October 18, 2009

徳島・眉山へ登る

ホテルのチェックアウト時刻が11時。 葬儀の開始時刻が午後1時。 ホテルより小松島の式場まで20分程度あれば到着する。

昼食をとるには早過ぎるし、空き時間が長過ぎるので眉山に登ってみることにした。

眉山の山容は前ページでホテルの前から撮影した写真を掲載している。

地理的に言うと、徳島平野は全長194kmに及ぶ四国三郎と呼ばれる吉野川が紀伊水道に注ぎ込む河口に向かって出来た沖積平野なのだが、その吉野川の河口に近いあたりに位置して吉野川の流れを方向付けているのが眉山である。

眉山は標高280m程度の丘陵がほぼ東西に連なっているのだが、北側に吉野川と徳島平野、それに眉山の東側にも吉野川の沖積地は広がり、更に眉山の南側を流れる園瀬川や勝浦川の沖積地が広がっているため、眉山の北側、東側、南側を囲むように徳島市街が広がっている。
715118e5.jpg

写真は眉山の展望台から東向きに撮影したもので、左手の川が吉野川(四国三郎)。 中央の川が新町川で徳島市街が広がっている。

左のこんもりした丘が城山の徳島城跡。

左手には淡路島、右手遠方には紀伊半島も見晴らせる状況から、眉山にはテレビ塔が設置されていたり三角測量の基準点である1等三角点が据えられている。

下は、その1等三角点である花崗岩の標石。
51f39bfc.jpg

国土地理院の表示板には下のように記してあった。

   一等三角点「眉山」
   北緯   34゜ 4′ 1″
   東経  134゜ 32′16″
   標高  277m


下の写真は仏舎利塔で、第2次世界大戦での戦没者慰霊のために建てられたもの。

d8baad66.jpg

眉山にはロープウェイでも登ることが出来るのだが、私達は自動車で頂上下の駐車場まで上がった。

この駐車場から展望台までの一帯が公園化されているのだが、刈り込まれた潅木群のあちこちに『マムシに注意』の看板が立てられているのには弱ってしまった。

青大将、シマヘビの類いでも嫌いなのにマムシやハブなど論外。

危害を加える輩は徹底して捕獲、抹殺・駆除してもらいたいものだ。共生できるものなら良いのだが・・・

下は望遠で撮影したもの。
035c03d7.jpg

下部に城山(徳島城跡)、その上部に吉野川。 左の橋が吉野川大橋で右側に建設中の橋が四国横断自動車道のもの。

左の島影が淡路島で右側が沼島。 その間で遠く霞んで見えるのが和歌山県加太の田倉崎あたりだろうか。

下は吉野川と徳島平野。
5d5486c0.jpg

鳴門市、鳴門海峡方向の写真であり、写真中央に白い大鳴門橋が見える。遠方の山並みは淡路島である。

下は新町川。
141bbbc2.jpg

中央辺りの茶色の大きい建物が徳島県庁舎で同色の直ぐ右側の建物が徳島県警本部庁舎である。

私たちが泊まった徳島グランヴィリオホテルは県庁舎の直ぐ後ろにある白色の建物である。



at 16:15│
記事検索
月別アーカイブ