December 30, 2015

思い出せない

全く忘れていたものがあった。s-2015-12-23_111316
2013年の秋、退院して少し体調が落ち着いたので飲んでみようかとHenry Fessyの Beaujolais
 2013年を仕入れたようなのだが・・・。 
《このワインの産地はリヨン(フランス)北方の地で、ジュネーブ(スイス)の西方に位置している》
ところがワインを購入したこと自体をすっかり忘れ、未だに思い出せないでいる。
忘れていたのは当然で、当時私は極力飲酒を我慢していた時期であったことが第一のわけ。第二のs-2015122118140000わけは我が酒蔵が地下にあるため私が降りて行けず、どんな酒がどれだけあるのか分かっていなかったことによる。

先日、こんなのがあったよと家内が持って来てくれたのが写真のもの。
2013年のものなので私が退院して以後のものだから私が購入したのに間違いない筈なのだが買った記憶が無いのだ。s-2015-12-27_073405
赤ワインは好んで買うことは無いしフランス産は殆ど買ったことが無いので記憶を辿っても思い出せなかったのだ。

もう1本がオーストラリアのロンズデイル・リッジの白ワイン。
これも2013年のものだったので多分セット販売していたようなものを買ったのだろう。
ワインは主に家内が1本を何日もかけて飲んでいるが、栓を空けるのは私の仕事で開栓時に少しだけ私も飲むことにしていs-2015-12-27_073651る。
どちらも軽くサッパリした味わいであったけれど、私の好みではなかった。
料理用ワインとして買ったものだったのかもしれない。
ともかく買ったこと自体未だに思い出せないでいるのだ。

まあ思い出せないでいる程度のワインであると言えるかも。
 
僅か2年前に買ったことを思い出せないでいるが、決して認知症ではないので念の為書き添えておくことに。
ぶっはははは

ちなみに家内や私が好むワインの価格は高いものではない。
s-2016-01-01_073516がぶ飲みするわけでは無いから、1本の栓を抜いても数日は冷蔵庫内で寝ている。だから量的価格的に日本酒と比べ、我が家の場合は余り大きい差は無いと言える。《我が家では無く私の場合とすべきかも?》
好んで飲むのはドイツの白ワインで等級としてはQBAかKabinettまで。
つまり甘過ぎないもので若干の酸味が感じられる、それでいて刺々しい辛さの無い出来るだけ安価なものを選んでいる。


masatukamoto at 16:23│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ