February 22, 2015

山あり谷あり

20日(金)、我が家へ来てくれた若い H PT が、「山あり谷ありですから・・・」と慰めてくれた。

前日の木曜日の朝、ベッドから足を下ろして姿勢を整え、歩きかけて二歩目だった。
s-2015-02-22_135111左足に体重を移動した瞬間、膝に強烈な痛みと膝が抜ける感覚を覚えたのだ。
この時、右足への重心移動と両手の杖で体を支えるという動作が全く同時に行い得たので転倒することもなく二次的事故を起こさずに済んだ。

しかし、かなり歩行機能の回復が進んでいたのに、痛みのため左足(膝)を伸ばして立つことが出来なくなってしまった。
移動せざるを得ない場合は右足と両手の杖の 3点で支えるという何とも情けない状態となり、19日は S PT がリハビリに来てくれたが歩行訓練は出来なかった。s-2015-02-22_134930

左膝に力を加えると痛む症状は翌20日には更に強いものとなり、膝は熱を持ち、わずかながら膝頭の辺りが脹れていた。
そのため私の気分も最低の低状態で、勿論 H PT との歩行訓練も無し。
症状を聞き様子を見た H PT は、若干だが膝に水が溜まっているようだと推察し、痛みなどが治まらなかったら病院で診察を受けるよう勧めてくれた。

受診だけでも面倒だし、治療となれば膝の水を抜くことに・・・・・
これは痛いのだと50年も昔に聞いた記憶がよみがえる。
s-2015-02-22_135814いよいよアカンと、気分はブルーどころか灰色から真っ黒に。

「 山あり谷ありですよ。」

若いのに褒め上手な H PT だ。

21日(土)は通所リハビリを欠席し、極力安静を保つよう努めた。
その効果が出たのか本日22日(日)は膝の熱が下がり、立っても痛みを感じなくなり、見かけ上の脹れも引いているようである。
左膝を保護しようという意識が強すぎるのか実際に動きにくいのかは分からないが、歩こうとするもスムースに左足が前に出ない。 s-2015-02-22_135643
しかし、谷底にいるのではないようだ。
リハビリによる回復のベクトルは上向きと以前に書いたことがある。
何事も上げ潮状態なら良いのだが、上りきれば後は落ちるのみ。
将に Ups & Downs である。
何事も『ぼちぼち』がええのかも。

今日は私のお留守番の日だ。
膝の湿布を貼り替えてサポーターを付け、昼食&おやつに湯沸しポットの用意などなど、動きにくい私でも留守番が出来るよう準備万端整えて家内は出かけて行った。

稲穂同様我がおつむも。
土手では土筆が伸びてきたと聞く。(写真は借り物)



masatukamoto at 14:25│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ