May 28, 2008

九州・大分、福岡~韓国へ 【18】豊後高田・熊野磨崖仏・・・3

鬼が一夜で築いた石積みの坂道は段差が一定していないし、足場が安定しないので上りにくい道であった。

途中行き交った2組のアベックと子供連れの家族に、挨拶とともに「あとどれくらい上れば」と尋ねてみたのだが、どうもまだ随分あるらしい。

下って行く彼らの足元もおぼつかない。

石積みの道がやや方向を変えて未だ続く。

更に頑張って上るも石段は続いている。

が、左手の樹々が切れて空が見え始めたと思ったところ、岩肌に磨崖仏が現れてきた。
e74c89da.jpg

上は岩肌に向って左側の不動明王像であり、高さは約8メートル。

写真上の不動明王の右側に刻まれているものを拡大したものが下の写真。

パンフレットによれば、この磨崖仏の彫られた場所が熊野神社の境内であることから、この2体は家津御子(けつみこ)と速玉(はやたま)の2神であり、それらの右に夫須美神がほられていたのではないかと書かれているが、剥落が進行しておりはっきりとは分からない。
6014277a.jpg


下は、その右側に刻まれている大日如来像で、高さは6.8メートル。
d8864e0e.jpg

大日如来像の頭部の後ろには円形光背と種子(しゅじ)曼荼羅が隠刻されている。

このことから、この場所が修験道の霊場であったと考えられる。
e69dd391.jpg

下に不動明王と大日如来の角度を変えて撮った写真を掲げてみたが、不動明王のユーモラスな顔が印象的であった。

通常、不動明王は火焔の前で目を剥き口をギュッと結んで憤怒の形相で宝剣を持っているものだが、この不動明王の表情は何とも愛嬌のあるものである。

12086147.jpg

大日如来は半立像であり、宝冠もなく、印も結んでいないので薬師如来とする説もあるらしいが、パンフレットでは古い形の大日如来であろうとしている。

私は仏教を専門とはしないし僧侶でもないので分からないが、仏教の目指すところを一言で言えば人々を救済することであると理解している。

つまり、人々はあらゆる人間的な悩みや欲望といった煩悩によって日々苦しんでいるが、それらの苦しみや悲しみから救ってあげたいというのが阿弥陀仏の本願である。

密教においては、その仏の姿を3つの姿(輪身・りんじん)に分けて見ており、人々を救済する中心に位置づけられているのが自性輪身の如来であり、煩悩を断ち切ることによって救われるという道筋を明らかにするのが正法輪身の菩薩、そして、その煩悩を宝剣で断ち、火焔で焼き尽くす働きをしてくれるのが教令輪身の明王であるとしている。(と思う。)
85d012c3.jpg

従って、不動明王が彫られているのだから下の磨崖仏は薬師如来ではなく大日如来であろうと単純に考えてしまうのである。

そればかりか、ひょっとすると大日如来の右側の岩壁には菩薩像も刻まれているのではないだろうか、埋もれてしまっているとか、或いは既に崩落してしまったのかもしれないなどと、ド素人の勝手な想像はどんどん広がるのである。

動かなくなる寸前の足であったが、大日如来と不動明王の磨崖仏を眺め見て少しばかり楽になったところで、先ほどの鬼が築いた石段を上ることにした。

ここから権現さまの神社までは近い。

木立にかこまれた、さして広くもない平地に木造の社殿が1棟建っているだけであるが、お参りを済ませて元来た石段を下っていった。

金属製の手すりが設けられてはいるものの、石段を下るのは骨が折れた。

途中、2組の人たちが上ってくるのに出会ったが、土産物店のオバサンは店じまいをしているところであった。

冷たいビールでも飲みたいところであったが、車を運転しなければならないのでオバサンが勧めてくれたカボスの飲み物を。

いかに美味しかったかは書くまでも無い。

『杖』を借りたお礼を丁重に申し上げ、一路別府のホテル花菱を目指したが、アクセルを踏む膝がケラケラ笑うのには困ってしまった。


at 10:01│
記事検索
月別アーカイブ