April 30, 2014

リハビリついでに (3)

April 18, 2014 付の 『 リハビリついでに (2) 』 で書きかけてそのままになっている近隣の史跡についてだが、史跡の写真を撮ってからと思っていたのだが、天候の具合やリハビリの内容との兼ね合わせもあって思うようにいかないのだ。
かと言ってあまり長い期間を空けてしまうと、繋がりと言う点で読む側だけでなく書いている私自身の興味も薄れてしまうのだ。 以前、続きを書くつもりでいたのに完全に飛ばしてしまったものに韓国・済州島のことがあっpict-バラ生花いろいろ-1た。 今も忘れているわけではないのだが、何事も 『 思い立ったが吉日 』 と思い 『 一気呵成 』 にやってしまうことが大事であるように思う。
勿論 『 急いては事を仕損じる 』 とか 『 急がば回れ 』 などと言う俚諺があることも知ってはいる。
また一方で 『 善は急げ 』 だとか 『 先んずれば人を制す 』 などと言う俚諺もある。

まあ物事は考えようとも言うが、前後左右上下と言うように相対する立場や考え方というものがあって成り立つもので絶対というものは無い。 
こうしたことは言ってみれば科学的思考のイロハみたいなもので更に言うなら 『 当たるも八卦当たらぬも八卦 』 と
・・・・・・・まあここまで言ってしまうと、
ぶっははははは。
pict-アザレア(赤紫八重)もう笑ってゴマカスほか無い。

しかし、いかに 『 吉日 』 だ 『 急ぐ 』 と言っても 『 コトを仕損じ 』 たり 『 慌てる乞食は貰いが少ない 』 の如きになってはツマランことであり、やはり 『 石橋を叩いて渡る 』 ことも大事かと・・・・・

確かに、慎重さは大切なことであり、闇雲に 『 一気呵成 』 というのは頂けない。
pict-アザレア(ピンク八重)石部金吉さんと揶揄されるほどの堅物で慎重居士とも評される人なら先ず間違いをしでかすこともないかと思う。
が、融通が利かないほど生真面目で慎重ゆえに石橋も叩いて叩いて何度も何度も叩いて調べているうちに渡れる橋も割ってしまって渡れなくしてしまうのではと、何とも妙な話の展開になってしまった。


まあ言葉の遊びはこの辺で終わっておくことにして近隣の史跡へ・・・・・


masatukamoto at 13:46│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ