February 29, 2016

入院あれこれ 《5》

入院患者が検査や治療のために一定時間を費やすのは当然だが、そうしたこと以外での時間が入院生活では結構長いのだ。
もっとも長いのは睡眠時間だが、昔とは違ってベッドを含めて寝具も結構良いものが提供されている。しかし睡s-2016-02-22_094552眠を楽しむというのは・・・
病院ではナイナイ。

入院を受け入れる施設側が提供するもので患者が最も楽しみとするもの、それは食事ではなかろうか。
好きな物を好きなだけ食べることの出来ない立場の入院患者にとって、三度の食事は食いしん坊の私でなくとも当然楽しみの筆頭に挙げられるものと思う。
3年前の入院時、正月料理の工夫に驚きと喜びs-2016-02-22_094943を感じたことを書いた。
今回は正月三が日を明けての入院だったので正月料理を頂くことは出来なかったが、成人の日(1月11日)の料理を頂くことができた。
朝食の例として2枚の写真を挙げたが、主食は食パンとバターロールが交互に、副菜とデザートは日替わりで提供される。フルーツはバs-2016022919340000ナナ、キウイ、オレンジが代わる代わるで。牛乳とバターは毎回提供される。(黒っぽいカップは自分で淹れたコーヒー。インスタントだがNESCAFEはレギュラーソリュブルだと言っている。私にとってはウマイことが大切で呼称は二の次なのだが。)

下が成人の日(1月11日)の夕食で、松花堂の容器のようなものに盛られた料理は見栄えも良くて何だか特別な日の食事だと感じるものだった。
s-2016-02-22_111435
1日3食、これが月間30日分日々献立が変わるのだが、変わるというのは料理に用いる原材料の仕入れも変わるわけで、季節感、栄養素、原価、手間と献立とトータルにアタマを使わねばならない。s-2016-02-22_114815
しかも調理については病院食として摂取カロリーはもとより調味料の加減など使用・不使用だけでなく使用する量についてもミリグラム単位まで考慮しなければならない。
ここまでの仕事をこなす管理栄養士。
私に言わせれば『スゴーイ』の一言だ。
s-2016-02-22_125406一度も会ったことはないが敬意と感謝の意を表しておきたい。

給食の写真は極一部だが、それぞれに工夫をこらしていることが感じられるものなので紹介しておこう。
入院患者は何にしても好きな時に好きな場所で好きな物を好きなだけ食べるこs-2016-02-22_130230とは出来ないし、通常は病院内での行動のみで、テレビなどのメディアから得る情報以外に外界との接触が無いのが普通である。
病院食はそうした入院患者の不足感を補充したり情報を補完したりといった、目立ちはしない縁の下の力持ちといった役割をも果たしているのだと私は考えているs-2016-02-22_131606のだ。

病院食は入院患者の栄養管理面だけでなく精神的安定面でも寄与していると、これは私の捉え方だが紹介してみた。
病院において安全で安定、そして安心という言葉は単に言葉上だけでなく実践上の『必須要項』である。
病院食がその一翼を担っていることは私の考えも入れて紹介したが、入院患者と直接的に密に関わるのが看護師であり、次回看護師たちについて少しだけ触れることにしよう。





masatukamoto at 21:26│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ