March 31, 2009

久し振りの『博多・紀行』 続き【10】 福岡市史刊行への期待

私が博多を訪れる目的については既に書いてきたが、目的とは言えないまでも知りたい見たいという願望を幾つか持っている。

人間が知りたいとか見たいといった欲求を抱くには、その前段で不思議だと思ったり、どうして、何故といったモチベーションが必要である。

旅行するという行為そのものが目的となる場合もあろうが、一般的には旅行するという行為はオブジェクトではなく、それを得る、或いは欲求を満足させるための手段であることが通常であるように私は考える。

つまり、どこそこの素晴らしい景色を見たいという欲求、勿論こうした欲求が起こるには様々な動機や誘因といったものが先行条件としてあるのだが、そうした欲求を満足させるための方法であり手段というのが旅行であるというわけだ。

私について言えば、博多を訪れたのは20回や30回ではきかない。

その度毎に新しい発見をし、新しい知識を得、それらが過去に学習した様々な知識と結び合い絡み合って記憶され、それらが新たな疑問を生じさせて見てみよう調べてみようというように発展的に新たな意欲につながっていくものである。

私の場合そうした意欲に基づいて、博多の町で、或いは博多を基点にして他の町へと行動してきた。

ここで他の町へ行くということは、そこに目的が発生したわけであり、その目的の解を得る手段として博多からの旅行という手段をとったということになるのである。

例えば、江戸時代の鎖国下にあった日本では長崎の出島が外国との交渉における唯一の窓口であったが、現代のように交通機関が発達していなかった当時、江戸を中心に五街道が整備されていたことは小学生でも知っている。

だから、江戸・京の間を東海道が整備されていたが、では、京から長崎・出島まではどうなっていたのかという疑問については残念ながら中学、高校でも詳しくは指導しない。

地方史や郷土史といった部分で、当該地域の学校では取り上げているところも多いと聞いてはいるが・・・

つまり五街道に連結、連絡する道路があり、京・大坂間には京街道があり、大坂から下関へは海路と陸路、その陸路は山陽道であり、現在の福岡県・小倉から長崎県の出島へは長崎街道があった。

長崎街道は脇往還(脇街道)と呼ばれる重要な道で、小倉から黒崎、飯塚など筑前六宿を結び、佐賀から出島に至るのだが、いったいどのような道なのか疑問に思ったので往時の風情を残す場所を探して歩いたことがある。

その他にも沢山あるのだが、博多の町中を例に取れば、いつも訪れる中洲はいつ頃から現在のような中島として形成されたのか、地理的にも地学的にも興味が湧き、那珂川や他の博多へ流れ込んでいる川や地層に興味を抱いて文献を調べてた時に『福岡県西方沖地震』が起きた。

4年ほど前やったかなあ、確か3月やった。

玄海島の人たちが避難して来て、気の毒に長浜のプレハブに長いこと住んではった。

しかし、この地震によって以前より存在が推定されていた断層が警固断層と命名され、天神凹地の数本にわたる地溝や更なる断層の存在がほぼ確定されてきている。

それに博多は大陸との交流の歴史も古い。

邪馬台国論争に参加しようとは思わないが、それよりも遥かに古い中国の後漢時代に奴国より後漢へ使者を派遣したことについて『漢倭奴國王』の金印が授けられたことが後漢書に出ているし、その金印が志賀島で発見されてもいる。

現在の地名にも『那の津』があるが、これは日本書紀にも記述されている。

こうしたことを結び付けながら考えていくと、古い歴史を持つ博多の歴史はなかなか面白く、博多を訪れる目的とまで言わないにしても博多を訪れたついでに見てみよう訪ねてみようという欲求が湧いてくる。

今年は福岡市史が刊行されるらしい。

どのような配本計画なのかは知らないが多大なる興味と関心を持って待っているのだ。

きっと、更なる欲求を生み出させてくれるであろうと・・・。


at 08:37│
記事検索
月別アーカイブ