September 25, 2016

おみやげ

出かけた家内が『おみやげ』を持って帰ってくれるのを楽しみにしていると以前に書いた。
s-s-2016-08-12_072019一昨日の金曜日の会合のように、夕刻に出かけて夜遅く帰宅する時の『おみやげ』は無い。
しかし昨日のように昼間出かけていて夕刻に帰宅する場合は、その晩の惣菜をデパ地下で買ってきてくれることが多く、それが私の言う『おみやげ』なのだ。
おかずを作る手間を省いているというのではない。私がマグロのお造りを好むこととデパ地下のs-2016-09-12_084425マグロはモノが良くてハズレの確率が大変に低い上、お刺身の種類も豊富だからというのが大きい理由である。
生モノである刺身は好んで食べない家内だが、長年私の好みに付き合ってきた結果、今ではマグロのお造りに対する目利きは優の評価をあげられるほどになっている。s-s-s-2016-08-15_090225
私と結婚した頃のことは置いておくとして、今では煮物、焼き物、蒸し物でも、洋風であれ和風であれ良い味わいの料理として出してくれている。

話が反れそうなので元へ戻そう。
昨、土曜日は約束があるからと昼過ぎに私のおやつを用意して家内は出かけて行った。
s-2016-09-24_161159
電気湯沸しポットがテーブルに置いてあるので熱湯はいつでも用意出来ているし、コーヒーカップにネスカフェ(香味焙煎)は常に置いてあるから飲み物について不足はない。
おやつについては写真のように『ずんだ餅』を出してくれた。
量として多くはないが、『ずんだ餅』は枝豆をつぶして砂糖を加えたものだから甘くカロリーも高いからなのだろう。
s-2016-09-24_160755
『ずんだ餅』は味噌のシソ巻きやホヤと共に大学生の頃の思い出の食べ物だ。
ただただ嬉しい、有難う。
この日、晩御飯のおかずとして持ち帰ってくれた『おみやげ』はマグロと紋甲イカにカンパチのお造り盛り合わせであった。 マグロは蓄養だが天身で中トロに近い味わいで、なかなかのモノであった。
と、土曜日の夜の『おみやげ』に満足しきっていたのだが、何と何と日曜日の今朝更なる満足を与えてもらった。
s-2016-09-25_103353
上は今日の朝食だ。
ワカメのスープにリンゴ。 それに今朝は写真の通りご飯でも餡入り食パンでもない。ハムとチーズとレタスを挟んだサンドウィッチであった。
もとよりサンドウィッチは大好物だが、むむむむむ
私が博多や広島のホテルを宿にしたおり、夜食、朝食、時に昼食代わりにとコンビニで仕入れて部屋の冷蔵庫に入れていたもので、このことを何度も家内に話していたので覚えてくれていたのだろう。

s-2016-09-25_103706
私が好きなのは、ゆで卵をつぶしてマヨネーズとあえたものを挟んだサンドウィッチと、このレタスを挟んだのが特に好きなのだ。

s-2016092117140000とりわけこのレタスの食感のザクッ、パリッといったサンドウィッチを噛んだ時の感じがたまらなく好きなのだ。
この食感から遠ざかって既に4年。つまり4年ぶりに食べることが出来たということで、もう嬉しい嬉しい、何と言って良いのか、私が食べたいと思っているであろうことを忖度しての家内の行動、感謝感謝である。s-2016092117120000
ちなみに此のサンドウィッチはセブンイレブンの商品だが、サンドウィッチならローソンのものも好みでよく買って食べたものだ。

『おみやげ』のサプライズ、こんなことは毎日でも嬉しく大歓迎なのだが・・・・・


masatukamoto at 20:53│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ