June 30, 2014

6月の晦日

『 二四六九侍 』( にしむくさむらい = 西向く侍 )

父に教えてもらったことは確かなのだが、小学生の頃だったか就学前だったか・・・・・
新暦における30日の月と28日 ( 閏年の29日 ) の月を覚えるための言い方であった。
「 何で侍 ( サムライ ) なん ?」 と尋ねたところ、
父が 「 侍は大小2本の刀を腰に差してるやろ。それが11に見えるさかいにや。」 と教えてくれたのだ。
pict-江戸末期1860-6-16ニューヨーク使節団写真-2
語呂合わせとも言うが、このようなモノの覚え方が後に覚えにくい漢字を分解して覚えることや歴史年表、更に平方根や英単語などを覚えるのに役立ったんだなあと、私は今も思っている。

二本差し、つまり侍のことだが、『 武士と言う侍が、馬から落ちて落馬して 』 と言うように同じことを指す言葉を重ねて使うことは良くないのだと、重複表現がいけないってことも父親に教えてもらったなあ・・・・・
pict-日米通商条約・派遣使節1860-6-1
両親から教わったこと・・・・・
あまりにも多く大きく・・・・・むむむ

※ 二本差しの例にTV映画・必殺仕事人の中村主水を演ずる(故)藤田まこと氏と、幕末の万延元年(1860年)、日米通商条約批准のため米国に派遣された使節団と・村垣、新見、小栗三氏の写真を挙げた。

さて、今日は 6月30日。
pict-中村主水-1新暦 6月の晦日だが、今年の旧正月が新暦の 1月31日にあたっていたから、旧暦では 6月、つまり
今日は水無月の 4日となる。
水無月と言うのは誤解しやすいが、水の月を意味するもので、暦というものが元々農事に関わるものであることを思えば、梅雨時で田んぼに水を入れる時節を表しているのだと分かる。

しかし、このところの梅雨はちょっとオカシイようだ。
関西では空梅雨 ( からつゆ ) 模様だが、関東ではオッソロシイほどの量の雨がゲリラ的に所構わず突然に降るということが起きている。
この時期の総雨量としては多分今年は随分少ないと思っている関西ではあるが、こSR比較れとて何時コロリと変わってしまうかもしれない。

日の出の写真を 3 枚並べてみた。
拙ブログ 『 夏至 』(June 21) で掲載した今年 6月14日(午前 5時 1分)の日の出写真《上》と、
6月20日(午前 5時 0分)の日の出写真《中》、
それに今朝 6月30日(午前 5時 5分)《下》の撮影分を付け加えたのだ。

夏至は 6月21日だったが日の出を見ることが出来なかったので20日撮影分を掲載したことを書いておいた。
ところが、その後も日の出は見ることが出来ず、今朝久しpict-紫陽花-3-6-26振りに日の出を見たのだが、写真でも分かるように 3 枚とも雲の彼方に煙って見えているのである。

つまり 6月中旬から月末まで、日中お天気の良い日もあったけれど大半は曇り日であったと。 結論付けることは出来んが・・・・・

太陽が夏至点を通る最近接日の 6月20日に太陽は最も北の位置に昇り、今朝は少しだが南の方向に移動していることが写真からも分かることと思う。

退院してほぼ 1 年が経過した。
この間に訪問リハビリとして我が家へ来てくれていたのが
 I 理学療法士と M 理学療法士だった。
病院のアフターケアとも言うべき事業であったが、 I PTが
 3月末で徳島の実家を継ぐために退職・結婚・帰郷さpict-紫陽花-4-6-26れて以降 M PTが一人二役で頑張ってくれた。
この病院から派遣の訪問リハも本日が最後であった。
完全に回復することなど何年先のことになるやら不安はいっぱいだが、何とか我が家近くの平坦な舗装路を300メートルばかり、両手に杖を用いながらだけれど歩くことが出来るまでになってきた。pict-紫陽花-1-6-20
もっともイザという時のため、常に理学療法士が付いて歩いてくれることが条件ではあるが。

ともかくも M PTにはお世話になった。
心より厚くお礼を申し上げる。

今後の訪問リハが気がかりだったのだが、7月からは通所リハビリで世話になってる施設から派遣してもらうことが決まり、今はひとまず安堵しているところだ。
とにかく、1 日でも 1 時間でも早く安定した歩行が出来るように努力あるのみだ。
安定歩行が出来るようになれば完全な自立生活が見えてくるだろう。 これまでの回復スpict-紫陽花-2-6-26ピードは大変に遅いことは分かっている。 しかし、停滞はあっても後退はしていないように思っているので、回復出来ることを信じて頑張るつもりである。


梅雨空に紫陽花がとても綺麗である。
本日の歩行訓練での折り返し点でも見事な紫陽花が咲いていた。


masatukamoto at 16:35│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ