シンゾー』で何の説明も解決も無いままホッタラカシの辞任となった。
ももいろ短い
そしてこのところ後任の総理大臣を誰にするのか、自民党が騒がしい。
28日、安倍首相の辞任表明を聞いた私の頭に浮かんだのは『はないちもんめ』のメロディと歌詞だった。
♪ タンス長持ち どの子が欲しい 
   あの子が欲しい あの子じゃワカラン
青色短い
s-2020-08-31_151411続いて浮かんだのが
『棚からぼた餅』ならぬ
『棚から総理大臣席』
まったくオカシイことだが、
拾った者が総理大臣になるのだと。
紺色短い
勿論ただ拾うのではない。多忙で体力・精神力とも人並みでは務まらない総理大臣になりたいのだと当人が意志表示せねば拾うことは出来ない。しかもそれだけで総理大臣の席に座ることは出来ないのだ。s-2020-08-31_152353
現状は昔と何も変わらぬ派閥の親分格の者が仕切り、国民とは無関係な闇の中で日本国政府のトップが決定されるのだ。
何とも情けないことで、私の頭に浮かんだ三番目の言葉は『たらい回し』であった。
空色短い


masatukamoto at 22:10|PermalinkComments(0)

August 30, 2020

大学名変更

別に『いっちょ噛み』ではないのだが、大学名に関する訴訟と判決にはスンナリとは納得し難いものがある。
京都市立芸術大学であれ京都芸術大学であれ、どちらを名乗られようとご自由に。
s-2020-08-13_105937ただ出来ることなら京都造形芸術大学が京都芸術大学と名称変更しようとする前段で、既に類似の名称で明治期以来130年もの長きにわたって教育・研究活動を行ってきた京都市立芸術大学に対し、礼を尽くして交渉・説明等を行い互いに了解しておくべきであったと私は思う。
2020-08-07_143828
その大学名称変更を審査するのは文部科学省だが、この文科省、申請があれば何でもスンナリ承認するのではなく、難癖つけて権威ぶるのが仕事のような役所である。クッサイ臭い加計学園獣医学部新設のように安倍首相s-2020-08-13_110311がらみの案件ならスーイスイと認可出来るよう誘導サービスまでしたのではないかと疑惑を持たれたほど優れた能力を持つ役所なのだ。この優れた役人集団が何の注文もつけず、指導も行わずに、否、それ以前に大学名称変更について何の疑念も抱かなかったとしたら、またまた・・・
2020-08-07_143800
ところで大阪地裁の裁判官は『著名な商品表示は全国的かつ一般的に知られている必要があり』、京都市立芸術大や京都芸大、京芸といった名称、略称は著名でないとしたのだ。そしてそうした略称が混在していること自体、通用力が低いとした上で京都市立芸術大学の市立が特徴を示し、京都芸術大学と類似するとは言えないとした。
2020-08-07_143732
『全国的かつ一般的に知られている』とは一体どの程度知られていたら著名となるのか。判決文をつぶさに見ていないので分からないが、裁判官は京都市立芸術大学の『全国的かs-2020-08-24_170629つ一般的』レベルにおける認知度を調べたのだろうか。一体何を根拠に・・・
2020-08-07_143745
私の学生時代、広義での芸術という意味では京都工芸繊維大学や金沢美術工芸大学の他、音楽大学や美学・芸術学を学部・専攻に設けている大学はあった。しかし芸術という名前では東京に東京芸術大学、京都に京都市立芸術大学、それに新設の浪速芸術大学(後に大阪芸術大学に改名)の3大学しかなかった。
私は東京芸大とか京都芸大、或いは京都芸大のことを市立芸大と呼んでいたが、これは東京に対する京s-2020-08-13_105223都という意味合いで使っており、現に私の高校の美術科 F 先生は京都芸大の卒業と認識している。日本画家の上村松園、松篁、淳之の3代、音楽指揮者の佐渡裕、洋画家の堂本印象や草間彌生、長崎平和祈念像の作者・北村西望など私が知っている人物も京都市立芸術大学(含・前身の専門学校)で学んでいる。
2020-08-07_143716
判決は訴状をもとに法律との整合性を踏まえて出されるものだが、最終判断は裁判官のサジ加減ひとつで決まるのだ。
世に略称で呼ぶものは多い。京都市立芸術大や京都芸大、京芸といった名称、略称は著名でないと判断した裁判官の判決は正しかったのか、私はスンナリと同意出来ない。
s-2020-08-13_104731
※ コンニャクを炒めて醤油で味付けたもの。私の酒肴の一品。ネギと一味唐辛子が合う。
干物は J 君より頂いた物の一部。串本産の干物で美味かった。
白ナスは J さんよりの頂き物。写真を紹介することでお二人に感謝。



masatukamoto at 08:29|PermalinkComments(0)

August 29, 2020

いっちょかみ

『いっちょかみ』は『いっちょ噛み』とも『一丁噛み』とも書く言葉だ。
私がこの言葉を初めて耳にしたのは40年近く前、生まれも育ちも大阪の後輩研究員との会話の中でのことだった。前後の会話内容から言葉の意味は理解することは出来た。しかし初めて聞く言葉だったのs-2020-08-01_114814で当人に確かめたところ、何にでも口出ししてくる人のことを言うのだと知った。
みどり短い
『いっちょ』と言う言葉は、大阪では「いっちょ、やるか。」と、これから仕事や遊びを始めるぞって意気込みを表したり勢いをつける意味合いで使っている。つまり後に続く言葉の意味内容を《軽いものだ》とか《簡単なことだ》と印象付けるように使っているのだ。
s-2020-07-29_203402だから『いっちょ』には、《軽く》とか《簡単に》或いは《少し》とか《ちょっと》といった意味が込められた言葉なのだ。
むらさき短い
では『いっちょ噛み』の『噛み』だが、これは『噛む』(終止形)の連用形が名詞に変化したものと言え、(いっちょ+噛み)の複合語である。
意味合いは字の通りだが勿論実際に顎と歯でかぶりつくという『咬む』の意では無い。
彼が『一枚噛む』という表現がある。この『噛む』も口で噛むことではなく、彼がその事に部分的に関わっているとか少し絡んでいるという意味である。
ももいろ短いs-2020-08-13_110434
冒頭の『いっちょ噛み』も、深く議(討)論しようというのではなく、何にでも軽くチョコッと口出ししてくる人や、その行動をいうものだ。
軽くというのは軽薄で更に出しゃばりといった意味も込められており、好ましい意味合いでは使われない言葉だと私は感じている。勿論言葉だから使われる場面や声の大小強弱などによって、その度合いが変わることは言うまでも無い。
空色短い
テレビでは『いっちょ噛み』がピッタリだと思う出演者がおり、そ奴を見る度に『いっちょ噛み』の話を思い出すのだ。

※ 写真は頂き物の清水白桃、ハウスみかん。


masatukamoto at 14:00|PermalinkComments(0)

August 25, 2020

紅茶

昨年秋頃からだろうか、コーヒーよりも紅茶を飲むことが多くなった。
多くなったと書いたように比較してのことで、日本茶よりもコーヒー、コーヒーよりも紅茶ということだ。当然のこと日本茶もコーヒーも飲まないわけではない。s-2020-08-17_175141
2020-08-07_143828
紅茶については学生寮での生活が記憶に残る。
1袋のチキンラーメンを半分に折り分け、それを同室の者と互いに丼鉢に入れて電気ポットで沸騰させた湯を注ぐ。3分間待って蓋を開け、それを夜食としていた頃のことだ。
食堂には焙じ茶が用意されていたし、部屋で急須に湯を注げば日本茶も飲めたのだ。しかし食堂は別棟なので取りに行くのが面倒だったし、急須は茶葉を捨てて洗わなければならず邪魔くさいという思いが強かったのだ。
s-2020-08-25_201654
そんな頃、私の記憶では確か日東紅茶だったと思うが、カップに湯を注ぐだけで紅茶が飲めるティーバッグという大変便利なものが発売されたのだった。そんな私の思いを知ってか知らずか・・・母親はチキンラーメンと共にティーバッグを送ってくれていたのだ。
しかし同室の者と分けると無くなるのも早かった。それで湯には短めに浸け、ティーバッグの湯を切った後は軒先に吊るして乾かしておく。それをもう一度使用するという大変みみっちいことを私はやっていたのだ。
当時の私は香りなど気にもせず、ただただ色がついていれば良かったのだから。
2020-08-07_143817
(当時は母親の思いなど理解出来ていなかったが、全てお見通しだったのだと母親が亡くなってから気付くことの何と多かったことか)
s-2020-08-17_204555
今は味も香りも色合いも違いは分かる。ただ紅茶専門家でも拘りを持つほどの凝り性でもないので産地など細かなことは分からない。
2020-08-07_143701
一時マイブームという言葉をテレビでよく聞いた。
紅茶に関する私のマイブーム第一期はティーバッグの二度浸け時代。第二期は天王寺駅が民衆駅として建設され、その中に出来たカーネーション・グリルでミルクティを飲んでいた時代。随分の時を経て第s-2020-07-20_091916三期が今と言えるように思う。
これまで日東、リプトン、フォション、マリアージュ、トワイニング等々、缶入りのリーフティやティーバッグなど色んな紅茶を味わってきた。
このところはダージリンかセイロンのティーバッグを好んで飲んでいるが、あまり産地に拘ることなく価格の安さを1番に選んでいる。2番目にティーバッグの吸湿防止のためアルミ箔で包装しているものを選ぶようにしているかな。




masatukamoto at 20:30|PermalinkComments(0)

August 23, 2020

暑気払い【3】

暑気払いの1番は暑さを鎮めることと書いた。
暑さを鎮めると言っても気象現象である暑さを抑えることは不可能と言って良い。勿論現代の科学技術s-2020-07-31_090144を駆使すれば、時間と空間を限定した上で人工的に暑さを抑えることは出来る。卑近な例がエアコンで部屋の温度を下げることだ。これを地球レベルで行うことは不可能だと私は言っているのだ。
あかいろ短い
現代人は扇風機やエアコンという道具を持っている。しかし古代人は暑さに対してどう対処してきたのだろう。日陰で涼み、川に浸かったりと経験を積み重ね、それらを知識として暑さを凌いできたのだろう。同時に人類は理解し難いものなど人智を超える物事に対しては畏怖・畏敬の念を抱き、神として崇める行動を示してきた。そうした日本古来の自然の事物を崇拝する原始宗教に仏教思想が混じり、また中国の古代天文占星術などをもとに陰陽道が影響力を持つようになる過程で、人々は暮らしの中で忌み嫌うことを穢れとか厄と称して神仏の助力を求めるようになった。
2020-08-22_102651
暑気払いの2番は暑気あたりに対する手当と予防がある。
神社に『茅(かや)の輪』を設え、この輪を潜ることで厄を祓うという夏越の祓(なごしのはらえ)と2020-08-22_102117いう祭事がある。これは年末に執り行われる年越の祓と同じく災いに遭わず息災にといった願いを込めたもので暑気あたり予防の祭事と言えよう。
2020-08-07_143641
暑気あたりの症状と言えば、体がダルイとか食欲不振など所謂夏バテという状態を言うが、ひどい場合は医師に診断を求めて手当する必要がある。
そうした夏バテにならないよう精のつく食べ物を食べて体力をつけておくという方法が古来採られてき2020-08-22_102455た。鰻は夏の土用の代表的な食べ物だし、甘酒も『飲む点滴』と呼ばれるほど効能抜群の食品だ。
2020-08-07_143745
※ 一番上の写真は、私が近頃好んでいる甘味料。プレーンヨーグルトにかけて食べている蜂蜜。と言って私は熊のプーさんではない。s-2020-08-13_112032
2番目の写真はニューピオーネ。純生ブドウ糖のもとだ。
3番目は私が漬けた紅生姜。そのままでも食すが、焼酎の炭酸割りに入れている。脂肪燃焼促進、免疫力向上の効能を期待しているものだ。
4番目の甘酒は夏バテを気遣って Y 君が送ってくれたもの。家内の点滴にぴったりで感謝している。


masatukamoto at 20:30|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ