May 31, 2010

タイの遺跡を訪ねる (26) アユタヤ (1)

アユタヤはチャオプラヤー川の沖積平野の肥沃な土地を利用し、農耕文化が早くから開けたところである。
以前にウドン・ターニーのバーン・チアン博物館や遺跡を訪れた時のことを書いたが、青銅器の使用が4000年前頃に始まり、2500~2700年前頃に鉄器の使用が始まったことを書いた。
アユタヤの先史時代について調べてはいないが、バーン・チアンとの距離が500km程度であることを思えば農耕文化にしろ金属文化にしろ、それらの開始時期に大きい隔たりは無いであろう。

アユタヤについてはアユタヤ王朝として、スコータイ王朝と同様にタイ歴史の上でひとつの時代を形成するものとして重要な位置づけがなされている。

アユタヤ王朝は、1351年にラーマーティボーディー1世の治世が始まってから1767年に至る400年あまりの長きにわたりタイを支配してきたのである。
s-タイ遺跡旅行(2)153
ロッブリーからアユタヤまではバスで1時間程度。
アユタヤで見かけたセイロン式仏塔を中心にしたロータリー式の交差点。
国王の誕生日を祝う飾りつけがされていた。

現国王はチャクリー王朝9代目のプーミポンアドゥンラヤデート王でラーマ9世である。
1927年(昭和2年)生まれだから現在83歳。国民の人望を集めている王様であるが、同一の王朝が続いて現在に至っているのではない。

ここで若干の整理をしておこう。
タイが国家として成立した最初がスコータイ王朝であると以前に書いた。
それ以前にも人々が住み、多種の民族が小国家を幾つも形成していたらしいが、簡単に年表化すれば、
1238年~1448年 スコータイ王朝
1351年~1767年 アユタヤ王朝
1768年~1782年 トンブリー王朝
1782年~1932年 ラッタナコーシン王朝(チャクリー王朝)
1932年~        現在のタイ王国に続く

アユタヤは世界遺産としても有名だが、日本人にとっては山田長政と日本人町のアユタヤの方が馴染みが深いかもしれない。
これについては機会があれば書くことにして、今夜のホテルはアユタヤ駅に近くパサック川に面して建つクルンシー・リバー・ホテル。アユタヤでは高級なホテルであるが、価格的には日本の安物ビジネスホテル並み。
s-コピー ~ タイ遺跡旅行(2)154
アユタヤは幾筋も南行してくる川の土砂が堆積した中洲のようなところに発達した町であり、北から流れてきたロッブリー川がオールドロッブリー川とパサック川分かれ、町の東側をパサック川、オールドロッブリー川が北辺から西側へ、それはチャオプラヤー川に合流し、町の南辺を回り込むように蛇行し、やがて幾筋かの川と合流してチャオプラヤー川の本流としてバンコクの方へ南行して行く。
アユタヤの史跡は広い範囲に点在しているが、アユタヤ歴史公園として指定されている地域は中洲状の中央から西一帯になる。
s-コピー ~ タイ遺跡旅行(2)155
ライトアップされたワット・プラ・ラーム。
ワット・プラ・ラームは歴史公園のほぼ中央に位置し、1369年にアユタヤ王朝2代・ラームスエン王が建てたと言われ、初代・ウートーン王(ラーマーティボーディー1世)の遺骨も納められていたらしい。
s-タイ遺跡旅行(3)028
撮影位置もカメラも違うが、同じ被写体でありながら随分変わるものである。
ラーマーティボーディー1世がアユタヤ王朝の礎を築いたわけだが、彼は治世上2つのことを基本として取り入れた。
その1つ目は、セイロンやビルマに伝わった南伝の上座部仏教(テーラヴァーダ・Theravada、以前は小乗仏教と呼ばれていた)を取り入れクメールのヒンドゥ教と区別したこと。
2つ目に、ヒンドゥ教のダルマシャースートラを編纂したこと。
ダルマとは法典の意で、シャースートラとはヴァルナ、つまりヒンドゥ教における四姓・カーストのような階層序列を定めるものである。
インドのカーストは階層差別の典型と言われているが、上位からバラモン(神に仕える聖職者)・クシャトリヤ(王族や武士など)・ヴァイシャ(一般の平民)・スードラ(賤業につく奴隷)の4つの階層に分けられ、この序列は変わらぬものとされている。
インドでは、更にアチュートというヴァルナに属さないアウト・カーストの人民が最下層に位置づけられ、人口比でも三角形の底辺を構成しており、人権問題として世界中の指弾を浴びている。
しかし、タイに於いてヒンドゥ教のダルマシャースートラを取り入れることによって絶対王政が確立されたことは確かであるが、インドのように厳格な階層差別社会がタイにおいても制度化されていたかどうかについて私は知らない。


masatukamoto at 06:50│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ