April 29, 2008

画家・『加藤眞琴』氏

眞琴・・・人物の名前としては比較的少ないものであるが、私の友人である女性にも同じ名前の者がいる。

前のページで書いた先輩・K氏というのが画家・『加藤眞琴』氏のことである。

彼は名古屋の出身であり、先輩と言っても私の学校を通じてのものではなく、年齢的に先輩という意味である。

70年の人生の殆どを絵を描くことで過ごしてきた彼は将に画家であり『画伯』と敬称を付けて呼んでも良いのだが、彼と私の間柄ではそうした尊称は先輩と言えど必要ないと私は思っているし、彼も又そうした堅苦しい社会的儀礼を好み、押し戴くような人物では無いのである。

と言って、社会常識に欠ける人物かと言えばそんなことは無い。

常識も知識も充分に持ち合わせているし、思想的にもしっかりした人物である。

彼と私の出会いは随分古いものであり、何十年になるのか直ぐには思い出せない大昔である。

以前に私のホームページで彼の絵画を紹介しているように抽象画を描いているのであるが、いつから抽象に傾倒したのか私は知らない。

私のホームページへは、当ページのリンク先の『XPK'S WEBSITE』をクリックすることで別枠が開けるが、最近は更新していないので面白くないものではある。

http://xpk.fc2web.com/index.html

下の写真の絵は最近開催された彼の個展で仕入れた小品の1枚である。
7d97c80d.jpg

                        『花・木・羊』

『抽象画は難しい』とは多くの人が思っていることである。

事実、その通りであると私も思う。

ピカソにしてもミロにしても何やらワカランさかいに興味も持たず知ろうとすることもしてこなかったのが私の学生時代であった。

そんな私であったから、彼との出会い以後、彼の絵画に関わって抽象画についての論争が長く続いた。

やがて、私が納得する(言い負かされたのではナイ)のだが、簡単に記せば以下の3つに絞り込めるように思う。

絵は描いた人間の思想であり言語であり、表現のひとつの方法
言語では表現しきれない事がある
絵は、それらの結果であって、観る人の受け止め方は自由であり、作者の意図する事とズレがあっても当然

科学の世界では記号や式(文字や言葉、数字など)を用いて矛盾無く正確に伝達・表現することが至上であるが、これとて絶対では無いのであり、基本の点において私自身が理解できたことが納得したわけである。

これだけでは納得したことを説明するにはマダマダ充分であるとは言えないが、要は作品をしっかり見つめ、
「オマエ、何が言いたいねん?」
と作品に問いかけていれば、何となく作者の言いたい、思っていることが想像できるのだが、それはそれでエエということなのである。

仮に作家の意図とは異なっていても、こうした齟齬は言語社会においても往々にして起こり得ることなのである。

下も先日の個展で仕入れたもの。
e9bdea2c.jpg
 
                        『ひとり散歩』

以来、彼の絵は私にいろいろと語り始めてくれることになった。

絵画も表現のひとつの方法であるなら、どんどん発表せねばと彼の尻を叩いて個展を開催させ、作品の運搬などいろいろと支援もしてきた。

運送業のニイチャンよろしく広島へも走った。

ある時、一緒に飲みに行った帰りのこと、家まで随分遠いので私が携帯電話でタクシーを呼ぶ操作をしていたら「自分と一緒にいる時は止めよ、私は携帯が嫌いだ。」と突然不機嫌になったことがあった。

その彼が、つい最近パソコンを購入してデジタル社会に入り込んできた。

アナログの世界で70年の生活をしてきた彼がである。

私は自分の研究資料をまとめる必要性から、30年前に目玉が飛び出すような価格でワープロを購入し、以来、ニューモデルが発売されるごとに買い替えを繰り返し、94年に初期のパソコンを始めた。

私の場合はキー操作や機能について若干の共通性があったためにパソコンへの乗り換えが比較的スムースにいったが、『70の手習い』となれば私も躊躇せざるを得なかったであろう。

70歳にして尚且つ好奇心旺盛な彼は、やはり素晴らしい人物と評価できるものと考えている。

やはり、『画家』よりも『画伯』と呼ぶべきか。

むむむむむっ。

舌がもつれるような・・・

下は『加藤眞琴』氏が開設したページである。

http://amiroro.blog.drecom.jp/archive/1

まだまだコレからのページであろう。

at 10:46│
記事検索
月別アーカイブ