March 25, 2007

ソウル滞在 7 板門店

先の宣誓書でも明確であるが、つまり何が起きても、例えゲストが死ぬような事件・事変が起きたところで、軍としても国家としても何ら保障は出来ないが、それで良いかどうかの意思表示をさせているのである。

私達は10人ばかりがそれぞれの希望で寄り集まった、この板門店見学の為だけに構成された集団であった。

いわゆる現地ツアーなのだが、私達は前日までにパスポートナンバーをツーリストに届け、ツーリストは旅券番号と氏名などの情報を韓国軍と国連軍に送っているのだと言う。

この『板門店』のJSAに直ぐに入れたのでは無い。

ツーリストの担当ガイドが、朝、ホテルまでピックアップのため順にマイクロバスで回ってくれるのである。

そして前日までに申し込んでいたゲストが全員乗車した段階で目的地に向かうのである。

私は、板門店の他、都羅山統一展望台、京義線の都羅山駅、南進地下トンネルなど、38度線に沿ってある施設の見学も頼んでいたので、順路として板門店が最初ではなかった。

しかし、ソウルの街からバスで、ほぼ直線距離にして50キロばかり北西に位置する板門店に向かって走るのである。

多分、国道1号線だと思うが、ほぼ京義線(鉄道)と平行して北の方に延びる広い道路である。

しかし、私達のバス以外にも車が走っていたのだが、いつからか他の車の姿が見えなくなってしまっていた。

ところどころ数日前に降ったという雪が残る小高い丘や冬枯れの田畑を眺めながら凄いスピードでバスは走る。

きっと外の気温も低いのであろう、窓ガラスに水滴が付いて外の景色が見えなくなる。

そうこうするうちにバスが減速し、大きく右に左にハンドルが切られる。

前方の路面を見るとデコボコになっているのである。

国道1号線なのに・・・と思っていると、ガイドの女性が、『自動車が高速で走れないように、あえてデコボコにしてあって、敵の侵入を防ぐ方法の一つ』だと言う。

そのような道を更に走ると、道路全体にかかる高速道の料金ゲートのようなところに到達。

迷彩色の服装の兵士たちが自動小銃を構え、通行する車の検問を実施しているようだが、私達の車以外に近付いてくる車はいない。

反対車線の路上に6人、ゲートの事務所の中には人数は分からなかったが兵士が詰めていた。

他に走っていた車が見えなくなってしまったのは、ここから先には用がないからなのだ。

このゲートから先は軍の管理下に入るので写真撮影は一切ダメであるとガイドさんから申し渡された。

道路に沿って高くフェンスが張られ、所々に道路を跨ぐようにコンクリートの橋が架かっている。

橋と言うよりも道路を跨ぐ狭い門のようなものだが、門の上には土が盛られている。

これは戦車が向かってきた時に、ボタン一つで埋め込まれたダイナマイトを爆発せ、コンクリートの門を破壊させると共に土の山を作って戦車の侵入を防ぎ遅らせるものだそうな。

道路に沿ってカムフラージュされた見張り所があったり、フェンスの張られた外側は地雷原であるとか、まったく物騒なところをバスは低速で走り続けた。

長くなるので、これくらいで・・・続く。


at 15:19│
記事検索
月別アーカイブ