January 03, 2016

今年のお重

今年も穏やかな日和の元日を迎えさせてもらった。
若い頃はアレやコレやと家内が頑張ってお節料理を作ったものだった。
s-2016-01-02_075635
お魚など生ものやお酒の肴になるものは私が作ったのだった。
しかし二人で祝う正月のためにお節料理を作るのも面倒で、このところは毎年外注することにしている。
綺麗に飾られたお重を大晦日に届けてもらうので、お重に盛られていないものや量的に追加したいものだけを別途用意することにしているのだ。
s-2016-01-02_075807
例年寿司屋の大将 I 氏にお願いしているのだが昨年は祇園の某料理屋のお重を頂いたのだった。
今年はまた I 氏にお願いした。
s-2016-01-02_075925
私が両親から伝え教えてもらった元日のお雑煮は白味噌雑煮である。
丸餅をいろんな具材と共に煮るのだが、雑煮に入れる具材を語呂合わせのように口ずさんでいた記憶があるのだが忘れてしまった。
確か『だいだい・まめに働き・・・』とか何とか。
忘れはしたけど、家内が作るお雑煮の具材もほぼ同じものが入っていると思う。
s-2016-01-02_080140
豆腐、大根、人参、里芋、青ねぎ、柚子、もちろん丸餅が入ることは言うまでも無い。
大和(奈良)が出身の父親は、お椀に入っている柔らかいお餅を砂糖を混ぜた黄な粉の入ったお皿に取り出し、安倍川餅のようにして食べていた。
大和の一部地域の伝統的な食べ方のようだが、この食べ方について私は今も父親には反抗している。



masatukamoto at 18:14│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ