November 26, 2009

グッドタイミングの新聞記事(朝日新聞、11/22)

先に、2009年11月18日(水)付けで『記念切手シート【龍谷大学創立370周年記念】』について書いた。

この切手シートの中に『混一疆理歴代国都之図』という地図を印刷した切手が入っていることを紹介したが、この地図について朝日新聞の11月22日付けの朝刊第一面に関連記事が出ていた。
777f87b4.jpg

朝日新聞大阪本社版なので全国版紙面に割り付けたものであろうから近畿地方以外では別の記事が組まれていたものと思う。

が、あまりのタイミングの良さに携帯電話のカメラで撮影してしまった。

『混一疆理歴代国都之図』と切手は書かれていたが、混一とはひとまとめにするという意味であるし、疆理の疆(キョウ)は境という意味であるから境目或いは区分という意味になるかもしれない。

つまり、中国のこれまでの首都であった都市をこの1枚の地図に時代に関わりなく記した図面であるという意味なのであろう。
8e71b32f.jpg

1402年、李王朝の太宗2年に朝鮮で書かれたものだけに朝鮮と中国(明)の海岸線はよく描かれている。

新聞記事では日本やアフリカが小さく描かれていると書かれているが、左端の図がアフリカであるとは思わなかった。

ひょっとすればとの思いはあったもののインドかもとも思っていた。

図面には歴代の都市の名前が書かれていたらしいが、切手でも新聞記事でも都市名は読み取れなかった。

事実劣化しており、それをデジタルカメラなどで解析復元したと言う。

もうひとつ切手を見て気になっていたことであるが、地図上で九州を上にして本州・東北と南北に描かれている点である。

この新聞記事では、『この古地図は「魏志倭人伝」の行程通りに南へ進むと大和に至るとして「邪馬台国畿内説」の論拠の一つとされたこともある』と書かれているように、邪馬台国の時代とこの地図作成の時代には大きいズレがあるものの、古代人の地理感覚を推測する上で大いに気になる史料と言える。

朝日の記者とも大学の関係者とも話をしたわけではないが、タイミングという意味ではピッタリであった。

『打てば響く』とか『啄同時』といった言葉がある。

大自然における状況や理(ことわり)を比喩として用いられている言葉は存外多いものである。

前者は太鼓を叩けば胴内部の空気が振動して裏の皮に振動が伝わる物理面の例えであるし、後者は卵の中のヒナ鳥が殻をつつく音の『(そつ)』と、母鳥が殻の外側を噛み破る音の『啄(たく)』がタイミング良く同時に行われる生物界の状況を例えとする。

いずれもタイミングが合う場合に用いるが、後者の場合は、この機会を逃したら他には得難い絶好のタイミングという場合を指し、かなり限定的に用いるが、卵の殻の外と内では互いに見えない状況にあって絶好の機を母鳥とヒナ鳥が知る。

本能と言ってしまえばそれで終わりだが、何故?と更に問えば、やがて生物学の誰かが科学としての証明を行うであろう。

科学の発展が自然界における不思議や恐れを減少させ人間生活の向上に寄与してきたのだから、それはそれで大事なことだとは思う。

しかし、同時に自然界に対する人間のおごりや高ぶりが増長してきたような気もするのだが・・・

これ以上は表題とズレるので止めておこう。


at 10:12│
記事検索
月別アーカイブ