April 22, 2007

武勇伝 続き

お酒というのは人を大胆にする働きがあるらしい。

友人に言わせると、焼肉レストランは良いとして、その後のクラブ、それにママの家とやらによく行ったものだと驚きつつ、私がとった行動は余りにも無防備であり、危機管理以前のことだと手厳しいものであった。

飛行機で一緒だった女性と、そのママがつるんでいたかもしれないし、ボッタクリの暴力クラブだったかもしれない、それにママの家と言っても、連れ込まれたが最後、身ぐるみ脱いで置いて行けってことになったかもしれない。

全く知らない地域で、しかも深夜のこと、ようやったなあと呆れ顔の友人に、私自身もその通りだと納得。

しかし、そのママ、フラつきながらも我々二人を歓待してくれ、いいと言うのに何も無いがと数種類のキムチを皿に盛ってビールを出してくれた。

韓国の一般家庭では、どの家でもキムチを何種類か漬け込んでいるそうな。

このママも今は少ないけれどと見せてくれたのがキッチンに続く納戸のような部屋。

そこに500リットル以上はあると思える大型冷蔵庫が置いてあり、それ全てがキムチ専用なのだとか。

そう言えば広いダイニング・キッチンにもデッカイ冷蔵庫が置いてあった。

韓国の一般家庭を訪問するのは初めてだったので、物珍しい思いでキョロキョロ見回していたら韓国風のラーメンを作って出してくれた。

韓国風ラーメンと言っても韓国の冷麺風の物ではなく、素麺のようなもので、ダシ汁も和風で胃に優しい感じのものであった。

この時既に田さんは酔いつぶれて寝ており、ママも寝るからと広いリビングルームに私のための布団を敷いてくれた。

2つのベッドルームにそれぞれママと田さんが寝て、私がリビング・ルームの布団で・・・ZZZZZ

その日、予定を持っていた私は田さんに見送られてタクシーに。

車の中まで射し込む陽の光が何とも目に沁みる朝であった。

ホテルからの朝帰りではなく、ホテルへの朝帰り。

武勇伝と言えるかどうか・・・


at 11:03│
記事検索
月別アーカイブ