October 12, 2007

ツマラン風潮 (どっちがゴキブリ?)

スポーツと名の付く種目で、とりわけボクシングを私は嫌う。

権力、権威を傘に着る輩、それに腕力を誇示して相手を徹底的に痛めつける奴は心底スカン。

一般に格闘技と呼ばれるスポーツが嫌いであるというわけではない。

私自身もラグビーをやり、柔道もチョイかじる程度にはやってきているので、運動・ゲームをする楽しさは分かっているつもりである。

ラグビーの場合、ゲームの最中には相当荒っぽく乱暴なプレイをする。しかし、ゲーム終了のホイッスルが吹かれ、レフリーが両手を上げれば“ノーサイド”。つまり、“どちら側”と言うものは無い、敵味方の関係では無くなるのである。

個人の格闘技ということでは柔道も剣道も空手も、投げあい、叩きあい、蹴りあう乱暴なスポーツでありボクシングと似ている。

ジャッジにおいても判定が採用されている点でも似ている。

柔道も剣道も空手も相手に技を決めることで勝ちとし、時に拙い攻防のために怪我を生じる場合もあるが、怪我を負わせる寸前までをスポーツとしてのゲームとしているのであり、相手が起き上がれない程のダメージを与えることを許すボクシングとは異なる。

そして、柔道、剣道、空手は“礼に始まり礼に終わる”と、これもラグビーの“ノーサイド”と同じことであると言えよう。

昨夜、プロボクシング、WBC世界フライ級タイトルマッチがあった。

この前段で協栄ジムの挑戦者・18歳の亀田大毅は、チャンピオンである33歳の内藤大助に対して“名前を呼び捨て”にし、自分が負けたら“切腹する”と、亀田の父親はチャンピオン・内藤に対し“ゴキブリ”と表現するなど、親子揃って礼節のの字も知らない失礼さ

全く、亀田大毅の兄もそうであるが、この親子の無礼さには呆れ返る。

しかし、試合前の闘争心をかき立てるために言ったのだと、百歩譲ることにしよう。

で、昨夜の試合はどうだったか

相手の攻撃を逃れるためにクリンチング状態になることは仕方がないことは認めよう。しかし、昨夜の亀田大毅の行為はそんな甘っちょろいもので無かったことは私のようなド素人でも分かるものであった

自ら組み付き、チャンピオンを抱えて投げつける

これがボクシングの、しかもチャンピオンベルトを賭けた試合かびっくり

しかも判定結果をレフリーが告げると挨拶も無くリングを去る。

対戦相手のチャンピオンを称えるでも無く、礼も言わず挨拶もせず、これでスポーツマンと言えるかはてな

これではヤクザもんの殴り合いと変わらないではないか

粋がって、負けたらスゴスゴ尻尾巻いて逃げて行く

全くツマラン人間の品性に欠けるもんを感じる

最近のスポーツ界の疎ましい傾向ではあるが、これほどまでとはなあ・・・

勝てば良い・・・なるほど、勝ち負けのあるスポーツなら止むを得ないか。

大相撲の横綱・朝青龍も似てる。人格、品格。

が、こうした風潮は第一義的には当人の未熟さから生じるものであるが、第二義的には親であったり、親方であったり、当人たちを直接・間接に指導する立場にある者の責任であり、力量不足の結果である。

また一方でマスメディアの商業主義がこうした風潮を助長していることも否定出来ない。

亀田兄弟の傍若無人の無礼な言動に対して、テレビなどではチヤホヤと持ち上げることばかりしてきた。

『みのもんた』という男がそうである。

長男の亀田興毅がWBAライトフライ級の前王者となった頃以来、亀田親子をヨイショヨイショと持ち上げてきた。

横綱・朝青龍に対しても同じであった。

チャンピオンになった亀田興毅だから話題性としては抜群でありテレビ局は視聴率を稼げる、だからチヤホヤ。

朝青龍の病気治療中のサッカー問題以後、横綱の品格がどうのこうの言っているが、彼のスポーツマンとしての品性は横綱昇格以前から話題となっていたことである。

『勝てばいいんだろ』という彼の言葉や態度の中に人格や品格を見出すことは難しい、『勝てば官軍負ければ賊軍』『勝って兜の緒を締めよ』『実るほど頭の下がる稲穂かな』・・・良い俚諺があるのだが、彼らが自ら学べる人間であれば良いのにと願いつつ、還暦を越えて知識人の部類に入っている『みのもんた』氏よ、伊達に齢を重ねているんじゃねえ、テレビという社会的影響力の大きいメディアで教えてやれよ。



at 13:27│
記事検索
月別アーカイブ