February 28, 2007

長崎街道

私の旅は一定箇所に滞在して、そこを基点に足を延ばせる範囲を楽しむという形態のものが多い。

最初っからコースが決まっているような、時間通りに決められた行動をするのはスカン。

生来の我が侭がそのようにさせるのかもしれないが、旅程表通りに動く旅行は、一人旅に関しては20歳で終わりにした。

時間が許せば、気にいった所で何泊も滞在する・・・もっとも、予約しているホテルが空泊まりになるので馬鹿らしい面も無いではないが、それ以上に素晴らしい感動を味わうことが出来るのも事実である。

私は何度も博多に滞在しているが、一度、九州の旧街道を訪ねてみたいと、かねがね思っていた。

交通機関が著しい発展を遂げた近代に入って我が国の道路整備も随分と進んだが、それ以前、つまり江戸時代には江戸・日本橋を起点とした道路、いわゆる五街道と呼ばれる東海道中山道甲州街道日光街道奥州街道が道中奉行の差配下にあって、比較的良く整備されていた。

日光や箱根などの他、杉並木や1里塚などは現在でも当時の様子を想像出来るようなものが残されている。

これら五街道から延びる道は勘定奉行差配のもとで整備され、人馬・物資の通行・運搬に供せられ、江戸を守るという観点のもとで五街道同様に重要視され、厳重な管理の下に置かれていた。

それらの道を脇往還(わきおうかん)とか脇街道と呼び、仙台道やその先の北海道・函館に延びる松前道、京都・大阪間の大坂街道(京街道)、九州の長崎街道なども重要な脇街道であった。

私は高校生の頃、京街道を何度か歩いたことがあるが、淀川沿いの道はトラックが頻繁に通る部分もあったが、淀川の堤に沿って歩く道は何とも長閑けしものであり、今も懐かしく思い出す。

大坂城・京橋から寝屋川を通って淀(淀城)へ。

淀からは歴史に名高い『鳥羽街道』と『伏見街道』(竹田街道)に分かれて京都・三条大橋が京街道である。

昨年末に私が歩いてみようと思い立ったのは『長崎街道』である。

江戸から東海道京街道山陽道(ひとまとめに)、そして九州・小倉から長崎までを『長崎街道』と呼んでいるのである。

小倉(筑前)・長崎(肥前)間が57里、およそ220km、この間に25の宿場があったらしい。

内、筑前6宿と言って、黒崎(小倉)、木屋瀬(こやのせ)、飯塚内野山家(やまえ)、原田が筑前(福岡県)の宿場町であった。

今回全てを巡り歩くには距離が長いし、時間も無いので北九州市八幡西区の黒崎宿木屋瀬宿、飯塚市の飯塚宿内野宿に限った。

山家宿原田宿も現在の筑紫野市になる。

どこの街道も概ね同じであるが、殆どの部分は拡張されて国道となっており、旧街道の面影は無い。

強いて探すならば、旧街道でも難所と呼ばれていた峠越えの道などに若干見られる程度である。

長崎街道』でも最大の難所と言われる飯塚市の内野宿と筑紫野市の山家宿の間にある冷水峠には旧道が残っているらしいが、タクシーの運転手に車は3キロものトンネルで潜り抜けることが出来るけど歩くのは大変だから止めておくことを勧められた。

さもありなんと、ここでは簡単に行く先を変更することとした。

若ければ行ってたろうと思いながら、今更のように歳を自覚した次第。




at 15:30│
記事検索
月別アーカイブ