April 29, 2011

大阪の街中散歩 (堺筋本町~淀屋橋) 

私の誕生旬間最初の行事になったのがタイ・レストランでの食事であった。

Faa Thai(ファー・タイ)。
pict-2006_1209FaaThai-2大阪市中央区堺筋淡路町交差西入るスグにあるレストランだから地下鉄・北浜駅からでも堺筋本町駅からも10分程度の距離である。

このレストランについては以前に何度か紹介しているので細かいことは省くことにする。

普段は某割烹で働く女性 I さんがタイ料理を食べたことがないと言うので、私の方が店を指定した。

タイ人の店主S氏は旅行中でいなかったが、開店以来フロアを仕切ってきた A ちゃんがいたので、タイ料理の特徴が分かる品をという条件で料理は任せることにし、私は昼間っからタイ・ビールを頂いた。

この店を訪れた人たちの中で、出された料理が辛くないと不足を言う人がいるが、日本にあるタイ料理店のほとんどは日本人向けの味付けにしていることを念頭に置いておくべきで、唐辛子の辛い味を好む人は注文する段階で尋ねれば良い。
15 タイ料理(1)私は唐辛子の辛い味が好きなので、「ペッ(ト)」〔辛いの意〕、「マーク」〔とてもの意〕と言い添えている。

I さんにとって初めてのタイ料理だったようだが、随分と喜んで頂けたようで良かった。

私にしても誕生旬間の良き幕開けにして頂いたことを喜んでいる。

話は飛ぶが、このタイ・レストランの所在地を堺筋淡路町と書いたが、大阪では南北の道を『筋(すじ)』、東西の道を『通(とおり)』で表している。

豊臣秀吉が上町台地北端にあった石山本願寺の跡地に大坂城築城の縄張りを行ったが、その西側の低地に町割りを行い、堺や京・伏見などから様々な商人たちを呼び集めて一大商業都市を構築した。

この
町割りは東西に長い短冊状の町屋群と南北筋を直角に交差させたものである。(地図を添付できれば分かりやすいのだが著作権の問題もあるので参照資料としてリンクできるようにしておく。)

図の上部で東西に流れるのが大川、図の中央部南北の流れが東横堀(現在は堀上を阪神高速道路環状線南向きが通っている)で、図の左側が西横堀だが現在は無い。
pict-大阪市中央部(1)歩行図
東横堀と大川が結ぶ場所の東に天神橋、天満橋、西に難波(なにわ)橋、栴檀(せんだん)木橋、淀屋橋と橋が架かり、現在の御堂筋は淀屋橋筋と呼ばれ、右隣に心斎橋筋、丼池(どぶいけ)筋、栴檀木橋筋、中橋筋、難波橋筋、堺筋の順で続く。

東西の通りについては、東横堀が少し曲がったあたりの赤色マークの左下の橋が本町橋であり、通りの名称が本町で西方向に1丁メ、2丁メと区分けされている。

本町の北側に安土町、備後町、瓦町、淡路町、平野町、道修町、伏見町、高麗橋、浮世小路、今橋、北浜と続いている。

貼り付けた地図は現代のもので、右手南北の緑色の部分が東横堀で、左手南北の黄色の部分が御堂筋である。

地図の下部、赤色点線の始点が堺筋本町であり、点線は私たちが歩いた道筋。 始点から堺筋を北上し、淡路町を西に入ったひと筋目、つまり昔の難波橋筋の角にFaa Thai(紫色の点)がある。

昭和20年3月13日のアメリカ軍B29爆撃機による大阪大空襲は翌14日にも、そして6月に4回、7月には堺と大阪に2回、終戦前日の8月14日にもと計9回もの焼夷弾と1トン爆弾の大量投下で大阪の街はほんの一部の建物を残してほぼ灰燼に帰した。

私たちが歩いた赤色点線で示したあたりも焼野原になった地域でだが、現在はオフィスビル街になっており、平野町を西へ行ったところにある『
湯木美術館』も近代ビルである。
pict-P1030228
湯木美術館は高麗橋『
吉兆』の創業者であり茶人でもある湯木貞一氏が収集した茶道具のほか石山切(伊勢集断簡)など多くの美術品を所蔵し、それらの展示を行っている。

平野町の北隣が薬の道修町(どしょうまち)で、日本における名だたる製薬会社が並んでいる。

写真は道修町にある『
少彦名(すくなひこな)神社』社務所ビルで、神社は写真右奥にあり、この社務所ビルの3階に『くすりの道修町資料館』がある。

田邊屋五兵衛が1678年に創業した薬種商の店は田辺製薬となり、現在は田辺三菱製薬。 1717年に伏見pict-P1030225屋市兵衛が創業した商店は小野薬品(現本社は久太郎町)に、1781年に近江屋長兵衛が創業の商店は武田薬品に、そのほか塩野義製薬、大日本製薬と住友製薬が合併した大日本住友製薬、藤沢製薬と山之内製薬が合併したアステラス製薬など道修町と製薬会社の関わりは古く深いものがある。

写真は
少彦名神社

ビルの谷間に埋もれるように社殿が建ち、祭神は少彦名命(すくなひこなのみこと)と神農氏である。

少彦名命は神皇産霊神(かみむすびのかみ)の子であり、大国主命が出雲の地にあって国造り(葦原中國・あしはらのなかつくに)をした時に協力した神で、少名毘古那神とも書き、医薬、温泉、酒造の神でもある。 大国主命自らが少名毘古那神を祀ったのが大和桜井の三輪神社のご神体・三輪山であると伝えられている。 三輪山に鎮まる神は大物主大神(おおものぬしのおおかみ)。 三輪神社を大神神社(おおみわじんじゃ)とも呼ぶが、神様の中でも偉大な神との意味であるそうな。
pict-P1030227神農さんの虎
神農氏は古代中国における伝説上の皇帝で『神農大帝』と呼ばれ崇められているという。 医薬・農業をつかさどる神らしいが、私が子供の頃は“
神農さん”と呼び、両親に連れられてお参りに来ていたが勿論のこと当時はビルなどは無かったし薬の神さんであることも知らなかった。

私が記憶しているのは“えべっさん”(戎神社)で頂く神社札や小宝の付いた福笹と違い、首を振る可愛い張子の虎が笹にぶら下がっており、それが何とも可愛くて家へ持って帰るのが楽しかったことである。

この張子の虎が作られたのには訳がある。
 
pict-P1030294張子の虎
1822年(文政5年)に大阪でコレラが大流行し、この病気にかかると三日と経たず人が直ぐに死んでしまうことから病名を『三日虎狼痢(コロリ)
』と言ったらしい。

それで虎の頭骨などを配合した『虎頭殺鬼雄黄圓
』という薬を調合し、神社の病除けの張子の虎とともに販売したら頗る良い効果を得たことから始まったのだと。

下の張子の虎は倉敷市の大原美術館で見たものだが、張子の虎と言っても一様ではなく、それぞれに体形が異なり、付け髭が有ったり無かったり、また表情も違っていてなかなかオモロイものである。

少彦名神社のある道修町から高麗橋『吉兆』の前を通って今橋の大阪市立愛珠幼稚園の前へ出ると、ここには『
銅座の跡』という石碑がある。

明治34年に建てられた木造日本建築の園舎も趣きがあるが、銅座というのは日本各地で算出する銅の製錬及び専売をつかさどる役所で、長崎から輸出していた。
pict-P1030229適塾北側から
この市立愛珠幼稚園の南向かいにある緒方ビルの入り口には緒方洪庵が天然痘予防のために開いた『
除痘館跡』の碑があるし、西へ行くとニッセイビルの壁面に江戸時代の大坂の豪商たちが設立した学問所懐徳堂跡』の碑が見られる。

懐徳堂は八代将軍・徳川吉宗が公認した官許学問所であり、門人に山片蟠桃や大塩平八郎らもいた。

市立愛珠幼稚園の北側には緒方洪庵が開いた蘭学塾『適塾』がある。(上と下の写真)
pict-P1030234適塾(1)
適塾が開かれたのは1838年のことである。

1863年に緒方洪庵は幕府の命を受けて江戸へ出て、将軍家の奥医師を務めるも翌1864年に亡くなった。

適塾は1868年、つまり明治元年に閉講となっている。

適塾開設の前年には大塩平八郎の乱が起き、塾開設の翌1839年には異国船打ち払い令を堅持しようとする幕府に対して渡辺崋山や高野長英ら蘭学者が批判を加えたという理由で入牢などの懲罰を与えるという言論弾圧の『蛮社の獄』事件が起きている。

各国船が来航し社会情勢が不安定方向に進行する中、適塾には幕末から明治初期にかけての日本を背負った有為の者たちが集った。
pict-P1030233緒方洪庵
戊辰戦争における新政府軍事司令官として、また明治の近代軍制の創始者として名高い大村益次郎は村田良庵の名前で入塾していたし、箱館戦争時の大鳥圭介や高松凌雲、安政の大獄での橋本左内、慶応義塾創設の福沢諭吉らも適塾で学んだ。

写真は
緒方洪庵の像であるが、洪庵についてはウィキペディアに詳しく紹介されているので説明は省く。

適塾からはそう遠くない場所に江戸時代の豪商『
淀屋の跡』などもあるのだが、この日の夕方は随分冷え込み雨も降りだしたので地下鉄で淀屋橋から梅田へ行き、そこで I さんとは別れることとした。

大阪に限らず歴史散歩とでも言うか、その土地の成り立ちや賑わいの歴史を求めて歩いて巡るのはなかなか楽しいものだが、果たして I さんは喜んでくれたものやら・・・

私のためにテクテク付き合せてしまったのではないかと、ちょっと申し訳なく思っている。


 




masatukamoto at 12:25│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ