August 27, 2011

キアゲハ羽化 続き

pict-P1030864キアゲハ・サナギ(1)キアゲハのサナギを段ボール紙に貼り付け、その写真を『キアゲハ その後』(August 22,2011)で左の写真のように紹介した。

サナギは順に蝶となり、写真の左側のタテ2つと一番下は羽化が終わったので屋外へ放してやった。そのため右側のタテ2つの羽化を待つだけになっていた。

右上のサナギについては終齢幼虫の脱ぎ捨てた皮がサナギの下にくっ付いていたので以前の記事を読んだ人には特定しやすいと思われるので、このサナギに視点をあてて、その後の様子を少し紹介してみたい。
pict-P1030857キアゲハ(1)、終齢蛹から蛹へ脱皮
既に紹介済みのことだが、終齢幼虫の青虫からサナギ化した時には写真のようにサナギは黄緑色をしていた。

pict-P1030865キアゲハ・サナギ(3)それが時間の経過とともに白っぽい灰色に変化していき、茶色の模様が浮き出るようになっていった。


pict-P1030918キアゲハのサナギA他の3匹のキアゲハが蝶になった25日の夕刻には写真のように縞模様が明瞭になった。

pict-P1030920キアゲハのサナギ 1-1

脱皮した皮がくっ付いているので変化の様子が分かりやすいかと思う。

サナギに触れると上部を大きくピクピク動かせていた。

pict-P1030922キアゲハのサナギ 1-2
白い段ボール紙上でサナギになった残りのも体の色合いがはっきりしてきた。




この調子だと26日中か、27日の明け方までには羽化すると予想し、時折壁面に貼り付けた段ボールの台紙を観察していたが、26日の23時過ぎになっても羽化は始まらなかった。
pict-P1030933キアゲハのサナギ抜け殻 2
27日(本日)午前4時に見た時には既に羽化し終わり、羽の乾燥も終えていたのか蝶の姿は見つからなかった。 家の中にいることだけは確かなので自然光が入るようになってから探すことにした。

pict-P1030934キアゲハのサナギ抜け殻 2午前6時に見たら最後のサナギも抜け殻になっていたが、こちらの方は蝶となってサナギのそばで羽を広げて乾かせているところであった。


午前8時過ぎに先に蝶になったのも見つけたので、家外へ放してやるために指先にとまらせて庭先へ出たが、先に羽化した蝶の羽の片方が何かに挟まれたのか可哀想に折れ曲がっていた。
pict-P1030932キアゲハ羽折り傷
写真では向かって左側の羽である。





pict-P1030929キアゲハ 1後から羽化したのは傷もなく完全な蝶(左の写真)であった。

いずれもプランターの花にとまらせてやったが、1時間ばかりして見に行ったら2匹とも姿が見えなくなっていた。

羽が折れた蝶も元気に飛べたのなら良いのだが・・・・・


一昨日、青虫の終齢幼虫になっていた2匹は、プランターの残りのイタリアンパセリを食い尽くした後に姿が見えなくなったので、どこかでサナギになっていることだろう。

イタリアンパセリの種まきをしたので、またパセリが葉を茂らせるだろうが、蝶は越冬するサナギもいるため10月末頃には再びキアゲハの幼虫に悩まされるかもしれない。 彼らに食べさせるために栽培しているのではないのだが・・・・・                   

キアゲハのレポートは以上で終了とする。



masatukamoto at 12:42│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ