October 29, 2012

みちのく行 (1)

『みちのく行』から帰宅して1週間。 この間何をしていたのか、ひとつひとつの行動が思い出せない。 時間ばかりが過ぎてしまったなどということはないのだが・・・

今回の『みちのく』への旅は F 氏の蔵王・月山に関する紅葉ということばに触発されての行動であったことは確かだが、昨年3月11日以降出来るだけ早い機会に仙台を訪れたいと思い続けてきていたので、これらの思いが私たちの素早い行動につながったのだと思う。

旅行する場合、凡その行き先(方面)が決まれば飛行機か列車か、それとも自動車かと移動手段を考えるのだが、このところ家内との旅行は圧倒的に自動車が多い。 これは荷物が大きく重くても移動上の負担が無いことと、道路さえあれば気の向くまま時間に左右されることなく自由に動き回ることができる、つまり私たちのワガマpict-ドライブコースマ心を満足させてくれるというのが最も大きい理由である。

今回の『みちのく行』は一番の目的が2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震によって起きた大津波によって自宅や会社社屋だけでなく、自らも津波の濁流に呑み込まれ 7 キロメートルも上流に流されて九死に一生を得た安倍夫妻に会って互いに元気でいることを喜びあい、被災後自宅や会社再建に努力してこられたことに対し慰労したいということである。 そのため行く先(方面)は宮城県大崎市であり、蔵王や月山の紅葉を観るのは目的としては二番目、そしてそれらの地を結ぶルート上で訪れる地は付随する言わばオマケの訪問地となる。

注1これまで安倍夫妻のことは『東松島市の友人 A 氏』と表記してきたが、夫妻は新聞やテレビ・書籍などにおいて顔も氏名も公開(表)されている爲、当ブログページにおいても秘匿枠を外すことにした。

その今回の『みちのく行』であるが、地図に示した緑色の線がドライブ・ルートであり、赤い点が宿泊地である。
緑の線で分かるように名神高速道路の米原 JCTより北陸自動車道に入り『みちのく』へ向かったのだが、我が家を出発したのが夕刻に近かったので富山県の小矢部SAで遅い夕食をとった。

このサービスエリアは北陸鉄道が経営するレストランで、私は『富山味紀行』と名付けられた1100円の定食を、pict-小矢部川SA北鉄レストラン-1家内は1500円の『うな重』を注文した。 少食の家内としては珍しいものを注文したと思ったのだが、やはり4分の1は私の口に。 値段の割には肉厚の良いウナギで味つけも良く美味しい『うな重』であった。 私が注文したのは写真の『富山味紀行』。

盆に盛られているのは、鱒の押し寿し、ホタルイカの酢味噌和え、鱒と豆腐の揚げ物(あんかけ)、白エビのかき揚げ、うどんの5点。 うどんを除いて富山の名産と言える。 鱒の押し寿しをはじめ私の大好物ばかりで嬉しかったのだが、難点は私にとって味が濃すぎることであった。

食後しばらく休憩の後、柏崎の刈羽 PA まで走って仮眠を取った。

夜通し走ることも出来たのだが、やはり疲れるということが一番、二番目に友人を訪ねるのに何時でも良いというわけではない、それに三番目になるが先にも書いた通りルート上で訪れる土地はオマケの訪問地だからオマケも大いに楽しみたいという私たちのワガママ、これらの理由から敢えて刈羽 PA で仮眠したのである。

仮眠と書いたように時間的には2時間も無かったと思うが、疲れている時には例え1時間でも深い眠りに落ちるので覚醒後の疲労感は全く違ったものになるものなのだ。

午前4時少し前。 薄明どころか未だ真っ暗な中、刈羽 PA を出発して新潟中央 JCT から磐越自動車道に入った。 磐越自動車道は阿賀野川の流れに沿うように会津若松・猪苗代湖を経て福島県いわき市まで延びているが、阿賀野市(新潟県)から会津若松市(福島県)の間は山間部の渓谷に沿った道路なので殆ど全線が片道1車線となっている。 この道路を低速車が1台走行すると車列は延々と続き目的地到着時刻を予測できなくなることを以前に走って知っているので夜も明けきらぬうちに刈羽 PA を出発したのである。

ところが、山間部の渓谷沿いの道路というのは放射霧が発生しやすい。 しばらく上天気が続いていたからだろう。 放射冷却による霧の発生で超安全運転を余儀なくされた。 後ろから来る長距離トラックにせっつかれ、何度も道を譲ったが、それでも会津若松には午前6時過ぎに到着した。

《 以下つづく 》
  




masatukamoto at 12:17│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ