July 26, 2010

旬というもの

『旬』というのは物事を行う上で時節が良いとか、蔬菜、果物、魚などが沢山とれて最も味が良い時期のことを指すのが現代では一般的だが、漢字の構成から見れば、『勹』はホウと読み、体や手を丸く曲げて包むという意味の字であり、その中に『日』があることから昔は10日間をひとくくりとして旬と呼び、この漢字を用いていたということもある。

子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥と言えば『えと』のことだと大概の人は知っている。そして『えと』を『干支』と書くことも知っている。

同時に『干支』を『かんし』と読むことも。

ところが『干支(えと・かんし)』とは何かと問われると答えに窮する人が多いのも事実である。

以前にも少し触れているが、『干支』は『十干(じっかん)』と『十二支(じゅうにし)』を合成したものであり、『十二支』は上記の12種の動物であり、『十干』とは甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸、つまり(きのえ・きのと・ひのえ・ひのと・つちのえ・つちのと・かのえ・かのと・みずのえ・みずのと)のことである。

中国古代の考え方では万物の基本元素を『木』『火』『土』『金』『水』の五つを挙げているが、それぞれには陽と陰があり、陽は兄(え)で陰は弟(おと)として、甲は「木のえ」、乙は「木のと」、丙は「火のえ」、丁は「火のと」などと表し、易では『十二支』との組み合わせによる『丙午(ひのえ・うま)』がよく話題にされている。

ともあれ先に書いた10日間を『十干』で表していたのである。

つまり月の初めの10日間は上旬であるとか、終わりの10日間を下旬というように10日間をひとくくりとして旬と称していたのである。

『旬』という漢字には上述したように大きく二つの意味合いがあるが、私には物が美味しいという旬の方に興味がある。
s-コピー ~ s-博多・祇園山笠、追い山006
広島。 瀬戸内の6~7月の旬の物はタコ、チリメン、小イワシ、ハモなどなど。

魚は好きなのだが骨や鱗に敏感な私の舌は、どちらかと言うと、そうしたものが無い魚を好む。

骨の無い魚など無いのだが、調理法によって骨抜きに・・・

つまり、お刺身や、骨があっても感じない小魚が好きであるということ。

人間で骨抜き状態の類は好まないが、かと言って硬骨漢然としたのもイマイチかな? 自己の主義を曲げず、権力・金力に迎合しない連中は好みではあるが、これは反面協調性なく利己的な人物とは紙一重なので、ちょっと親しくお付き合いするには難しいかなあ・・・

旬とは関係の無いことだが、細かな目の網で掬い取られるチリメンは少し苦味が感じられる夏初めの珍味である。
s-博多・祇園山笠、追い山004
店では、おろしショウガに刺身醤油をつけて提供してくれるが、私は何も足さないで頂く。 勿論、骨など感じない。

広島・新天地『どんどん』で食べることができる。

通常、「音戸チリメン」として、湯通しして天日干しして売られているが『どんどん』では生で食べることができる。

2~3cm程度のもので傷みが早いために生産地と直結していることが生食の条件のひとつである。
s-コピー ~ 博多・祇園山笠、追い山007
薬研堀の『通』では小イワシのお刺身と小イワシでお寿司を握ってもらった。

イワシは脂が乗ってくる秋口からの方が美味しいと言われるが、夏初めの小イワシもあっさりしていて美味しい。
s-博多・祇園山笠、追い山011
10cm程度の小イワシだから頭と腹わたを指先で取るだけで良いのだが、『通』の大将は職人だけに丁寧な仕事をしてくれる。

昔はトロ箱で何十円、今の価格に換算しても百円か二百円程度のものであったが、イワシも今は高級魚になってきた。
s-博多・祇園山笠、追い山010
小さいイワシなので2匹分をさっと醤油にくぐらせ、写真のような握り寿司にして提供してくれた。

おろしショウガと刻みネギが載せてあるが小イワシに匂いなど無い。

イワシも新鮮だと臭いなどしない。

博多にしろ広島にしろ旬々で美味しいものを頂けて幸せである。

イチゴが過ぎ、サクランボが過ぎて、ぶどうの時期に入り、まだ暫くは大好物の巨砲を食べることのできる幸せを感じている。

大概のものは1年中いつでも食べることが出来るようになり、子どもたちの季節感が薄れていると言われる現代だが、やはり旬は旬。

美味しく楽しく味わえる幸せを感謝したいものだ。

そう言えば、今日は土用の丑の日。

今年の立秋は8月7日。 立秋の前18日を土用としているので、7月20日より8月6日までが夏の土用である。

7月20日が辛未(かのと・ひつじ)なので、『十干』と『十二支』を順次組み合わせていけば21日は壬申(みずのえ・さる)、22日は癸酉(みずのと・とり)となり、26日は丁丑(ひのと・うし)となる。

まあ暦のことはどうでもええとして、我が家も今夜は鰻(うなぎ)かな?


masatukamoto at 16:01│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ