September 25, 2012

彼岸明け

秋の彼岸も今日で明ける。

毎月少なくとも月に1回は主治医の診察を受けているのだが、職を退いて以来、毎年この時期に人間ドックで精密検査を受けることにしており、昨日終了した。 

特にどこそこが痛いといった自覚症状は無いのだが病名だけは沢山頂いており、高い費用を支払ってのドック入りは病名の再確認をするためのセレモニーに過ぎない、などと思いつつも隠れて見えなかった病巣が見つかったpict-彼岸花ら「どうしようか・・・」などと内心ビクビクしながら検査室を巡ってきた。

高〇〇とか〇△病、或いは☓☓症と頂いた名前は片方の手指では足りない。 医師の手元のカードには治療中、要治療、再検査、要観察などの言葉が並んでいるが、完治の言葉はひとつも無い。 
まったく、ぶっははははは。

この時期、病名が増えはするが去年と同じ病名がズラリと並ぶ。 写真の彼岸花も鱗茎を増やして翌年秋の彼岸前後の同じ時期に真っ赤な花を咲かせるので私の人間ドックの結果とよく似てる。

子どもの頃には『 ♪ 赤い花なら曼珠沙華~ オランダ屋敷に雨が降~る ♪ 』と口ずさんでいたことを思い出す。 今でもメロディーと出だしの歌詞が口を突いて出てくるほど曼珠沙華の歌に親しんでいたようだが、この曼珠沙華(まんじゅしゃげ)と彼岸花が同じ花であることを知ったのは随分後のことであった。

ところで彼岸花も秋に咲く花に違いはないが、日本では千数百年もの昔より秋の花として野草を七種挙げている。
20120924萩の花泉さん宅-3
『萩(はぎ)』『薄(すすき)』『葛(くず)』『撫子(なでしこ)』『女郎花(おみなえし)』『藤袴(ふじばかま)』『桔梗(ききょう)』のことで秋の七草と呼んでいる。  

写真はご近所の家の塀を越えて枝垂れ咲く萩の花である。

我が町でも30年くらい前まではよく見かけた草々だが、今では自然に生育しているものは『薄(すすき)』と『葛(くず)』ぐらいのもので、『萩(はぎ)』『撫子(なでしこ)』『桔梗(ききょう)』は人の手によって栽培され、『女郎花(おみなえし)』や『藤袴(ふじばかま)』は見かけなくなってしまった。

今、空き地でよく見られるのはセイタカアワダチソウ、ブタクサ、ヒメムカシヨモギ、エノコログサ、イノコヅチなどかな? 空き地に見る秋の草々の顔も随分変わってしまった。

お彼岸は混むからと避けてきたお墓参りだが、彼岸が明けたのでボチボチお参りを。




masatukamoto at 21:39│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ