August 26, 2012

愚息を偲ぶ会(10年祭) お礼

故人を偲ぶ集いは仏教だと七回忌、十三回忌などと行われるが、愚息自身はいずれの宗教にも帰依していなかったこともあり、10年目の命日を前に当人に近しい親族のみで愚息を偲ぶ会(10年祭)を執り行った。

親族だけだから我が家で行っても良かったのだが、高齢の叔父や叔母の体のことなどを考え合わせ、今回はpict-P1050823-10年祭大阪市内の某ホテルの部屋を借りて偲ぶ会を催した。

遺影に対して、いささか宗教的儀礼ではあるが献花・献杯という儀式を執り行い、その後出席頂いた者たちによって個人を偲びつつ互いに懇親のひと時を過ごしてもらった。

自分も含め周りの者たちが楽しく賑やかにしてくれることを好んでいた愚息ゆえ、きっと喜んでくれたことと思う。

残暑厳しい中、遠路はるばる参集して頂いた皆さんには心より厚くあつく御礼を申し上げる。

来週は愚息の大学時代の同輩や後輩たち、それに会社に勤めていた頃の同僚たちが集うてくれる偲ぶ会を某ホテルの広い部屋を借りて執り行うことになっている。

10年経てば独身であった者も新しく家庭を持ち、子どもも出来ている。 ひと口で10年と言うが変遷の度合いは大きい。 偲ぶ会を開催するも、人数的に最早我が家では収容しきれない。 愚息を偲び、私たちのことを思って寄り集うてくれる彼らには感謝、感謝である。

みんなが等しく楽しんでくれる場になればと願っている。 


masatukamoto at 18:58│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ